車の動画[2020.05.22 UP]

【マツダ プレマシー】CW系 20C-スカイアクティブ グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはマツダのプレマシーの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

スタイリッシュなデザインに、広々とした室内が魅力的。
多彩なシートアレンジでファミリーカーとして
多くの支持を集めてきた、マツダ プレマシーのご紹介です。

型式:DBA-CWFFW
長さ 4585mm
幅  1750mm
高さ 1615mm

携帯リモコンでの操作で、
離れた場所からでも全ドアの解錠・施錠ができます。
また、リモコンを携帯した状態であれば、
ドアのリクエストスイッチを押して
全ドアの解錠・施錠が可能です。

アドバンストキーのリモートコントロール機能を使い、
後席の電動スライドドアの開閉もできます。
また、動作中にリモコンを操作すると
動作を途中でストップさせることも可能です。
さらに、ドアが半ドアの場合、自動でドアが閉まるのを
補助するイージークロージャーも装備されています。

リモコンキーを携帯していれば、
施錠された状態でもリヤゲートを開くことができます。
また、リヤゲートのリクエストスイッチを押すと
全ドアの施錠か可能です。

エンジンスイッチは運転席の右側にあります。
リモコンを携帯してブレーキペダルを踏み、
ノブを回すとエンジンが始動。
合わせてメーター類も起動します。

ステアリングの左側には、オーディオや
インフォメーションディスプレイを操作する
スイッチがあります。

ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側には、方向指示器・ライトスイッチがあります。

運転席の右下にスイッチが配置されています。

左側に、運転席から電動スライドドアを操作できる
スイッチが設置されています。
電動スライドドアメインスイッチがオンの状態の時に、
操作したいドア側のスイッチを押すと、
自動でスライドドアが開閉されます。
スライドドアを手動でのみ開閉させたい時は、
電動スライドドアメインスイッチを押してOFFの状態にします。

その右隣には、ヘッドランプの光軸を上下に調整する
ダイヤルが配置されています。

運転席右上には、
運転支援に関わるスイッチが配置されています。

左側のスイッチは、
燃費向上を支援する機能を停止させるスイッチです。
押すと、メーター左側に表示灯が点灯します。

右のスイッチは車両の横滑りを抑制する機能を
停止させるスイッチです。
押すと、i-stop同様にメーター左側に表示灯が点灯します。

ナビゲーションシステムの下部分には、
フルオートエアコンを設置。
オート運転が可能で、左のダイヤルで風量、
右のダイヤルで温度を設定できます。

セレクトレバーは操作ミスの少ないゲート式を採用。
Mに入れるとマニュアルモードの運転が可能です。

フロント全体を明るく照らすマップランプ。
メガネやサングラスを入れられる
オーバーヘッドコンソールも付いています。

サンバイザーにはバニティミラーが付いており、
身だしなみのチェックに便利です。

フロントドアのポケットとボトルホルダーは深さがあり、
出し入れしやすいのがポイントです。

運転席まわりの様々ところに、小物入れが配置されています。

セレクトレバー下の小物入れは、
電源ソケットが隣についています。

フロントのカップホルダーは助手席横についており、
サッと起こして使います。

助手席正面には、インパネトレイ。
その下には、車検証や説明書などを入れるのに
ちょうどいいグローブボックスがあります。

フロントシート裏にあるシートバックポケットは、
地図やパンフレットなどを入れるのに適しています。

2列目シートのストラップを引いて
シートクッションを引き上げると、
中央席のシートクッションをしまうことが可能です。
そしてもう片方のクッションを引き上げると
収納ボックスがあり、カップホルダーも付いています。
カバーを取り外せば、
中にペットボトルなども入れることができます。

3列目シートのカップホルダーは、
サイドトリムに左右1つずつ設置されています。

中央席のシートクッションをしまい、
アームレストを倒して横に引き起こすことで、
サードシートへの乗り降りができます。
また、2列目シート横のレバーを引き上げると
背もたれが前に倒れ、シートをスライドさせて
外から直接乗り降りすることもできます。
さらに、2列目シート裏の下にあるベルトを引いて
スライドさせることも可能です。

関連情報

車種別動画カタログ


ラゲッジルームは開口幅が広く、シートアレンジなしでも
普段の買い物に使える広さを確保しています。

ラゲッジルーム右側にランプを配置。
暗がりでの視界をサポートします。

ラゲッジ右側にあるサイドリッドのカバーを取り外せば
スペースが広がり、幅のある荷物も積むことができます。

反対側のカバーを取り外すと、ジャッキが格納されています。

トランクボードを開けると、さらに収納スペースがあります。
中には緊急時に役立つ工具やタイヤパンク応急修理キットも
格納されています。

後席をアレンジすることで、荷室を広げることができます。
シート裏のストラップを引くと、
簡単に背もたれを倒すことが可能。
さらに、2列目シートのシートクッションを引き上げ、
中央席のシートクッションをしまうと、
シート横のレバーを引いて背もたれを倒せます。
隣の席も同様に倒せば、
後席全体がフラットなラゲッジスペースになります。
状況に応じた多彩なシートアレンジができるのがポイントです。

切れ長な形が印象的なヘッドランプ。
夜間や視界の悪い道での視界確保をサポートします。

ハイマウントストップランプはLEDを採用。
視認性の高い光で車両の存在をまわりに知らせます。

豊富な収納スペースで、ファミリーユースに適した一台。
マツダ・プレマシーのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント