閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

スクープ
掲載日:2022.10.28 / 更新日:2022.10.28

新型トヨタC-HRが2023年デビュー!新世代ハイブリッド&BEVも設定。

新型C-HR予想CG

斬新なエクステリアデザインを採用したコンパクトクロスオーバーとして2016年12月にデビューしたトヨタのC-HR。その2代目モデルが、2023年央に登場する。

現行型C-HRは、1.8L直4ガソリンハイブリッドと1.2L直4ターボがラインナップされているが、2代目C-HRは、現行型がヤリスクロスと車格がかぶる部分があり、クラスアップする。2022年中にデビューが予想されている新型プリウスに搭載される可能性が高い、1.8L直4ガソリンハイブリッドが搭載される。

この1.8L直4ガソリンハイブリッドは、現行型ノア/ヴォクシーから搭載されたすべての電動モジュールを刷新した新世代ハイブリッドで、モーター・バッテリーの高出力化とシステムの高効率化が行われている。

このほか、2.0L直4ガソリンエンジン搭載車と少し販売時期はずれるが、2.0L直4ガソリンエンジンを採用したPHEVをラインナップする可能性が高い。さらにバッテリーEV(BEV)モデルも投入される模様だ。

また、現行型では1.2L直4ターボにしか設定されなかった4WDが、1.8L直4ガソリンハイブリッドにも設定される。これは後輪にモーターを採用した電気式4WDのE-Fourとなる。

エクステリアデザインは、2021年12月に開催されたバッテリーEV戦略に関する説明会で公開された「Small SUEV」にかなり似ており(ほぼこのまま!)、現行型よりもさらに踏み込んだ斬新なデザインを採用する。

このように2代目C-HRは、RAV4とヤリスクロスの中間に位置するコンパクトクロスオーバーとして車格をアップしつつ、その個性的なデザインと多彩なパワートレーンで、ホンダZR-V/CH-R、マツダCX-5、日産キックスなどのライバルをリードしていくだろう。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ