滋賀県 BMWM4の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • M4 G82

    2021年1月~

  • M4 F82

    2014年7月~

価格相場・詳細もっと見る

平均価格757.9万円
(中古車価格帯385~1830万円)

カタログ情報・詳細もっと見る

WLTCモード燃費 9.6~10.1km/l
JC08モード燃費 10.8~12.2km/l
10・15モード燃費 -- km/l
排気量 3000cc

口コミ

総合評価

星 星 星 星 星

4.54件

外観5.0

乗り心地4.0

走行性能5.0

燃費・経済性4.3

価格3.8

内装4.8

装備4.5

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数
メーカー区分
ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

2台中1~2台表示

新着順 ▲新 ▼古

車両本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

お気に入り

M4 M4 GTS 国内30台限定 エアダクト付カーボンボンネット カーボンセラミックブレーキ GTS純正バケットシート GTS純正LEDテール

車両本体価格 (税込)

1830万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2017年
  • 走行距離157km
  • 車検2022年6月
  • 排気量3000cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・走行無制限

ミッションMTモード付きAT

カラーアルピンホワイト

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備別 別途22,000円

お気に入り

M4 M4クーペ コンペティション LCI後期型 パールホワイト 右H 7速DCT ブラックレザー ハーマンカードン

車両本体価格 (税込)

736万円

支払総額 (税込)

768万円

  • 年式2018年
  • 走行距離2.6万km
  • 車検なし
  • 排気量3000cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT7速

カラーミネラルホワイト

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備込

購入パックあり グー保証は購入パックCパックでお選びいただけます。

ページトップへ戻る

BMW M4

グーネットに掲載されている「BMW M4」の掲載状況は?

グーネット中古車ではBMW M4の中古車情報を82台掲載しています。
車両価格は385万円~1830万円、最も掲載の多いボディーカラーはアルピンホワイトで15台となっています。
BMW M4 滋賀県のみの車両価格は736万円~1830万円になります。(2021.10.29)

車種の特徴

「M4」は、BMWが製造しているスポーツカーです。クーペとカブリオレの2種類のタイプが設定されています。開発はレース部門のBMW Mによって行われ、4シリーズをベースに制作。チューニングした高性能スポーツモデルとして誕生しました。2014年に初代を発売し、日本では同年2月に発売し、M3クーペやカブリオレの後継モデルとして発売を開始しています。M4クーペはツインターボエンジンを搭載し、駆動方式がFRと4WDです。専用のサスペンションを備え、2基のターボチャージャーを備えるツインターボにより、高出力を発揮します。走行モードはコンフォート、スポーツ、スポーツプラスの3つです。コンフォートはエンジン効率に優れたモード、スポーツはダイレクトな走りのモード、スポーツプラスはよりダイナミックな走りのモードとなっています。また、専用のMコンパウドブレーキを備えており、制動性能と冷却性能に優れているのが特徴。大きな特徴というとフロントのデザインであり、さらにはリアには左右にデュアルエキゾーストパイプを備え、4本のエキゾーストパイプも搭載しました。シートは、ヘッドレストを備えた専用のスポーツシートを採用しています。M4カブリオレは、ソフトトップのカブリオレです。カブリオレは、M4カブリオレ コンペティションとして発売。クーペと同じくツインターボエンジンを搭載しています。制動性能と冷却性能に優れたブレーキを備え、オプションでカーボンセラミックブレーキを選択可能。カーボンセラミックブレーキは、耐久性に優れ、軽量化されたブレーキです。デュアルエキゾーストパイプによって、左右に2本ずつ合計4本のエキゾーストパイプを備えています。特徴的なキドニーグリルによって、冷却エアを最大限取り込むことが可能。シートは人間工学に基づく、バケットシートを採用しました。カブリオレの特徴ともいえるソフトトップは、時速50km以下ならば走行中でも18秒以内に開閉が可能。車内のノイズを減らし、断熱性に優れています。ステアリングは、カーボン製のカーボンステアリングです。現行となる2021年には2代目が登場。日本発売モデルでは、ステアリングは右でも左でもどちらでも選べ、本国仕様と日本仕様では駆動方式などで違いがあります。本国仕様では4WDもありますが、日本仕様はFRのみでした。2代目はクーペのみが発売されています。2021年7月には、日本モデルでも4WD仕様が登場。日本発売の2代目モデルは、トランスミッションは6速MTと8速ATです。サーキット走行を想定し、運転支援技術の一部を搭載せず、カーボンセラミックブレーキやカーボンバケットシートを備えています。※記載の文章は、2021年8月時点の情報です。

車名の由来は?

「M4」はM3の後継モデルであり、BMWの子会社のBMW M社が手がけた車です。BMW M社はもともと、モータースポーツという社名でした。モータースポーツは1978年、Mシリーズの第1号である「M1」を発売。Mシリーズは高スペックのエンジンを搭載したシリーズで、M4はこのMシリーズを元に設計されました。そのため、BMW 「M4」という名前がついているのです。

モデル概要、その魅力は?

「M4」は、レース車からフィードバックされた技術を使った車です。Mシリーズの中では中間のクラスにあたり、モータースポーツの性能を市販車にアレンジしたクーペは、走りを重視しながらもスタイリッシュなデザインが採用されているところに魅力があります。また、美しいフォルムながらも後部座席は十分な広さがあり、大人でも楽に座ることが可能です。座席は人間工学に基づいた専用のシートが採用されているため、座り心地も良くなっているとして評判のある1台となっています。

滋賀県のM4をおすすめコンテンツから探す

滋賀県・M4(BMW)のクルマ情報(中古車両)をおすすめコンテンツから簡単に車両検索できます。

矢印