(株)カーコンサルエコー

作業実績
459件
レビュー
  • 吸排気系修理・整備
  • ホンダ ステップワゴンスパーダ

2018年05月19日 20:17ステップワゴン アイドリング高い スロットルボデー交換

「エンジンが温まっても、アイドリングが下がらない」
「燃費も悪い」
とご相談を頂きました。
お客様は次回の車検前に車両代替を検討されており、修理するか
金額次第で悩んでいるこの事。
状況は、スロットルボデーに取付く{ISCV}
(アイドルスピードコントロールバルブ)
が正常に機能していない(閉まる方向に動けない)為、空気が
ECUの指示よりも多く燃焼室に入ってしまいアクセルペダルを
少し踏んだ状態と似たものになります。
その逆もあり、閉じ過ぎてエンストという場合もあります。
この方式は、アクセルペダルと連動するスロットルバタフライが
アクセルOFFで全閉状態の際に、空気をバイパスさせて送り込み
アイドリング回転時の吸入空気量を調整します。
修理についてですが、
取替作業料は一緒でも、新品やリビルト品では無く、チェック済み
の中古で検索し、金額のご了解を頂けました。
補足ですが、新品と中古の価格差は、新品に対して3分の1程度で
ご提供出来ました。
早速、中古スロットルボデーアッセンブリの取替を行います。

ガスケットは新品を準備します。
中間からのエア吸い(2次エア)が起きると別の不具合を
起こします。(アイドル高いやハンチングです)
下図の指し示す箇所がISCVです。
冷却水を通しファストアイドルにも使われてる模様です。
エア通路は比較的綺麗なので、良品な中古といえます。
ここを清掃する場合は注意が必要です。安易にパーツクリーナーなどで
清掃してしまい、エンジンECUの基盤部分までを焼損させてしまった
車両を何台が実際に見ました。

2本の冷却ホースはピンチングしてから外します。
アクセルワイヤー、エアインテークホース、配線カプラなど
を取り外していきますが、リフトアップは必要ありません。

取付作業が終了したら、学習を行います。
最新の電子スロットル式ならば、必ず初期学習が必要な
イメージがありますが、平成二桁以降の場合は特に整備書の
確認は大事です。
サービスマニュアルの指示に従い、エンジン水温を90℃以上
に暖気します。
データーモニタはGスキャンを使用。

アイドリング回転は普通といえる状態に落ち着きました。
不具合時は2千回転を超える勢いで、信号で止まろうとする時には、
「ブレーキをグッ」と踏まないと車が進んで行く怖い感じも無くなり
ました。
私的には、燃費の悪化よりも治って良かったポイントです。

対象車両情報

メーカー・ブランドホンダ車種ステップワゴンスパーダ

参考になったらイイね!とシェア!

店舗情報

(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.92
作業実績
459
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約