閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

新車値引き情報
掲載日:2022.11.26 / 更新日:2022.11.26

新車値引き体験談特集!トヨタRAV4/日産エクストレイルなど

その1 エクストレイルから22.9万円引き!

NISSAN エクストレイル
G e-4ORCE(4WD)
トータル値引き 22.9万円
値引き率 4.6%
From三重県

「これ以上は無理」からが本番!
発売前に23万円引きの快挙!!


 現在乗っているハリアー(令和3年式)を馴染みの買い取り店に査定してもらったら450万円。予想以上の金額に気を良くして、新型エクストレイルを狙う。
 家内の前愛車を購入した日産に出向く。エクストレイルの値引きは5万円と厳しい。「購入するつもりで来ている。思い切った金額を」と言うと10万円引きに。「これ以上は無理」とのことだが、こちらの希望は20万円以上と迫る。すると、かつて家内の担当セールスだった店長さんが登場。
店長「Xさん、ご希望の20万円引きにします。決めてください」
X「希望は20万円“以上”です。端数をカットしてください」
店長「わかりました」
 さらに、こちらでやることにして車庫証明費用と納車費用をカットしてもらう。ガソリン満タン納車も了解となった。
 日を改めて本契約。最終的な条件は車両本体とメーカーオプション35万2000円/付属品16万5040円から22万8670円引きとなっていた。なお、ハリアーは買い取り店と交渉の末、14万円UPの464万円で売却した。

値引き採点 5
新型エクストレイルは発売前から予想を大きく上回る予約が入っているせいか、いつになく値引きを引き締めています。先行販売の段階でここまで取れれば大成功。ハリアーの買い取り値も破格です。


その2 フリードから41.7万円引き!

HONDA フリード
クロスター(6人)
トータル値引き 41.7万円
値引き率 12.7%
From埼玉県

隣町のホンダを先行させて
近所のホンダを揺さぶる!


 狙いはフリード・クロスター。隣町のホンダA店で試乗&商談。車両本体15万円引き、付属品はキャンペーン中につき12万円引き。
 近所のホンダB店へ。
X「買い物のついでに別のホンダで商談してきましたが、購入するなら、家から近いこちらの店と考えています」
 すると、車両本体20万円引き、付属品から12万円引き(キャンペーン)を提示。
X「もういちどA店と商談の約束をしているので、決めるのはそれからにします」
「Xさん、頑張るので、次回はホンダA店さんの前に商談させてください」
 要請にしたがってホンダB店と2回目の商談。最終的に車両本体から29万7100円引き、付属品68万9590円から12万円引きを提示してきた。このあたりが落としどころと判断して契約。

値引き採点 5
隣町のホンダA店を先行させて近所のB店に揺さぶりをかけたのが勝因です。70万円近い付属品を付けていますが、値引き合計が40万円を超えているので大成功です。値引き率は12%を超えています。


その3 RAV4から28.5万円引き!

TOYOTA RAV4
Z(PHEV・4WD)
トータル値引き 28.5万円
値引き率 4.8%
From宮城県

納期がどんどん遅れますよ
急かされてもあわてません


 なじみのトヨタへ。RAV4は近々マイチェンするが、すでに新型の先行販売を開始していた。PHEVは値引き12万円と渋い。「資材の高騰で卸値が上がっているため値引きはあまりできない」とのこと。さらに「早く決めないと納期がどんどん遅れる」と急かされたが、態度を保留。
 翌週、再びトヨタへ。
 夫が「こちらの店で3台も購入している。だから、もっと安くしてもらいたい」と訴えたところ、店長さんが登場。交渉を煮詰めた結果、車両本体とメーカーオプション5万600円から19万705円引き、付属品31万640円から9万4695円引きとなったので契約。
 納車は令和5年6月頃。なお、現在乗っているプリウス(12年落ち/15万km超)は納車が近づいたら、買い取り専門店に売却する予定。

値引き採点 4
契約を急かされても態度を保留したのが有効でした。ご主人が「3台も購入」を武器に攻めたのも効果をあげています。ただし経営の異なるトヨタとの競合をあおれば、もうひと押しできた可能性があります。


その4 GR86から48.6万円引き!

TOYOTA GR86
RZ(6MT)
トータル値引き 48.6万円
値引き率 12.2%
From山口県

店長に「最初の契約だから
特別だぞ」って言われました


 GR86に絞ってトヨタ4系列と商談する。下取り車は8年落ちのエクストレイル。
 4系列ともに売る気満々で頑張ってきた。とくにトヨタA店とB店はどちらも新人セールスさんで「まだ売ったことがありません。ぜひ契約を!」とか「契約第1号になってください!」などと熱心に売り込んできた。1回目の提示で一番いい条件は値引き31万円/下取り50万円。
 2回目でトヨタA店が約47万円/下取り64万円を提示。店長さんも出てきて契約を迫られたが態度を保留。トヨタB店も店長さんが登場したが、A店には及ばなかった。
 翌日の日曜日、トヨタA店へ。最終的に車両本体とメーカーオプション5万5000円/付属品59万9500円から48万6490円引きでめでたく契約。新人さんの記念すべき契約第1号となった。

値引き採点 5
兄弟車のBRZは強気な売り方をしてきますが、GR86は大きく緩んでいます。原因は「トヨタ同士の競合」で、X氏もこれを上手にあおって攻略しています。獲得した条件は文句なしのウルトラCです。


その5 WRX S4から29.4万円引き!

SUBARU WRX S4
STIスポーツR EX(4WD)
トータル値引き 29.4万円
値引き率 5.4%
From茨城県

スバルはスバルをもって制せ!
強気のWRXを越境作戦で粉砕!!


 4年落ちWRX S4の買い替えを検討するが、GR86は受注停止、シビックタイプRは半年待ち。結果、納期4か月のWRX S4の一択に。
 地元のスバルA店は予想以上の下取り額を提示してくるが、値引きはなし。
 そこで貴誌の「越境してスバル同士の競合を」とのアドバイスに従って、隣県のスバルB店へ。すると10万円引きを提示してきたが、下取り額はA店より低い。
 再びスバルA店へ。B店との競合を伝えると、店長決裁を貰いに離席。戻ってきて支払い総額285万円を提示。「これが最終条件」とのこと。
 翌日、スバルB店にも最終条件をお願いするが、315万円でストップ。A店にて車両本体から14万3000円引き、付属品(70万6145円)から15万600円引き、下取り275万円で契約。

値引き採点 5
WRX S4は販売店に「安売りしたくない」との意識が強く、10万円引き程度で限界としてくるケースが目立ちます。したがってここまで取れたら大成功。地の利を生かした越境作戦が功を奏しています。


その6 N-BOXから25.2万円引き!

HONDA N-BOX
カスタムLターボ スタイル+ブラック
トータル値引き 25.2万円
値引き率 10.0%
From神奈川県

百戦百勝の凄腕営業マンが
新人&先輩コンビに負けた


 漆黒のN-BOXにひと目惚れ。ホンダA店は12万円引きを提示。営業マン氏は「私、負けたことないですから」。
 次はホンダB店。店長代理が担当となるも無駄話ばかりで売る気ゼロ。即、退散。
 ホンダC店は新人くん。頼りになりそうな先輩が同席。2回目で約21万円引き、支払い総額251万円を提示。
 再びホンダA店へ。C店の条件を伝えると「社員より安いですよ」と驚く。しかし「負けたことがない」に偽りなし。驚愕の247万円に。
 C店の新人くんに電話でこれを伝えると、再度上司に相談。同額の247万円に。これまで乗ってきたC︲HRの売却に役立つアンテナを持った先輩がいることもあってC店で契約。最終条件は車両本体から19万9724円引き、付属品(47万6705円)から5万2551円引き。

値引き採点 5
ホンダ同士の競合を上手にあおっています。N-BOXは値引きが緩んでいますが、合計25万円/10%ならウルトラCクラスと考えてかまいません。裏技が得意そうな先輩の存在を買ったのも評価します。


その7 タントから16.4万円引き!

DAIHATSU タント
カスタムRS(4WD)
トータル値引き 16.4万円
値引き率 6.4%
From大阪府

トヨタでタントを買おうかな♪
このひと言でダイハツが燃えた


 付き合いのあるトヨタのセールスさんに「軽スーパーハイトワゴンの四駆を検討している」と言うと「うちにはその手の軽がありませんが、ダイハツなら販売できます。近々マイチェンするタントをお勧めします」とのこと。見積もりを出してもらうと値引きは7万7156円。ちなみにN-BOXは10万円引き。
 数日後、ダイハツ店とオンライン商談をするが、はっきりした条件を提示してこない。そこで、実際に出向いて競合を伝えると「13万円引きで決めてください!」と迫ってきた。「家族と相談してみます」と言って引き上げようとすると「待ってください! もう少し頑張ります」。最終的に車両本体から3万3000円引き、付属品(57万1123円)から13万759円引きの合計16万3759円引きを提示してきたので契約した。

値引き採点 4
ダイハツに対して「なじみのトヨタがダイハツ車を売り込んできている」と伝えたのが効果的でした。獲得した値引き額は特上ですが、付属品を60万円近く付けているので20万円超を狙ってみたかった。


その8 タフトから23.3万円引き!

DAIHATSU タフト
Gターボ クロムベンチャー
トータル値引き 23.3万円
値引き率 10.7%
From神奈川県

なじみの営業が裏技を連発!
値引き率10%超&高取り!!


 今回の購入動機は「軽SUVが欲しくなった!」からです。狙いはハスラーとタフトでしたが、スズキは「半導体などの供給不足から納車がいつになるかわからない」とのこと。そこで、タフトに絞ることに。これまで乗ってきたタント(平成26年登録)を購入したダイハツの担当さんと商談しました。
セ「タフトの車両本体値引きは3万円しかできません。でも、Xさんとは長い付き合いなので、付属品の割引を大きくしてカバーします」
 提示してきた条件は車両本体は3万192円引きですが、付属品(49万7984円)から20万2482円引き。
セ「これ以上は厳しいので、下取り額で頑張ります!」
 当初は60万円だった下取り査定額を最終的に77万円までアップしてくれたので、契約に至りました。

値引き採点 4
タフトから値引き率10%超なら文句なしの特上クラスです。下取りもかなりの高取りです。ただし相手がなじみのセールスマンだったせいか、やや詰めがあまくなったようです。もうひと押ししたかった。


内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ