中古車購入チェックポイント
掲載日:2022.06.30 / 更新日:2022.06.30

おすすめの中古車の探し方とは?車を見るときのポイントについて解説

車を買い替える、新しくマイカーを購入するにあたって中古車を探している方もいるでしょう。中古車の探し方にはいろいろな方法があります。その中には初心者でも比較的手軽に利用できるものもあれば、ハードルの高いものもあります。

ここでは、初心者にはどの探し方がおすすめかについて見ていきますので、参考にしてください。

今ではネットを使って簡単に探すことも可能です。ただし、欲しい車をピンポイントで見つけるためには押さえておきたいポイントがありますので、こちらも紹介していきます。

中古車の探し方はいくつもある

中古車の探し方にはいろいろな方法があります。それぞれに異なる特徴がありますので、ここでは主要な方法についてピックアップしました。

中古車販売店に行く方法以外にも、様々なアプローチが考えられます。初心者におすすめの方法とそうではない方法がありますので、これから探す際の参考にしてみてください。

中古車提案サービス

手軽に欲しい中古車を見つけるために、おすすめな探し方としては「中古車提案サービス」というものがあります。

これは名前や電話番号の他に、希望する車に関する情報を入力するだけで利用可能です。必要事項を入力すると、希望の条件に該当する車を業者のほうで提案してくれます。

ネットでできるので、自宅でいつでも利用可能なのがおすすめポイントです。

中古車提案サービスの中には、大手の中古車販売店と提携しているところもあります。ネットや店頭で出していない、非公開車両の中から探してくれるのもおすすめの理由です。

自分で探しても見つからないような、状態のいい車両に出会えるチャンスがあります。ざっくりした希望でも、ぴったりの車をプロが見つけてくれるでしょう。

中古車検索サイト

「中古車検索サイト」を利用して探す方法もあります。

これはメーカー、車種、グレードなどの条件を入力すれば、合致する車両情報が表示されます。また、予算で候補を絞り込むことも可能です。

ある程度ほしい車の条件が絞り込まれているのであれば、こちらのサービスを利用しましょう。販売価格も表示されるので、どのお店で購入すればよりお買い得かも分かります。

ただし、ネットに表示されていた車がすでに「売約済み」の場合もありますので注意してください。目ぼしい車が見つかったら、そのお店に問い合わせましょう。

販売店

販売店で中古車を探すのは一般的な方法でしょう。直接車を見られるというメリットがあります。

ネットで欲しい車が見つかっても、実車を見ると思ったほどでは…ということも起こりえます。そのため、ネットで調べても、販売店に行って実物を見てから購入するかどうか判断したほうがいいでしょう。

販売店に行った場合、試乗ができることが多いのもおすすめなポイントです。見た目はいいけれども、乗り心地があまり良くないというケースもあります。実際に運転してフィーリングが合うか、性能がどうかを確認しましょう。

中古車専門の販売店だけではなく、ディーラーでも中古車を取り扱っているので、近くの店舗に足を運んでみてください。

個人間売買は車の状態を見極めるのが難しい

個人間売買で中古車を探す方法もあります。ネットオークションやフリマアプリなどで車が出品されるケースもあります。

個人間売買の場合、お店では手に入らないような低価格で購入できるかもしれません。それは売主と買主が直接交渉するので、中間マージンが発生しないためです。

しかし、個人間売買で中古車を探す方法は初心者にはあまりおすすめできません。まず現状渡しになるので、車に乗った直後にトラブルが発生する恐れがあります。

売主も気づいていなかったトラブルが起こる可能性もあるため、購入する側も相当の目利きでないと、車両の状態を正しく判断できません。そのため難易度は高いと言えるでしょう。

オークション代行は初心者向けではない

中古車販売店が売り物の中古車を調達する方法として、業者オークションがあります。業者しか参加できないオークションで、買い取られた車がいろいろと出品されます。

基本的に個人がこのオークションには参加できません。しかし、オークション代行業者を通せばオークションに参加でき、中古車の購入も可能です。

具体的には業者に希望する車の条件を伝えます。そして業者がオークションに参加して、予め決められた予算の範囲内で入札を行う仕組みです。

しかしこの場合、購入する前に実車の確認ができません。そのため、「予想していたのとだいぶ違う車が納車された」ということになる可能性もあります。そのため、初心者にとってはハードルの高い探し方になるでしょう。

中古車をインターネットで探す際のポイント

今ではインターネットを利用して、中古車探しが簡単にできるようになりました。ただし、ネットで自分が希望する中古車に出会えるかどうかは、使い方次第です。

中古車をインターネットで探すのであれば、条件の絞り込みがポイントになります。どのように探せばいいか、ここで詳しく見ていきます。

予算で絞り込もう

中古車検索サイトを見てみると、予算を入力できるものが多いです。予算で絞り込めば効率的に中古車を探すことができます。

中古車の中でも数十万円で購入できるものもあれば、300万円前後かかるようなものもあります。予算をどうするか決めると、購入できる車がだいたい固まるでしょう。

200万円や300万円も出せば、新車に近い高年式の中古車が購入できます。一方、100万円を切る予算であれば、10年落ちなど低年式の中古車が多いです。

もし自分が当初想定していた予算で欲しい車が見つからなければ、自動車ローンを組むのも一考です。ただし、ローンを組むのであれば、無理のない返済計画を立てましょう。

走行距離で絞り込む

走行距離を入力して、中古車を絞り込むのも一つの方法です。

基本的に走行距離が延びるほど、パーツの摩耗が進んでいて不具合が発生するリスクが高くなります。極力メンテナンスコストを抑制したければ、走行距離50,000~60,000kmを目安に検索しましょう。

走行距離100,000kmを超えてくると価格は安いかもしれませんが、部品交換をいろいろしなければならず、購入後の費用がかさむ恐れがあります。

また、走行距離と年式の関係もチェックしておきましょう。年式の割に走行距離が少なすぎる車は、長年放置されていて故障リスクが高いです。

大体、年間10,000km前後が理想的な使われ方と言われています。走行距離で絞り込む際には、年式も併せて確認してください。

人気のボディカラーのチェックを外す

中古車を買うなら、状態のいい車をリーズナブルな価格で購入したいと思うでしょう。その場合、ネットで検索する時に人気のボディカラーを外して検索するのがおすすめです。

人気車種は需要が高いので、高値で販売される傾向が見られます。ボディカラーの中でも人気の高いものは、ホワイト、ブラック、シルバーといったベーシックな色です。

このようなカラーを外して検索すれば、比較的状態が良好でお得な価格で販売されている中古車に出会いやすいです。

ボディカラーだけでも中古車の場合は販売価格が数十万円異なることも珍しくありません。

また、人気車種を外して、そのライバル車種で絞り込む方法もおすすめです。掘り出し物が見つかる可能性もあります。

欲しい装備で絞り込む

ネットで中古車を探す際、装備などの条件で検索することも可能です。もしリーズナブルな価格の中古車を探すのであれば、装備の条件も外してみてください。

メーカーオプションのついた中古車は、そうでない車と比較して高値になりがちです。また、本革シートやカーナビつきの中古車も人気なので、高値がつく傾向が見られます。

どうしてもつけておきたい装備があれば、それだけで検索するといいでしょう。

ただし、欲しい装備は後で取り付けられるものもあります。例えばカーナビなどはカー用品店で安価に購入できるものもあるかもしれません。後付けと装備済とではどちらのほうがお買い得か検討しましょう。

欲しい車が見つかったら見積もりを依頼する

中古車検索サイトでいろいろな中古車を探して、目ぼしい車が見つかったら、見積もりを依頼しましょう。

中古車検索サイトの多くは、車両情報のページから見積もり依頼をすることが可能です。「見積依頼」のボタンをクリックすると、申し込みフォームにアクセスできます。自分の情報など必要事項を入力すれば、オンライン見積もりがその場でできます。

中古車を購入するにあたり、本体価格の他にも諸費用が発生します。トータルの価格が自分の想定している予算内に収まっているか確認してみましょう。

また、1つのお店だけではなく、他のお店にも見積もり依頼をするのがポイントです。他店の見積書を取り寄せておくと、商談時の値引き交渉に使えるかもしれません。

お店で中古車を探す際のポイント

ネットでほしい車が見つかった場合、遠方の場合を除き、極力お店に行って実物を見るようにしましょう。

近くに販売店がある場合、ネットでチェックせずにいきなりお店に行くこともあるかもしれません。

ここからは、お店で中古車を探す場合に押さえておきたいポイントについてまとめました。また、中古車探しはお店の選び方に左右されると言われるので、お店の探し方についても見ていきます。

実車の確認はすべき

ネットで欲しい車が見つかっても、実車を見ずに購入するのはおすすめできません。

中古車検索サイトでは、中古車の画像が掲載されていることがほとんどです。この画像はお店が提供しているので売れるように見栄えをよく見せようとしている可能性があります。傷や不具合が発生している部分が映らないように撮影しているかもしれません。

ネットだけで中古車を購入すると「思っていたのと違った…」ということが起こる可能性もあります。欲しい中古車が見つかったら、お店に足を運んで実物を見てみましょう。

お店で確認するためにも、あまり広範囲で車を探すのはおすすめできません。自分の住んでいる都道府県、遠くても隣接する県に限定して中古車を探しましょう。

まだ欲しい車が決まっていないなら中古車販売店に行く

「中古車を購入したいけれども、どれにすればいいか分からない」という方もいるでしょう。その場合、ネットで検索せずに、お店に行って実物を見るのもいいかもしれません。

具体的なイメージが固まっていないのであれば、中古車販売店に行くのがおすすめです。中古車販売店の場合は多様なメーカーと様々なボディタイプの中古車を扱っているからです。

また、中古車販売店には個人経営のところから大手までいろいろな規模のお店があります。個人経営だと扱っている車が限定されることもあるため、日本全国に展開している大手のほうが、取り扱っている台数も多くておすすめです。

より自分に合った車両に出会えるチャンスが増えますので、近くの大手のショップに行ってみましょう。

メーカーが決まっているのであればディーラーに行く

すでにメーカーを決めているのであれば、近くのディーラーで探してみるのも一考です。

ディーラーでは新車だけではなく、自分のメーカーの中古車も取り扱っている場合が多いです。ただ、中古車であってもディーラーの場合はリーズナブルな価格で購入するのは難しいかもしれません。

しかし、敷地内に整備工場を抱えていて、メーカーの車両を熟知しているメカニックが車のメンテナンスをしています。そのため、状態の良好な中古車が購入できます。

またディーラーで取り扱っている中古車には、保証がついていることが多いです。ディーラー保証は手厚い傾向が見られます。

「ひいきにしているメーカーがある」「多少値が張っても安心して運転できる中古車を探している」ということであれば、ディーラーの中古車がおすすめです。

優良店の探し方のポイント

納得できる中古車が見つかるかどうかは「どのお店で購入するか」にかかっているとよく言われます。

中古車販売店のほとんどがきちんとした営業をしていますが、一部いい加減な誠意のないお店もあるのもまた事実です。そういったお店で購入しないために、優良な販売店の特徴についてまとめました。

お店に足を運ぶ際には、以下の項目を参考にしてお店を選んでください。

スタッフの接客態度

お店に入った時、スタッフがどのような態度で接客しているか注意して見てみましょう。

この時に自分を担当している以外のスタッフの態度を確認します。担当外のお客さんでも目が合ったりすれ違ったりした時に、きちんと挨拶できていれば社員教育が行き届いていると推測できます。優良店であれば、どの店員さんも親切丁寧に応対してくれるでしょう。

中古車販売店で車を購入して、何か不具合があった時にはお店に相談することになります。もし印象が良ければ、何か不具合があった時でも気軽に相談できるでしょう。

お店の人と話をしてみて印象が悪いと感じたのであれば、そのお店で購入するのは避けたほうがいいです。

店内をチェック

店内の隅々まで掃除が行き届いているかどうかで、優良店かどうか判断できます。店内の掃除がきちんとしていないと、車のメンテナンスもいい加減な可能性が高いです。

店内だけでなく、敷地内の屋外も雑草をこまめに抜いているかなどチェックしてみてください。

また、店内のレイアウトが分かりやすいかどうかもポイントです。分かりやすくしているのは、それだけお客さんの立場に立ってレイアウトしている証拠といえます。

お店が清潔で展示車の見やすさを重視しているかどうかも、優良店を探す際のポイントの一つです。

試乗ができるか

中古車の状態や乗り心地を確認するために、試乗できるかどうかもお店の見極め方のポイントとなります。

優良店であれば、スタッフから試乗をすすめてくる場合が多いです。試乗をすすめてくるのは、それだけ販売している中古車の状態に自信を持っている証拠です。

一方で理由をつけて試乗を認めないお店も一部あります。どのような理由であっても、突き詰めていけば車の調子に自信がないからと考えられます。そのようなところで中古車を購入しても、すぐに不具合が起きる危険性が高いです。

試乗をすすめているお店の場合、試乗時に何か不具合があれば納車前に整備してもらえるでしょう。試乗した時に異音がするなど何か気になることがあれば、遠慮なく店員さんに伝えてください。

ホームページをチェックする

気になる販売店があれば、そのお店のホームページをチェックしてみてください。今では多くのお店がWebサイトを持っています。

ホームページを見る際は、どの程度の情報量が掲載されているか確認しましょう。まず販売している中古車の情報が詳しく掲載されているか、画像を載せているかを見ます。

また、スタッフの顔写真などもアップしている店舗もおすすめです。実際にお店に行った時にどんな人がいるのか予め分かっていれば、不安も払拭できるでしょう。

お客様の声を載せているかどうかもチェックポイントの一つです。実際に利用したお客さんの口コミが載っていると、より信頼感も高まります。

まとめ

①中古車の探し方は、インターネットとお店で見つける方法がある

②個人間売買やオークション代行は、リスクが大きいのでおすすめできない

③ネット検索の際には、希望する条件で絞り込む

④お店で探す場合、信頼できる店舗かどうかチェックすることも大事

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ