トヨタ アクアの狙い目グレードや特徴と価格相場を紹介

中古車購入 [2020.12.01 UP]

トヨタ アクアの狙い目グレードや特徴と価格相場を紹介

トヨタ アクア

プリウスに続いてトヨタから誕生したハイブリッド専用車である「アクア」に関して、今回はグレード別に紹介していきます。

「それぞれどのような特徴があるの?」「中古で購入する場合に目安となる予算はどれくらい?」といった実際に購入を検討されている方に必要な情報を掲載していますので確認してみてください。

トヨタ アクアの歴史

プリウスが2003年のフルモデルチェンジで3ナンバー化したことに伴い、5ナンバーサイズのハイブリッド車登場が期待される中で2011年にアクアが発売されました。

ボディタイプは実用性の高い5ドアハッチバックですが、高い燃費性能が求められるハイブリッド車として、アクアも低燃費を追求したものになっています。

2011年、現行モデルとなるアクアの初代が登場しました。販売された当初は、下記の3タイプが設定されています。
・ベースグレードの「アクア L」
・装備が充実している「アクア S」
・上級グレードの「アクア G」

2013年には一部改良が行われ、上級グレードであるアクア Gにシックな室内空間を演出した「アクア Gブラックソフトレザーセレクション」を新たに追加しました。同時にアクア Lを除くグレードにスーパーUVカットガラス、助手席バニティミラー付サンバイザーを標準装備させて、快適性を高めています。

2014年にはマイナーチェンジが行われ、アクアの個性を一層際立たせることを目指した、クロスオーバースタイルの新グレードである「アクア X-アーバン」が追加されました。このとき、新意匠のリヤコンビネーションランプに加え、トヨタのコンパクトカーとしては初採用となるシャークフィン型ラジオアンテナを装備します。これにより、アクアの外観のリフレッシュと空力性能を向上させました。

2015年には、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」をアクア S、アクア L以外のグレードに標準装備させています。アクア S、アクア Lはオプションで装備することが可能です。

2017年のマイナーチェンジでは、アクア X-アーバンと入れ替わる形でクロスオーバースタイルをより進化させた新グレードとして「アクア クロスオーバー」が登場します。専用のチューニングが施されており、SUVらしいしっかりとした操舵感を追求しながら、乗り心地も向上しました。

2018年、「Toyota Safety Sense C」が改名されたことに伴い、衝突回避支援パッケージは「Toyota Safety Sense」へと変更されています。

2020年、トヨタのサブスクリプションサービスである「KINTO」から「アクア S KINTOツーリングセレクション」という月額利用が可能なグレードが誕生しました。

トヨタ アクアの中古車を探す

アクア S

アクア S スーパーホワイトII

普段使いには不自由しない装備が充実した「アクア S」

アクア Sはアクアのラインアップの中で、標準のグレードとして位置付けされているモデルです。

トヨタの先進安全機能であるToyota Safety Senseこそメーカーオプションとなっていますが、テレスコピック機能付きのチルトステアリングや分割可倒式のリアシートなど、普段使いには不自由しない装備が充実しています。

また、このグレードをベースにして「アクア Sスタイルブラック」や「アクア Sグランパー」など、さまざまな特別仕様車も販売されました。

中古で購入する際の目安となる予算

アクア Sを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2011年式:39万円~59万円
2012年式:0.9万円~125万円
2013年式:20万円~117万円
2014年式:25万円~129万円
2015年式:29万円~150万円
2016年式:55万円~159万円
2017年式:54万円~163万円
2018年式:79万円~190万円
2019年式:96万円~185万円

アクア Sの中古車は、現時点ではトータル4,000台以上が販売されています。その価格は、年式や走行距離に比例して上下しているようです。

先代モデルとの比較

第1世代(現行モデル):2011年~
アクアは登場から一度もフルモデルチェンジされていないため、2011年に発売された第1世代が現行モデルです。

下位グレードである「アクア L」の装備に加え、助手席のシートバックポケット、サンバイザーなどといった実用性の高い機能が装備されました。

上級グレードの「アクア G」と比較すると、ステアリングがウレタン製である点やクルーズコントロール機能がつかないなど、いくつかの細かい違いがあります。

アクアにそれほど高級感を求めないユーザーにとっては十分な機能が装備されているので、快適なドライブを楽しむことができるでしょう。ただし、Toyota Safety Senseについては、このグレードではメーカーオプションでの装備になります。

アクア Sの中古車は幅広い価格帯のものが販売されており、その中には20万円前後で購入できるものもあるようです。しかし、アクアはハイブリッド車であるため、通常の車両チェックに加えてモーターを駆動するバッテリーの状態にも気を付けて選ぶことをおすすめします。

エンジンは1.5L直列4気筒ターボ+モーター最高出力74ps。ボディサイズは全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmです。

人気のあるカラー

アクア Sのボディカラーは、下記の9色が設定されています。

・スーパーホワイトII
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・セメントグレーメタリック
・ブラックマイカ
・スーパーレッドV
・サーモテクトライムグリーン
・クリアエメラルドパールクリスタルシャイン
・ダークブラウンマイカメタリック

この中では、純白の「スーパーホワイトII」と、明るいシルバー色の「シルバーメタリック」と、パール塗装が施された白色の「ホワイトパールクリスタルシャイン」が人気です。

トヨタ アクア Sの中古車を探す

アクア G

アクア G グレーメタリック

上級グレードの「アクア G」

アクア Gは、基本となる3グレードの中では最上級のグレードです。

パワートレインをはじめとした走行性能こそ他のグレードと変わりませんが、アクア Sではメーカーオプションになるもの、アクア Lではオプション設定すらされていないものも数多く標準装備されています。

特に2015年の一部改良後は、トヨタの先進安全機能であるToyota Safety Senseも標準装備されるようになったため、ドライバーはひとつひとつの運転操作に集中することができるという高いメリットにつながりました。

中古で購入する際の目安となる予算

アクア Gを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2011年式:49万円
2012年式:19万円~109万円
2013年式:27万円~106万円
2014年式:36万円~121万円
2015年式:38万円~161万円
2016年式:44万円~159万円
2017年式:63万円~165万円
2018年式:82万円~187万円
2019年式:111万円~203万円

アクア Gの中古車は、アクア Sほど数は多くないものの、それでも予算に応じ豊富な選択肢から最適な1台を選ぶことができます。

先代モデルとの比較

第1世代(現行モデル):2011年~
アクア Gはアクアの上級グレードとして、装備が充実しているのが特徴です。

アクア Sやアクア Lとの最大の違いは先進安全機能の有無で、他のグレードでもオプションで装着可能ではあるものが標準装備されているというのは、高い安心材料のひとつになります。その他にも「インテリジェントクリアランスソナー」や「クルーズコントロール機能」など、安全かつ快適な運転をサポートするための機能が標準で設定されているのが特徴です。

また、革巻きステアリングやスエード調ファブリック素材のシート、アームレスト付きの運転席などアクア G専用の装備が車内空間に高級感を与え、スポーティな雰囲気を醸し出しています。

アクア Gの中古車は、現時点で1,500台以上が流通しているため、豊富な選択肢から装備が充実した1台を中古車ならではの低価格で購入することが可能です。ただし、他のグレードと同様、バッテリーの状態は特にチェックしておくようにしましょう。

エンジンは1.5L直列4気筒ターボ+モーター最高出力61ps。ボディサイズは全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmです。

人気のあるカラー

アクア Gのボディカラーは、下記の9色が設定されています。

・スーパーホワイトII
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・セメントグレーメタリック
・ブラックマイカ
・スーパーレッドV
・サーモテクトライムグリーン
・クリアエメラルドパールクリスタルシャイン
・ダークブラウンマイカメタリック

この中ではアクア Sと同様に、純白の「スーパーホワイトII」と、明るいシルバー色の「シルバーメタリック」と、パール塗装が施された白色の「ホワイトパールクリスタルシャイン」が人気です。

トヨタ アクア Gの中古車を探す

アクア L

アクア L シルバーメタリック

購入しやすい価格設定の「アクア L」

アクア Lはアクアのラインアップ中における最廉価グレードとして、購入しやすい価格設定がされています。

ベーシックグレードという位置付けのため、装備が簡略化されており、標準機能も必要最小限のため不満を感じるユーザーがいるかもしれません。その代わりにアクア Gやアクア Sから30kgも軽量化されているので、より高い燃費性能を実現させています。

設定されているボディカラーは、他のグレードと比べて少なく、3色のみの設定となっています。

中古で購入する際の目安となる予算

アクア Lを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2011年式:流通量希少により算出不可
2012年式:24万円~68万円
2013年式:19万円~88万円
2014年式:19万円~78万円
2015年式:29万円~108万円
2016年式:49万円~89万円
2017年式:49万円~99万円
2018年式:79万円~124万円
2019年式:100万円

アクア Lはアクアの中でも最廉価グレードのため、中古車価格も安くなっています。また、装備が簡略化されているためか、中古車の台数は少なめです。

先代モデルとの比較

第1世代(現行モデル):2011年~
アクア Lも、アクア Gやアクア Sと同様に2011年のデビュー当初から設定されているグレードです。

トヨタの先進安全機能であるToyota Safety Senseをはじめ、マルチインフォメーションディスプレイやステアリングスイッチなど、多くの車種で標準装備されるようになったものがメーカーオプションとなっています。さらにフロントシートのヘッドレストはシートバックと一体で、リアシートは一括可倒式と、他のグレードより明らかに装備は劣るのが特徴です。

その一方、アクア Lは装備こそ簡略化されていますが、パワートレインやサスペンション方式などは他のグレードと変わらないので、軽量化された分燃費性能は向上しています。

このグレードの中古車は、現時点において400台程度と、アクア Sの中古車の1割しか流通していません。レンタルアップや社用車として使用されていたものなど、その多くは良好な車両コンディションが期待できますが、装備が十分でない点はやはり大きな弱点です。営業車など割り切った用途でない限り、装備の充実したグレードを購入するのが得策かもしれません。

エンジンは1.5L直列4気筒ターボ+モーター最高出力74ps。ボディサイズは全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmです。

人気のあるカラー

アクア Lのボディカラーは、下記の3色が設定されています。

・スーパーホワイトII
・シルバーメタリック
・ブラックマイカ

この中では、純白の「スーパーホワイトII」と、明るいシルバー色の「シルバーメタリック」が人気です。

トヨタ アクア Lの中古車を探す

アクア X-アーバン

アクア X-アーバン フレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック

2017年まで設定されていたクロスオーバースタイルの「アクア X-アーバン」

アクアは幅広い層から支持を得るため、ボディスタイルは無難なデザインになっています。アクア X-アーバンはそのアクアに個性をもたせ、クロスオーバースタイルの新グレードとして、2014年にマイナーチェンジが行われた際に追加されました。外観上のモディファイを中心として、SUVライクなエクステリアが特徴です。

なお、アクア X-アーバンは、2017年のマイナーチェンジで新たに設定された「アクア クロスオーバー」にその座を譲る形で、ラインアップから消滅しています。

中古で購入する際の目安となる予算

アクア X-アーバンを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2014年式:65万円~112万円
2015年式:54万円~149万円
2016年式:89万円~166万円
2017年式:120万円~139万円

現時点で確認できたアクア X-アーバンの中古車は、300台弱でした。価格帯は幅広く、必ずしも年式に応じた価格にはなっていないようなので、コンディションの事前チェックはしっかり行いましょう。

先代モデルとの比較

第1世代:2014年~2017年
都会的なセンスのクロスオーバーとして、アクアが初めてマイナーチェンジされた際に登場したのが、アクア X-アーバンです。

フロントグリルが専用デザインとなるとともに、サイドマッドガード・ルーフモールなどエクステリアパーツや16インチの専用アルミホイールが標準で装着されています。これらの装備により、クロスオーバーらしいアクティブなイメージが強調されました。

クロスオーバーとしての特徴は、デザインだけでなく全高にも現れており、専用のサスペンションを採用することで最低地上高が20mmアップされています。

アクア X-アーバンは生産終了から3年ほど経過しているため、中古車のコンディションチェックで特に注意したい箇所は、ハイブリッド車の特徴であるバッテリーの状態が主になるでしょう。

2017年以降は、アクア クロスオーバーという、X-アーバンと同様のコンセプトをもつグレードが販売されています。こちらはより新しい年式の中古車になるので、クロスオーバーの雰囲気をもつアクアが欲しいユーザーは、こちらを選択肢に加えてもいいでしょう。

エンジンは1.5L直列4気筒ターボ+モーター最高出力74ps。ボディサイズは全長4050mm×全幅1695mm×全高1490mmです。

人気のあるカラー

アクア X-アーバンのボディカラーは、下記の11色が設定されています。

・ブラックマイカ
・スーパーホワイトII
・グレーメタリック
・イエロー
・フレッシュグリーンマイカメタリック
・クールソーダメタリック
・シルバーメタリック
・スーパーレッドV
・ブルーメタリック
・ライムホワイトパールクリスタルシャイン
・オレンジパールクリスタルシャイン

この中では、ほんのりとライムグリーンを感じるパール塗装を施した白色の「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」が人気です。

トヨタ アクア X-アーバンの中古車を探す

※本記事は、2020年11月時点の情報になります。現在の相場価格と異なる可能性がございます。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました