ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

大分県 レクサスLCの中古車を探す

1〜5台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

773.8万円

車両本体価格 (税込)

759.8万円

諸費用 (税込)

14万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・3000km)

  • 年式2017年
  • 走行距離5.6万km
  • 車検2024年8月
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーブラック

ボディタイプクーペ・スポーツ

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

1129.8万円

車両本体価格 (税込)

1112万円

諸費用 (税込)

17.8万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・走行無制限)

  • 年式2020年
  • 走行距離0.8万km
  • 車検2025年12月
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーホワイトノーヴァガラスフレーク

ボディタイプオープン・カブリオレ

お気に入り

支払総額 (税込)

1810万円

車両本体価格 (税込)

1800万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式2022年
  • 走行距離0.3万km
  • 車検2025年10月
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションAT10速

カラーパール

ボディタイプオープン・カブリオレ

購入パックあり
id車両
グー鑑定車
内装5
外装5
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

1550万円

車両本体価格 (税込)

1530万円

諸費用 (税込)

20万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2021年
  • 走行距離773km
  • 車検車検整備付
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションAT10速

カラーホワイトノーヴァガラスフレーク

ボディタイプクーペ・スポーツ

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

1120万円

車両本体価格 (税込)

1100万円

諸費用 (税込)

20万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式2017年
  • 走行距離6.3万km
  • 車検2024年10月
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションAT10速

カラーパール

ボディタイプクーペ・スポーツ

購入パックあり

この条件でよく検索しますか?

グーネットからのお知らせ

レクサス LC

グーネットに掲載されている大分県の「レクサス LC」の掲載状況は?

グーネットでは大分県の「レクサス LC」の中古車を5台掲載しています。
レクサス LC 大分県のみの車両価格は759.8万円~1800万円で総合評価は3.5レビュー件数は5になります。(2024.07.18)

車種の特徴

「LC」は、2017年にレクサスより販売されたフラッグシップモデルのクーペです。2012年に開催されたデトロイトモーターショーにて、多くの好評価を得た「LF-LC」をモチーフに市販化されたモデルとなっています。感性価値を追求した「理屈抜きにかっこいいデザイン」と「気持ちのいい走り」をコンセプトに作られた「LC」は、レクサスのクルマ造りを変える挑戦の証ともいえる仕上がりが特徴です。エクステリアの基礎となるプラットフォームには、新開発の「GA-Lプラットフォーム」を採用。レイアウトにはエンジンなどを車両中心に配置するミッドシップレイアウトを採用することで、低いフードデザインと伸びやかなルーフラインの実現を可能としました。自動車の顔ともいえるフロント周りには緻密なグラデーションを表現したスピンドルグリルを配置。3連LEDが配置されたヘッドライトとL字型のポジションランプ、縦長のウィンカーランプを搭載しています。リヤ周りもテールランプ上部をストップランプ、下部をテールランプ、縦長のウィンカーランプと、統一感を持たせながらも唯一無二なデザインを実現しています。また、エアロダイナミクスを意識したポップアップハンドルにはハンドルを引いたときのみにレクサスのロゴマークが現れる仕掛けが施されており、見えない部分のデザインにも余念がありません。リヤスポイラーには、高級スポーツカーの代名詞ともいえる「アクティブリヤウィング」が搭載。時速80km/h以上になると車両内に格納されているウイングが自動展開され、より車両安定性を高めてくれます。インテリアは職人の手作業によって作り込まれた美しいデザインとなっており、スイッチやレバーなどの操作部に関しては、レイアウトや手触りにこだわって設計されました。素材には本革やアルカンターラなどの表皮が惜しみなく使用され、表皮巻きやステッチはすべて職人の手作業で仕上げられている徹底ぶりです。ドアトリムにはドレープ形状のオーナメントが設置され、夜間にはトリム上端のイルミネーションによって昼間とは違った室内空間を演出してくれます。ドライバーの意思を車へ伝えるステアリングホイールは、TAKUMIドライバーが自ら走り込みを重ねて開発しており、最適なグリップ形状とフィット感を実現しました。現行モデルでのパワートレインのラインナップは、V型8気筒 5.0L+10速ATとV型6気筒 3.5L+マルチステージハイブリッドの組み合わせの計2種類です。10速ATには乗用車モデルとしては世界初となる「Direct Shift-10AT」が採用され、MT車のようなレスポンスとスムーズなシフトチェンジでV8エンジンの性能を余すところなく発揮させます。※記載の文章は、2021年7月時点の情報です。

車名の由来は?

「LC」という車名は、「Luxury Coupe (ラグジュアリークーペ)」の頭文字を取って名づけられました。さらに、この車は「今後のレクサスのクルマ造りを変えていくための挑戦」として開発された背景があったため、「Lexus Challenge(レクサス チャレンジ)」という意味も込められています。

モデル概要、その魅力は?

「LC」の魅力は、なんといっても世界初の最新の「マルチハイブリッドシステム」を採用していることでしょう。これにより、2基のモーターとV6エンジンを組み合わせることで低速から高速まで、すべての車速域で静粛性と高効率化を実現してくれます。低速からの加速はV8エンジンにも引けをとることなく、ダイレクトな加速フィーリングを味わうことができると評判です。他にも、グレードによっては最大11色のボディカラー、4色のインテリアカラーという豊富なカラーバリエーションを用意。この豊富な選択肢により、ユーザーは自分好みの一台にコーディネートできるという魅力もあります。

長所と短所

  • 美しさと存在感を兼備したスタイリング
  • 適切なドライビングポジションをとれるキャビン設計
  • 華やかでラグジュアリーなインテリアの仕立て
  • 快適性と軽快なハンドリングを併せ持つ走行フィール
  • クーペは後席のサイズがミニマムである点
  • コンバーチブルはハイブリッド仕様が選べない
reviewed by グーネット編集部

矢印