マツダ、ル・マン優勝30周年を記念してメモリアルサイトを開設 プレゼントキャンペーン開催中の記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 車のエンタメ > モータースポーツ > マツダ、ル・マン優勝30周年を記念してメモリアルサイトを開設 プレゼントキャンペーン開催中

モータースポーツ [2021.06.24 UP]

マツダ、ル・マン優勝30周年を記念してメモリアルサイトを開設 プレゼントキャンペーン開催中

第59回ルマン24時間レース_1991年 787b

第59回ルマン24時間レース_1991年 787b

 2021年6月23日、マツダは1991年に開催されたル・マン24時間レースでの優勝から30周年を迎えた。この30周年を記念して、同社はマツダの歴史、技術、人を紹介するスペシャルサイトを開設した。

ルマン優勝30周年メモリアルサイト

マツダの新車見積もりはこちら

マツダの中古車一覧はこちら

日本のメーカーとして初、また唯一のロータリーエンジンメーカーとしての総合優勝

  • 1991年優勝台

    1991年優勝台

  • 1991年優勝トロフィー

    1991年優勝トロフィー

 マツダは、世界で最も権威ある耐久レースであるル・マン24時間レースで優勝し、日本のメーカーとして初めて、また唯一のロータリーエンジンメーカーとして、総合優勝を果たした。

「昨年、マツダは創業100周年を迎えたが、創業以来絶え間なく新しいことに挑戦してきた。ロータリーエンジンを実用化し、その技術で耐久レースの最高峰であるル・マン24時間レースを制覇したことは、独創的な解決策を見出すマツダの姿勢を象徴している」と、マツダ専務執行役員の毛籠 勝弘(もろ まさひろ)氏は述べた。

 マツダは1970年に初めてル・マンに参戦し、1984年には小型のローラT660でクラス優勝を果たしたが、1991年の総合優勝は常に最高の目標だった。1991年、マツダは3台のマシンを参戦させ、2台の787Bが1位と6位、787が8位となった。優勝したマシンは、イギリス人のジョニー・ハーバート、フランス人のベルトラン・ガショー、ドイツ人のフォルカー・バイドラーがドライブし、有名な8.5マイルのサルトサーキットで362周(約4,923km)を走破した。

公開中のメモリアルサイトコンテンツ

ルマン参戦車両イラストレーション

ルマン参戦車両イラストレーション


■マツダ787Bに搭載された、レース用ロータリーエンジンの変遷を辿る。
R26B 4ローターロータリーエンジン

■「ミスタ―ルマン」と呼ばれ、マツダのルマン挑戦を支えてきた寺田陽次郎氏。勝利に向け尽力してきた「チーム力」を紹介する。
ミスタールマン 寺田陽次郎と マツダ多国籍チーム

■マツダ公式オンラインショップ「MAZDA COLLECTION ONLINE SHOP」
ル・マン優勝30周年を記念したコレクション「MAZDA 787B 30TH COLLECTION」が販売開始した。
「MAZDA COLLECTION ONLINE SHOP」

Twitterプレゼントキャンペーン

ルマン24時間レース総合優勝から30年を記念してプレゼントキャンペーンを開催中。合計33名様にグッズをプレゼント。
https://www.mazda.com/ja/innovation/lemans30th/present/

■応募受付開始:2021年6月23日(水)〜 応募締め切り:7月16日(金)17:00
■応募方法
STEP 1 マツダのTwitterアカウント( @Mazda_PR )をフォロー。
STEP 2 ご自身のアカウントから対象期間中に、ハッシュタグ「#Mazdaルマン30thプレゼント」をつけて、マツダのルマン挑戦や優勝へのメッセージをツイートして応募完了。

マツダの新車見積もりはこちら

マツダの中古車一覧はこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る