車のニュース[2015.08.27 UP]

日本初のクリーンディーゼルハイブリッドモデル「S 300 h」 【メルセデス・ベンツ】「Sクラス」のラインナップに新モデル追加

Sクラス ユニット・コンパス/Goo-net編集部

 メルセデス・ベンツの最上級セダン「Sクラス」のラインナップに、「S 300 h」が追加され、8月27日より販売が開始された。日本市場にはじめて導入されるクリーンディーゼルハイブリッド搭載モデルで、スタンダードモデルのほか装備の充実化を図った「エクスクルーシブ」と後席の居住性を高めた「ロング」が用意される。いずれも右ハンドル仕様のみ。価格は、998万円(S 300 h)、1270万円(S 300 h エクスクルーシブ)、1340万円(S 300 hロング)。

 パワートレインは、最高出力204ps/3800rpm、最大トルク51.0kg-m/1600〜1800rpmを発生させる2.2L 直4 DOHC 直噴ディーゼルターボ「BlueTEC」エンジンと最高出力27ps、最大トルク25.5kg-mを発生させる電気モーターに、7速ATを組み合わせている。最新のV8ガソリンエンジンと同等の太いトルクが、力強い加速を実現。

 基本的にはモーターのみで発進するため、Sクラスらしい静粛性も保たれる。中・高速での巡航時にアクセルペダルをオフにすると「セーリング機能」が作動。トランスミッションのクラッチを切ってドライブトレインからエンジンを切り離すことで走行抵抗を減らし、燃費を向上させる。JC08モード燃費は20.7km/L(ロングは19.5km/L)で、全モデルがエコカー減税の優遇対象となる。

 安全性と快適性を高める「インテリジェントドライブ」を標準で装備する。フロントウインドウ内側のステレオカメラと6個のミリ波レーダー(短距離レーダー4個、中・長距離レーダー1個、マルチモードレーダー1個)からなる複合的なセンサーシステムで、クルマの周囲360度をカバー。先行車両、横切る車両、対向車、歩行者などを検知し、状況によってアクセルやブレーキ、ステアリングを自動アシストする「部分自動運転」を実現している。また、全車速追従機能付きACC、後方死角検知警告機能、車線逸脱警告機能などをパッケージ化した先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備している。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント