新車試乗レポート [2022.04.02 UP]

新型ノア・ロングドライブリポート

華やかさは控えめながらも、
実のある進化を果たした新型ノア&ヴォクシー。
最新パワートレーンや運転支援機能が投入されたことで、
走りに関しても大きくジャンプアップしたのは間違いない。
今回はリアルワールドでそのあたりの実力を確認してみたい。

●文:川島茂夫 ●写真:月刊自家用車編集部

TOYOTA ノア ハイブリッドS-Z E-Four

TOYOTA ノア ハイブリッドS-Z E-Four
主要諸元 ●全長×全幅×全高(㎜):4695×1730×1925 ホ●イールベース(㎜):2850 ●車両重量(kg):1710 ●パワーユニット:1797cc直4気筒DOHC(98PS/14.5kg・m)+ツインモーター(フロント:70kW/185N・m、リヤ:30kW/84N・m) ●WLTCモード総合燃費:22.0km/ℓ ●ブレーキ:ベンチレーテッドディスク(F)ベンチレーテッドディスク(R) ●サスペンション:マクファーソン・ストラット式(F)トーションビーム式(R) ●タイヤ:205/60R16

走りは? 燃費は? 乗り心地は? 期待の新型ミニバン、その実力に迫る!

今回試乗したのはリヤ側にもモーターが備わる4WD駆動のE-Four車。FF車に比べると相応に力強さが増しており、発進時の余力感はさらに強まる。価格的には少し割高感を感じるが、性能重視でE-Four車選ぶ意味も十分にありそうだ。

乗れば乗るほど良さが分かる
味のある新世代ミニバン

 月刊自家用車が行うロングラン試乗では、同時に燃費の計測も行うことが多い。ことさらエコ運転を意識するわけではないが、それでも全開加速は控え気味になりがちで、高速道路では窮屈さを感じることもある。ところが新型ノア(ヴォクシー)は、そんな状況でもしっかりと良さが伝わってきた。
 試乗したモデルはノア・ハイブリッド車の4WD。装備強化の影響もあって、もはや手頃とは言い難い価格だが、新型の特徴を最も備えたグレードだ。車格ではなく機能でプレミアムを語るモデルと言い換えてもいい。

意のままに操れる
巧みな制御がありがたい

 エンジン本体の熱効率向上もあって、最近のトヨタ・ハイブリッド(スプリット式)は以前よりも電動感が強めに出る傾向があり、アクセルを踏み増した時の初期加速や、巡航時の速度コントロール性が向上している。さらに高速域の性能低下も少なめ。タウンユースから高速、山岳路まで安定したドライバビリティを発揮してくれる。
ノアのような車両重量が重く、空気抵抗も大きな1BOX型でもその恩恵は明らかで、実用性能が高まった印象だ。
 今回は千葉・木更津を起点に南房総に向かった。高低差が大きい山岳路こそないものの、登降坂とタイトなワインディングも含まれるため、速度コントロール性の良さが求められる。1BOX型にとってはやや意地悪な状況が多かったのだが、ノアはどこでも余裕を感じさせてくれた。
 穏やかな特性もあって、普通に操っていれば自然と省燃費運転になる印象。計測した燃費でも感じたとおりの結果となった。さすがに登坂が多い場面では燃費は落ち込むが、全体的な振れ幅は小さく、燃費に関しても得手不得手の少ないタイプ。
 フットワークは良質なウェルバランス型。操舵に穏やかに追従する回頭感覚を持ち、前後輪の荷重変動も少なめ。コーナリング中の加減速も安定している。低速ではやや車軸周りの揺動も感じるが、サスストロークは動き出しが滑らかで、揺れ返しも少ない。悪く言えばファミリーカーらしい無個性なフットワークとも言えるのだが、運転ストレスが少ないため、同乗者との会話や風景を楽しむ余裕を生み出してくれる。

運転支援機能も最先端
安心ドライブに大きく貢献

 この「余裕」で大活躍するのが、新たに装着された運転支援システムだ。
 運転支援と言えば高速道路でのACCやLKAを思い浮かべるユーザーも多いだろう。もちろんそれらの機能もノアの長所になっているが、感心させられるのは車線逸脱や追突の危険回避支援機能だ。車線を踏み越えそうになると補正自動操舵がさりげなく介入。それも一気に引き戻すのではなく二度切り的な補正をしたりして芸が細かい。前走車が停車する状況でも、いきなりブレーキがかかるわけでなく、じわっとエンブレを効かせてくる。制御と操舵も極めて自然で、ブレーキペダル操作を行えばすぐに解除される。
 介入のタイミングも絶妙。運転スタイルにもよるだろうが、気心の知れた相棒と二人三脚のような運転感覚が心地いい。日常用途からサポートしてくれるので、走行全般での頼もしい機能と再確認することができた。
 運転支援機能はカタログの文字面だけでは、本当の良さは分からない。だが、過ごす時間が長くなるほどその価値が分かる。新型ノアはスペックより実践力を重視した力作といえるだろう。

改良された最新ハイブリッドの恩恵は明らか。低速の市街地走行はもちろん、高速コーナーでも容易に速度をコントロールできる。特定状況で苦手意識を感じさせないドライバビリティも大きな美点だ。
1.8ℓエンジンは排気量こそ先代ハイブリッド車と同じだが、パワーコントロールユニットや駆動モーターが強化されたことで、動力性能は向上している。
コーナリングやレーンチェンジではロールを上手く使うことで急激な横Gの変化を抑えてくれる。悠々としたプレミアムを感じる質感ではないが、乗る人に優しい味付は多くのユーザーに支持されるだろう。
高速走行時のフットワークも安定重視。エンジン稼働時の回転数は高めだが騒音は少ない。電動走行の頻度が高いこともあって、静かで力強い走りを披露してくれる。1BOX型のサイズや重量ハンデを感じさせないこともポイント。高速長距離用途が多いユーザーにオススメできる。
運転支援機能の大幅強化も新型のトピックス。ACCやLTAの使用時でも上手に介入する。他モデルと比べると世代違いの印象もある。駐車支援機能の強化も含めて、便利を普段使いから感じられることも魅力だ。

【燃費】新型ノア ハイブリッド南房総ロングドライブ詳細

一般路は上手く運転して20㎞/ℓと考えていたが、加速時の負荷が高い高速道でも20㎞/ℓに迫る数値を記録。今回の試乗では一般路、高速道を含めて180㎞ほど走ったが、全区間の平均燃費でも19㎞/ℓを超えている。WLTCモード燃費には及ばないが、その数値から約15%減の実燃費ならば十分に納得できる。走行状況による燃費の振れ幅が少ないことも美点。ことさら燃費を意識した運転ではなくても、遠出も街乗りもトップレベルの燃費が稼げるのは、ユーザーにとっては嬉しい魅力になるだろう。

内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ