ドライブ
掲載日:2022.08.10 / 更新日:2022.08.10

クルマでしか行けない、クルマだから楽しめる絶景スポットへGO! GO!

今年の夏は思い切って出かけよう

8月は夏休みやお盆もあり、旅行やドライブにうってつけの時期。去年は我慢していたけど、今年の夏は思い切って外出してみようかな……。とお考えの方も多いのではないだろうか。そんなみなさんに向けて、今回は特に“クルマだから楽しめる”絶景スポットを紹介する。

クルマじゃないと行けない、絶景スポットを楽しもう

 全国に数多くある“絶景スポット”。最近ではインスタグラムをはじめとしたSNSの影響もあり、写真撮影などで注目されることもしばしば。
 本特集では、そんな絶景スポットのなかでも“クルマでしか行けない、クルマで行くべき”場所を紹介する。
 厳密にいえば、運行本数の少ない路線バスが走っていたり、タクシーに長時間乗れば、目的地にたどり着くことができたりもする。ただし、それらの手段では、時間的なロスが大きかったり、限られた時間しか滞在できないなどのデメリットがあり、そもそも公共交通機関が動いている時間のみの利用に限られてしまう。
 そういったことを気にせず、自由に目的地やそこに至るまでの道中を楽しむことができるのがクルマを利用する最大の魅力だろう。あなたも“クルマでしか行けない絶景スポット”へこの夏ぜひ出かけてみよう!

★【クルマでしか行けない度】とは…
※絶景スポットへの公共交通機関でのアクセスのしやすさを基に編集部の独断と主観で「クルマでしか行けない度」を評価。星の数が多いほど、クルマでしか行けない、クルマで行くほうがいい! という評価になる。

クルマならではのアドバンテージ
電車やバスでたどり着くのが大変な場所でもクルマなら気軽にアクセスできるので移動疲れも軽減する。

公共交通機関では行きにくい場所でも行ける
クルマ以外の手段で絶景スポットへ向かう場合、電車やバスといった交通機関の利用が想定されるが、駅からの距離が遠かったり、バスの本数が少なく運行時間が限られていることも多い。タクシーの料金も距離がある分、高くなりがちだ。

早朝や夕暮れ、夜景など時間の制約がない
クルマでの移動なら、自分が行きたい目的地に対して自由な時間設定ができる。早朝の雲海や水平線に沈む夕日、満天の星など、条件が限られてしまう絶景でも計画的に見ることができる。

志賀草津高原ルート[しがくさつこうげんるーと]

クルマでしか行けない度…★★★★
群馬県草津温泉から志賀高原を抜け、長野県湯田中・渋温泉郷に至る約43㎞の道のり。変化に富んだ山岳パノラマを満喫できる道中は、白根山や横手山など見どころが多く、上信越高原国立公園の雄大な自然を感じられる。早朝には眼下に雲海が広がるすばらしい風景も見られる。
Data
住:群馬県吾妻郡草津町〜長野県下高井郡山ノ内町
休:24時間通行自由、無料(天候等により通行規制あり)
※11月中旬より4月下旬までは積雪のため通行止め

クルマじゃないとこんなに大変!

JR長野原草津口駅→JRバス草津温泉行きで25分、草津温泉バスターミナル下車→白根火山行きのバスに乗り換え30分、終点下車。

クルマだからより楽しめる、風光明媚なワインディングロード

渋峠にある日本国道最高地点の石碑。標高はなんと2172m。取材当日、周囲は雲に覆われ、真っ白な世界だった。

クルマでしか行けない……すなわちアクセスはひと苦労

最初の目的地となる「野反湖」は群馬県中之条町の北部にある人造湖。標高約1500mに位置し、手付かずの自然が多く残っている。湖の近くまで日に数本のバスが走っているが、道中はカーブが続き道幅も狭く、バスが走っているイメージが湧かない程。長い山道を抜けた後に広がる雄大な景色は4月〜11月の間しか見られないため、一見の価値あり。
 そこから次の目的地、日本国道最高地点を目指し、日本屈指の名湯である草津の街を抜け、「志賀草津高原ルート」へとクルマを走らせた。上信越高原国立公園の大パノラマを体感できるワインディング・ロードからの眺めはすばらしく、まさにクルマでしか行けない絶景といえる。
 途中、絶品の蕎麦を食べ、最終目的地「碓氷第三橋梁」へ向かった。明治25年に完成した重厚なレンガづくりのアーチ橋は重要文化財に指定され、歴史を感じさせる。めがね橋経由のバスはあるが、運転日が限定されていて本数も少ない。こちらもクルマで行くべき絶景スポットだ。

野反湖(群馬県)[のぞりこ]

クルマでしか行けない度…★★★★★
長野と新潟県境近く、中之条町北部に位置する標高2,000m級の山々に囲まれた高原のダム湖。湖の深い青と山々の緑とのコントラストが美しく時間を忘れさせる。湖畔の遊歩道では、群生する数多くの高山植物が観察できる。また、夜になると満天の星が広がる。
Data
住:群馬県吾妻郡中之条町大字入山
駐:あり(無料)
※11月下旬〜4月下旬の間は冬季クローズ。

クルマじゃないとこんなに大変!

JR長野原草津口駅→六合地区路線バスで約75分、野反峠下車。
※運行本数が少ないため要確認。※花敷温泉から野反峠までは5月1日〜10月20日まで運行。

長い山道を抜けてたどり着く自然豊かな天空の湖

ノゾリキスゲをはじめとする、多くの高山植物が野反湖周辺を彩る。秋になると紅葉がすばらしい。

碓氷第三橋梁(群馬県)[うすいだいさんきょうりょう]

クルマでしか行けない度…★★★★
明治25年に完成した通称「めがね橋」と呼ばれる、国内最大のレンガづくりのアーチ橋。作るために使用されたレンガはなんと200万個を超える。鉄道は廃線となったが、廃線跡を利用した遊歩道「アプトの道」が整備され、橋の上を歩く貴重な体験ができる。
Data
住:群馬県安中市松井田町坂本
駐:めがね橋駐車場(無料)

クルマじゃないとこんなに大変!

JRバス 【期間限定運行】
下り:横川駅発11:10→めがね橋着11:23
上り:軽井沢発12:55→めがね橋着13:22
★2022年運転日
8月6日〜21日・9月17日〜25日
※10月以降はホームページにて要確認

芸術と技術が融合した歴史を感じさせるアーチ橋

【絶景ドライブ+グルメ】

素材にこだわった蕎麦を瀟洒な空間で食す
蕎麦茶寮 nanakusa
契約農家から仕入れた蕎麦の実の風味を引き出すため、丹念に石臼で挽いた粉を使用。つなぎは使わず清水で打ち上げた十割蕎麦は、蕎麦本来の味や香りを堪能できる。地産地消にこだわり、新鮮な食材を使用した舞茸や野菜の天ぷらも絶品だ。ペット可のテラス席も用意している。
Data 住:群馬県吾妻郡長野原町大津1061-3 ☎0279-82-0793
営:11時〜15時 休:木曜、第3水曜日 駐:25台(大型バス駐車可)

回生ブレーキで下り坂の運転がしやすい

[日産]ノート オーラ
ノートの上級モデルとなるプレミアムコンパクトカー。高級感のあるデザインと充実した標準装備が特徴。今回のドライブでは山道が多かったが、e-POWERの効果で下り坂でもフットブレーキを踏む回数が抑えられ、快適な運転が楽しめた。
●中古車価格帯:239万円〜383万円

クルマでしか行けない 絶景+αが楽しめるスポット

ここでは、絶景に加えてさらにプラスαの要素が楽しめる全国のスポットの一例を紹介。アクセスを考えるとクルマで行くのがラクなので、ぜひドライブの目的地にしてほしい。

美しい馬の姿が牧場の緑に映える

新冠サラブレッド銀座(北海道)[にいかっぷ さらぶれっど ぎんざ]

クルマでしか行けない度…★★★★★
道道209号線を山間部に向かって進むと、約8㎞の道程に牧場が連なり、放牧されている美しいサラブレッドの姿を見られる。道道への入口にある駐車公園からは、広大な風景を一望することが可能。
Data 住:北海道新冠郡新冠町字高江
☎0146-47-2498(新冠町役場企画課)
駐:あり(24時間常時開放)、無料
※JR日高線鵡川〜様似間は令和3年4月1日に鉄道営業を終了しています。公共交通機関で日高エリアへお出かけの場合、日高地域広域公共バスをご利用ください。

湯けむり漂う温泉地をのんびり散策

西の河原公園(群馬県)[さいのかわらこうえん]

草津温泉の西側に位置する公園。河原のあちこちから毎分1,400ℓの温泉が湧き出し、湯の川となって流れ出しており、足湯も楽しめる。夜になると園内がライトアップされ、日中と違うロマンチックな雰囲気が演出される。
クルマでしか行けない度…★★★
Data 住:群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3 ☎0279-88-7188
駐:天狗山第1駐車場(西の河原公園駐車場)、無料
※GW、お盆、年末年始は有料 ※20時30分〜6時30分まで駐車不可

kouyunosa / PIXTA(ピクスタ)

JIRI / PIXTA(ピクスタ)

大吊橋を歩きながら渓谷美を楽しむ

はなのこ / PIXTA(ピクスタ)

kentaganhando / PIXTA(ピクスタ)

竜神大吊橋(茨城県)[りゅうじんおおつりばし]

クルマでしか行けない度…★★★★
竜神峡にかかる竜神大吊橋の長さは375mで、歩行者専用の橋としては日本最大級の長さ。下に広がる湖面からの高さは100mもあり、橋上からの眺めは絶景。途中にあるガラス窓で下を覗くことができる。
Data 住:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
☎0294-87-0375 営:8:30〜17:00 ※受付は16:40まで
休:無休※強風や雷などにより通行が制限される場合あり
駐:無料(第1・第2・第3駐車場 計265台駐車可能)
渡橋料金:大人/320円、小人 (小・中学生)/210円

目の前に広がる海、断崖にある絶景露天風呂!

Yoshitaka / PIXTA(ピクスタ)

沢田公園 露天風呂(静岡県)[さわだこうえん ろてんぶろ]

クルマでしか行けない度…★★★★
駿河湾を見おろす高台にある開放感あふれる温泉。浴室は男女ともに岩風呂で、それぞれ4〜5人が入れる程度の広さとなっている。特に水平線に沈む夕日を眺められる時間帯の入浴は身体も心も癒やされる。
Data 住:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2817-1 ☎0558-52-2400(沢田公園露天風呂)
営:9:00〜19:00 (3月〜5月、9月)、9:00〜20:00 (6月〜8月)、9:00〜18:00 (10月〜2月)
休:火曜日(祝日等振替休日あり)※天候による臨時休業あり 駐:無料
利用料金:[町外からのお客様]大人(12才以上)/600円、小人(6才以上12才未満)/200円

色あざやかなひまわりが咲き誇る

denkei/PIXTA(ピクスタ)

明野ひまわり畑(山梨県)[あけのひまわりばたけ]

クルマでしか行けない度…★★★
南アルプスや富士山を背景に合計約60万本のひまわりが一面に咲き乱れる。黄色やオレンジ色に染まる眺めはとてもキレイ。ひまわりの開花状況については、北杜市明野サンフラワーフェスのサイトで確認しよう。
Data 住:山梨県北杜市明野町浅尾5664
☎0551-42-1112(北杜市明野サンフラワーフェス実行委員会)
営:8:30〜17:30 ※イベント開催期間は8月21日(日)まで
駐:あり(1台500円)、入場料金:無料

潮風を感じながら浜辺を疾走

ばりろく / PIXTA(ピクスタ)

千里浜なぎさドライブウェイ(石川県)[ちりはまなぎさどらいぶうぇい]

約8㎞の“クルマで走行できる砂浜”として、人気の絶景ロード。海を間近に感じられ爽快感は抜群。24時間、無料で走行できるため、時間帯や季節ごとにいろいろな風景が楽しめる。
クルマでしか行けない度…★★★★
Data 住:石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町
休:24時間通行自由、無料(天候により通行規制あり)
※規制状況は、石川みち情報ネット(htt㎰://douro.pref.ishikawa.lg.jp/)に掲載
絶景+遊ぶ

海外のようなキレイな景色に心ときめく

kai / PIXTA(ピクスタ)

角島大橋(山口県)[つのしまおおはし]

晴れた日はコバルトブルーの海に向かって伸びる橋と海の青、島の緑のコントラストが美しい。いまや人気スポットのため、夏場は混雑が予想されるが、時間帯を工夫して一度は訪れてみたい。
クルマでしか行けない度…★★★★
Data 住:山口県下関市豊北町神田〜角島
休:無休(強風時に通行止めになる場合あり)
駐:無料(海士ヶ瀬公園:46台、瀬崎陽(あかり)の公園:24台)
晴れた日はコバルトブルーの海に向かって伸びる橋と海の青、島の緑のコントラストが美しい。いまや人気スポットのため、夏場は混雑が予想されるが、時間帯を工夫して一度は訪れてみたい。

道の駅 北浦街道 ほうほく

角島大橋を一望できる「レストランわくわく亭」で人気1位のおまかせ海鮮丼。北浦産の新鮮な魚介類をふんだんに使用した贅沢な逸品。
Data 住:山口県下関市豊北町神田上314-1 ☎083-786-0111
営:売店8:30〜18:00(季節により変動)、レストラン10:00〜18:00(LO17:00季節により変動) 休:第1・第3火曜日(季節により変動※8月は無休)
駐:無料(普通車133台・大型車5台・身障者用3台)

圧倒的なスケールの吊橋を爽快に駆け抜ける

明石海峡大橋(兵庫県)[あかしかいきょうおおはし]

兵庫県の神戸市と淡路島の間、約4㎞を結ぶ世界最大級の大吊橋。橋からの眺めのすばらしさはもちろん、時期によってデザインが変わるライトアップされた夜間の景観もオススメ。
クルマでしか行けない度…★★★★★
Data 住:兵庫県神戸市垂水区東舞子町4 ☎078-784-3396

道の駅あわじ

岩屋港で水揚げされた鮮度抜群の生しらす丼(11月末まで提供)はイチオシ。淡路島産玉ねぎがたっぷり入った淡路牛バーガーも絶品。
Data 住:兵庫県淡路市岩屋1873-1 ☎0799-72-0001
営:平日/9:30〜17:30 ※12月〜2月の平日は17:00まで 土日祝日/9:00〜17:30 駐:無料(普通車70台、大型車10台、身障者用2台)

総括

クルマで絶景ドライブを楽しもう
道がつながっている目的地なら、自由に向かえるのが、やはりクルマの最大の魅力。もちろん、公共交通機関も利用できるが、乗り換えや最寄り駅からの移動などの労力、滞在できる時間の制約などを考慮すると、クルマでの移動のほうが断然楽しめる。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ