閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

車種別・最新情報
掲載日:2023.01.25 / 更新日:2023.01.25

SUV派も見逃せない!スバル レガシィアウトバックが今こそ買いの理由

ニューモデル続々でクルマ選びも要アップデート。
新登場&定番・人気モデルの“見どころ”を、一気にお見せする。

●解説:渡辺陽一郎

SUBARU レガシィ アウトバック

SUV 1.8ℓターボ・4WD

414万7000〜429万円

PROFILE
 国内スバルのフラッグシップモデル。初期はワゴンの派生仕様だったが、現在はSUV視点から開発されている。一定条件下でハンズオフ可能なアイサイトXが標準搭載される。

■主要諸元(リミテッドEX) ※オプションを含まず  ●全長×全幅×全高(㎜):4870×1875×1675 ●ホイールベース(㎜):2745 ●車両重量(㎏):1965 ●パワーユニット:1795㏄ 水平対向4気筒ターボ(177PS/30.6㎏・m) ●トランスミッション:CVT ●WLTCモード総合燃費:15.8㎞/ℓ ●タイヤ:225/60R18

長距離ドライブを得意とする
パッケージング&装備
 LサイズのSUVだが、外観はワゴン風だ。最低地上高には200㎜を超える余裕があり、悪路のデコボコも乗り越えやすい。その一方で全高は、大型ルーフレールを含めて1675㎜に収まる。最低地上高を十分に確保しながら、天井はあまり高くないから、重心高も抑えられて走行安定性に優れている。
 進化した運転支援機能のアイサイトXテクノロジーも標準装着され、長距離を移動する時も快適だ。疲労も抑えられるから、交通事故を防ぐ効果も期待できる。エンジンはレヴォーグなどと同じ水平対向4気筒1.8ℓターボで、動力性能は特に高くないが、3ℓNAに匹敵するトルクが魅力だ。WLTCモード燃費も13㎞/ℓだから、ボディサイズの割に優れている。
 グレードは2種類が用意され、買い得度は同程度だが、カッコ良さで選ぶなら野性的な雰囲気のXブレイクEXだ。価格は414万7000円。CX‐5にディーゼルを搭載した最上級のXDエクスクルーシブモード.4WDと同等だが、アウトバックは運転支援機能などが幅広く充実している。

【見どころ】ワゴンとSUVの融合で安定性が高い

 ワゴン風のSUVながら、213㎜の最低地上高を確保。それでいて、全高は1700㎜を下回る。重心も下がり、高速道路での安定性も優れる。

【見どころ】Lサイズのボディで実用性が高い

 後席の足元にも十分な空間があり、天井も適度に高いから、4名乗車時も快適だ。リヤゲートの角度が立っているため、実際に使える荷室空間も大きい。

内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ