マツダ、軽商用車「スクラムバン」、軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良

車のニュース [2019.07.05 UP]

マツダ、軽商用車「スクラムバン」、軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良

スクラムワゴン PZ ターボ

マツダは7月4日、軽商用車「スクラムバン」、軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良し発売した。今回の一部改良では、従来モデルで採用していたクルマを検知し衝突回避および被害軽減をサポートする「レーダーブレーキサポート」、前進時の衝突回避をサポートする「誤発進抑制機能」などの安全装備の機能、快適性を向上させた。レーダーブレーキサポートは、マツダの軽自動車で初採用となる夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」に強化、誤発進抑制機能は後退時にも対応するとともに、後退時に障害物を検知し衝突回避および被害軽減をサポートする「後退時ブレーキサポート」、前のクルマの発進をお知らせする「先行車発進お知らせ機能」、ハイ/ロービームを自動で切り替えてくれる「ハイビームアシスト」などの機能も搭載し、スクラムバンの「PAスペシャル」「PCスペシャル」「BUSTER」モデル、スクラムワゴンの全車に標準装備した。

性能では、スクラムバンの「PAスペシャル」「BUSTER」モデルのトランスミッションを5AGSから4ATに、スクラムワゴンの「PZ ターボ」モデルをハイルーフ仕様に変更し、機能ではスクラムバンの「PAスペシャル」「PCスペシャル」「BUSTER」モデルにオートライト機能のほか、デュアルカメラブレーキサポート装着車には被害軽減ブレーキ情報表示を追加した3連メーターを採用した。

さらに、スクラムバンの「PA」「PAスペシャル」モデルには、A4ファイルや薄型ティッシュボックスなどが収納できるオーバーヘッドシェルフを標準装備するとともに、ユーティリティナットの数を10個から12個に増やしたほか、スクラムワゴンの全車のオーディオガーニッシュを180mmから200mmワイドに変更した。

スクラムバン PAスペシャル

ラインナップ・車両本体価格

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました