新型車比較・ライバル車対決[2020.06.30 UP]

TOYOTA 新型ヤリスクロス対キックス e-POWER ライバルモデル比較

NISSAN キックス e-POWER

武器はe-POWERのみにあらず。 こなれた実用性能にも注目

 ジュークの後継として、ついに日本にも導入されたキックス。海外専用モデルとして開発された経緯があるが、新たにe-POWERや最新の安全運転支援機能を武器に投入されることになりそうだ。実用性の高さも注目したい部分。全長4.3m級の手頃なボディサイズや、2プラス2的な実用性しかなかったジュークに対して長いキャビン長が与えられるなど、国内市場との相性も良さそう。ファミリー&レジャー向けのコンパクトSUVとして、新たな軸となる可能性は高く、ヤリスクロスにとって最大のライバルとなる可能性も。

ヤリスクロスVSキックス e-POWER

チェック1 キャビン& 荷室比較

普段使いで不便に思うシーンは少ないはず
 キックスのホイールベースはヤリスクロスよりも長く、頭上の圧迫感を抑えたルーフ処理やウインドウデザインから後席の居住性は多少上回りそうだ。荷室容量に関しては同等もしくは僅差といったレベルであり、4名乗車でもロングドライブに不足はなさそう。ただし、レジャーなどでの積載性は両車とも厳しそうだ。

チェック2 走り&パワー トレーン比較

電動走行の味付けは異なるはず悪路対応力は互角だろう
 両車とも看板となるハイブリッド車については、ヤリスとノートの違いがそのまま当てはまると予想できる。ヤリスクロスは余力感と高速燃費、キックスは低中速の小気味よさと電動感覚がアピールポイントになるだろう。最低地上高から見た悪路対応力はキックスに分があるが、サス形式や4WDシステムの有無なども気になるところだ。

チェック3 機能& 装備比較

安全運転支援機能はクラストップの実力を持つ
 ヤリスクロスのACCが停車保持全車速型で、キックスにもプロパイロットが装備されるならば先進運転支援機能はほぼ同等だろう。現状、制御精度や運転感覚との親和性の比較はできないが、同系システムを採用した最新モデルの両車なので、両車とも安全&運転支援機能に関しては、クラストップの性能なのは間違いないだろう。

VS ライバル キックス e-POWER編

最大のライバルになる可能性大 決め手になるのは価格だろう

 執筆時点でキックスの国内向け仕様は未発表。そのため海外仕様からの推測となってしまうが、適応用途も含めた実用性が海外仕様と大きく異なることはないだろう。つまり、ファミリー&レジャー向けのコンパクトSUVとしてバランスがいい。両車とも未試乗なので走りの評価はできないが、ハイブリッド車とe-POWER車で検討すれば燃費ではヤリスクロスが勝るだろう。その他の側面でも好勝負となりそうなので、価格設定が最終評価の決め手になるはずだ。

執筆時点でキックスの国内向け仕様は未発表。そのため海外仕様からの推測となってしまうが、適応用途も含めた実用性が海外仕様と大きく異なることはないだろう。つまり、ファミリー&レジャー向けのコンパクトSU

Volkswagen T-Cross

今年の春に日本上陸を果たしたTクロスは、ポロをベースに開発されたB-SUV。エンジンは116PS/20.4kgmを発揮する1Lターボ。後席スライド機構も備えるなど乗員/荷室のバランスの良さも見所の一つ。

Peugeot 2008

2代目となるプジョー2008も今年日本上陸が噂されるB-SUV。本国仕様は最新の車載ITや強力な運転支援システムが搭載されるなど先進機能を大幅に強化。日本でも大いに人気を集めそうだ。

CitronC3エアクロスSUV

近年、クロスオーバーSUVに力を注いでいるシトロエンの最新B-SUV。モダンな内外装に加え、ゆとりあるキャビン設計の採用など実用性にも優れる。パワートレーンは1.2L3気筒ターボ(110PS/205Nm)を搭載する。

欧州B-SUVのニューモデルも 日本国内で続々とデビュー

 B-SUVは欧州市場のトレンドの一つであり、日本に導入もしくは導入予定モデルを抜き出しても、VWのT-Cross、プジョー2008、シトロエンC3エアクロスなど増加傾向にある。スモール2BOXをベースにSUV化と同時にキャビンユーティリティの向上を図るという経緯はヤリスクロスと同じであり、成り立ちでは国産車よりも、これらの輸入車のほうが近いライバルと言える。  ただし、B-SUVはFF車のみの設定も少なくない。VWには4WDを採用したT-Rocが、本年度にも輸入される予定だが、T-Rocはゴルフベースで開発されたSUVで車格も価格も1クラス上回る。サイズ的には全長4234mm(海外仕様)と大きな差はないが、コンパクトSUVに悪路踏破性を求めるユーザーにとっては、サイズよりもコスパがウイークポイントになるかもしれない。

日本上陸が目前のフォルクスワーゲン・T-Roc。車格的には1つ上になるCセグSUVだが、価格次第ではヤリスクロスとも競合関係になる可能性が高いだろう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント