(株)カーコンサルエコー

レビュー
作業実績
416件
  • ガソリン車用(オイル交換)
  • アウディ A4アバント

2020年10月31日 16:34エンジンオイル交換 レベルゲージの棒が無い モニターで点検 アウディ:A4 アバント

最近の欧州車は、エンジンオイルの量を確認する棒、いわゆるレベルゲージ(ディップスティック)が、最初から装着されて無い車両が多くなってます。別売りで棒を購入できる車種もあれば、全く棒を刺す箇所すら無い車種もありますね。
その一例でご紹介です。車検整備でお預りしましたT様のアウディ。同時にオイル交換もご依頼頂いています。車両のサービス(整備)情報があれば、キチッと抜いて適量入れて、最後に車両モニターでチェックの流れで良いですが、データが無い場合も。
早速作業ですが、オイルを抜取る前に、車両のモニターでレベルを確認します。オイルパン内部のゲージ(ウキ)の読み値がシッカリしている必要があります。
ドレンコックを緩めて容器(今回はペール缶)に抜取り。ドレンコックを締付。抜取ったオイルを計量すると3.5L位です。
サービスデーターでは、オイルとオイルフィルタ(エレメント)交換の際は4.6Lとなっていますが、今回はオイルのみの取替になります。

抜取る前に、モニターで確認したレベルがOKの範囲内であれば、計量したオイル量は間違いなく必要と判断出来ます。まずは、同量の3.5Lをフィラーキャップから注入し、エンジンを始動します。
センターコンソールにあるハンドルで、整備点検 ⇒ オイルレベル へ。
そうすると「オイルレベルが2分後に・・・・」となります。いわゆるエンジンの暖気が必要ですと言われてます。余談ですが、2分は目安で10分位の時もあります。
その間に、ドレンコックの漏れ点検も同時に行っておきます。(当店は3分以上)
最近の欧州車は、オイルレベルの点検に暖気が要求される事が多いです。エンジンオイルが熱膨張する事を考えると理にかなってると言えますが、シビアだな~とも感じます。
レベルチェック可になったらエンジンを止めて、イグニッションON。
現在のオイルレベルを表示します。丁度中間です。

この状態で、エンジンオイルを補充していきます。(目安は0.5L)
モニター内のオイルレベルも、補充分に追従して上がってきます。
補充しているエンジンオイルは冷えてるものなので、最大の手前で。
フィラーキャップを閉めて、エンジン始動。
再度レベルのチェックを水平な場所で行い作業完了となります。
使用したオイルは、スノコ(Sunoco)のSvelt・5w-40になります。
アウディ純正オイルの様に、点検~点検まで交換不要(補充は別)のロングライフな性能と同じレベル?とは自信が無いので、走行5千㌔毎の取替でお勧めさせて頂いてます。

対象車両情報

メーカー・ブランドアウディ車種A4アバント

店舗情報

(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.90
作業実績
416
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約