ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

愛媛県 ダイハツコペンの中古車を探す

1〜6台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

154.9万円

車両本体価格 (税込)

146.9万円

諸費用 (税込)

8万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・3000km)

  • 年式2016年
  • 走行距離2.2万km
  • 車検2025年4月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラークリアブルークリスタルメタリック

ボディタイプオープン・カブリオレ

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

66.8万円

車両本体価格 (税込)

59.8万円

諸費用 (税込)

7万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2004年
  • 走行距離12.2万km
  • 車検2025年3月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションAT4速

カラーパール

ボディタイプオープン・カブリオレ

id車両
グー鑑定車
内装4
外装3
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

176.3万円

車両本体価格 (税込)

170万円

諸費用 (税込)

6.3万円

法定整備:整備付

保証付 (12ヶ月・走行無制限)

  • 年式2021年
  • 走行距離3.9万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラーブリティッシュグリーンマイカ

ボディタイプオープン・カブリオレ

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

157万円

車両本体価格 (税込)

140万円

諸費用 (税込)

17万円

法定整備:整備付

保証付 (6ヶ月・5000km)

  • 年式2016年
  • 走行距離4.0万km
  • 車検2025年5月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラーブラックM

ボディタイプオープン・カブリオレ

お気に入り

支払総額 (税込)

86.8万円

車両本体価格 (税込)

79.8万円

諸費用 (税込)

7万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2002年
  • 走行距離14.7万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションMT5速

カラーレッド

ボディタイプオープン・カブリオレ

お気に入り

支払総額 (税込)

93万円

車両本体価格 (税込)

79万円

諸費用 (税込)

14万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2008年
  • 走行距離8.3万km
  • 車検2025年7月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし

ミッションAT4速

カラーDCパールホワイトI

ボディタイプオープン・カブリオレ

この条件でよく検索しますか?

ダイハツ コペン | 愛媛県

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

問い合わせが多いユーザー

男女比

女性
4.6%
男性
95.4%

※2022年1月~12月のグーネット中古車見積りデータより算出

年代

  • 50代29%
  • 40代20.9%
  • 20代17.6%
  • 30代17.5%
  • 60代12.7%

居住エリア

  • 関東地方29%
  • 東海地方22.6%
  • 関西地方10.7%
  • 東北地方10.5%
  • 九州地方10.1%

ダイハツ コペン

グーネットに掲載されている愛媛県の「ダイハツ コペン」の掲載状況は?

グーネットでは愛媛県の「ダイハツ コペン」の中古車を6台掲載しています。
ダイハツ コペン 愛媛県のみの車両価格は59.8万円~170万円で総合評価は4.2レビュー件数は198になります。(2024.04.21)

車種の特徴

「ACTIVE TOP COMPACT OPEN」を開発コンセプトとしている「コペン」は、2002年に発売された軽オープンスポーツカーです。このモデルは、キャビンの位置が前方にせり出したキャビンフォワードとティアドロップシェイプシルエットと呼ばれるボディデザインを採用しており、低重心を実現しています。なお、2代目モデルは、骨格に「D-Frame」、脱着構造に「Dress-Formation」が採用されており、一部が樹脂化されたボディ外板を、ユーザーが自由に着脱することが可能です。また、この車両は、2014年度「グッドデザイン」金賞を獲得しています。2016年4月発売モデルのグレードには、「ローブ」や「エクスプレイ」、「セロ」などがラインナップされています。この車両には、インパネオーディオクラスター、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、ステアリングスイッチなどが標準装備されており、サスペンション形式には、フロントにマクファーソン・ストラット式、リアにトーションビーム式が設定されています。なお、車両重量は、850kg~870kgとなっています。そのほか、このクルマの特別仕様車については、2009年9月発売モデルにラインナップされている「アルティメットレザーエディション」や、2012年4月発売モデルにラインナップされている「10th アニバーサリーエディション」などがあります。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

軽自動車2シーターの「Copen(コペン)」の車名は、2代目(2014年)で「COPEN」とすべて大文字になる。そのネーミングは、「Community of OPEN car life」の略と説明されている。ちなみにコンセプトモデルは初代、2代目ともに「KOPEN」であったが、これは「軽OPEN」という意味だ。

モデル概要、その魅力は?

2002年に登場した初代のアクティブトップは、伊ピニンファリーナと独ベバストの共同企業が手掛けた電動油圧ポンプの自動開閉式ルーフ。そして曲線的なボディに丸いヘッドライトのレトロスタイルが印象的な初代と大きく変わったのが、2014年にリリースされた2代目。剛性を高めたボディは全体的にシャープで、外板の一部が着脱可能な樹脂構造「D-Frame」になっている。

長所と短所

  • いまや唯一の軽オープンスポーツカーであること
  • 好みで選べる4つのバリエーションをラインナップ
  • 3気筒ターボエンジンが生み出す余裕の動力性能
  • ワインディングも軽快にクリアするフットワークのよさ
  • 2シーターのため利便性は期待できない
  • ナビがないことを前提としたコックピットデザイン
reviewed by グーネット編集部

コペン(愛媛県)の販売店レビュー

コペン(愛媛県)の販売店レビューをもっと見る

矢印