輸入車 [2021.11.04 UP]

新型BMW iX3発売 X3にEVモデル登場

新型 BMW iX3イメージ
新型 BMW iX3

 ビー・エム・ダブリュー株式会社は11月4日、「BMW X3 (エックス・スリー)」のラインアップに、電気自動車「BMW iX3(アイエックススリー)」を追加し、全国のBMW正規ディーラーを通じて販売を開始すると発表した。希望小売価格は8,620,000円(消費税込)で、納車は本年11月以降に予定されている。

>BMWX3の新車見積もりはこちら
>BMWX3の中古車一覧はこちら

新型SAVにEVモデルが仲間入り

新型 BMW iX3
新型 BMW iX3

 先日、新型が発売されたプレミアム・ミドル・クラスのSAV、BMW X3。オフロードの走破性というSUVの機能に加えて、俊敏なスポーツ走行も可能とし、BMWらしい走りを堪能できるモデル。今回、ラインアップに加わるBMW iX3は、フル充電で460kmの走行が可能*となる電気自動車だ。
*: ヨーロッパにおけるWLTPテスト・サイクルにおいて

【関連記事】新型「BMW X3」「BMW X4」同時発売!

電気自動車らしさを加えた内外装

 BMW iX3は、BMW X3をベースにしながらも電気自動車であることを主張するデザイン・エレメントを採用。BMWロゴやキドニー・グリルのまわり、リヤ・スポイラーの一部、スアート/ストップ・ボタン、シフト・ノブのまわり等を青色とし、通常のBMW X3とは異なる個性を主張している。

10分間の急速充電で約80kmの航続距離

新型 BMW iX3 ドライブトレイン・ユニットイメージ 0-100 km/hまでの加速は6.8秒
新型 BMW iX3 ドライブトレイン・ユニットイメージ 0-100 km/hまでの加速は6.8秒

 BMW iX3の急速充電器では、最大80 kWでの充電が可能で、自宅や公共の普通充電の設備では最大9.6 kWでの充電が可能。80kWの急速充電利用時は、70分以内で約80%までの充電が完了し、わず10分の急速充電で約80kmもの航続可能距離を伸ばすことも可能。普通充電においては、一晩(約8時間)で、0から100%の状態まで、充電することが可能となっている。

 BMW iX3は、最高出力210kW、最大トルク400Nmを発揮する電気モーターを搭載し、後輪を駆動する。リチウム・イオン電池容量は232Ahであり、一充電での走行可能距離は460km*である。
*: ヨーロッパにおけるWLTPテスト・サイクルにおいて

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載

新型 BMW iX3イメージ2

 BMW iX3には、BMW社が国内認可取得モデルとして初めて導入したハンズ・オフ機能が搭載される。これは、高速道路*1での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム。この機能は、ドライバーが絶えず前方に注意しながら直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、ステアリングから手を離して走行が可能*2となる。

*1: 高速自動車国道法に定める高速自動車国道、及び指定都市高速道路に分類される道路が対象。

*2: SAE International(Society of Automotive Engineers)が定めるレベル2の段階であり、自動運転ではなく、前方注視が必要となるなど、ある一定の条件が必要。

安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を標準装備

新型 BMW iX3イメージ3

 高性能3眼カメラ&レーダー、高性能プロセッサーによる解析能力によって、より精度と正確性が向上した、以下の運転支援システムを標準装備する。

アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)
レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)
レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)
ステアリング&レーン・コントロール・アシスト
サイド・コリジョン・プロテクション
衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)
クロス・トラフィック・ウォーニング
ペダル踏み間違い急発進抑制機能

 さらに標準装備となるパーキング・アシスタントには、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるリバース・アシスト機能が採用されている。日本に多数点在する細い道での対向車とのすれ違いに困った際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰することが可能となる。

自分で名付けができる「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」

 BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントは、AI技術を活用し、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となる最新の機能。より自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にするほか、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習してくれる。そして、最たる特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能だということ。たとえば、起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、「4シリーズ」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在として感じられそうだ。

 また、BMW iX3をスマートフォンアプリ「My BMW」を使用して、Alexaと連携させることが可能となる。そのほか、車両のキーを持たずとも、iPhoneをドア・ハンドルにかざすことで、車両のロック解除/施錠、さらには、エンジンの始動も可能となっている。

BMW X3 主な車両諸元

BMW iX3 M Sport
全長4,740mm、全幅1,890mm、全高1,670mm
ホイールベース2,865mm
車両重量2,200kg、車両総重量2,475kg
最高出力210kW/6,000rpm
最大トルク400Nm/0-4,500rpm
一充電走行距離460km*。
*: ヨーロッパにおけるWLTPテスト・サイクルにおいて

BMW X3 メーカー希望小売価格

モデル希望小売価格(消費税込み)
BMW iX3 M Sport8,620,000円
・上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。
・右ハンドル、AT仕様。

>BMWX3の新車見積もりはこちら
>BMWX3の中古車一覧はこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ