車種別・最新情報[2020.04.04 UP]

マツダ、登録乗用車全車種に「100周年特別記念車」を設定

マツダは4月3日、登録乗用車全車種【マツダ2、マツダ3(ファストバック/セダン)、マツダ6(セダン/ワゴン)、CX-3、CX-30、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RF】に、「100周年特別記念車」を設定し、同日から予約受注(マツダ6の予約受注は5月以降を予定)を開始した。販売期間は2021年3月末まで、発売時期はマツダ2、マツダ3、CX-3が6月以降、CX-30、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RFが7月以降、マツダ6が9月以降を予定している。このモデルは、今年1月30日にマツダが創立100周年を迎えたことを記念したモデルで、1960年に発売したマツダのクルマづくりの原点となるマツダ初の乗用車「R360 クーペ」をモチーフに、赤と白のコンビネーションカラー、100周年のスペシャルロゴを配した特別な装備などを採用している。また、このモデルは、順次グローバルに導入していく予定となっている。

この記事の目次

ラインナップ・車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:オープンカー ボディタイプ:コンパクトカー ボディタイプ:ステーションワゴン ボディタイプ:セダン ボディタイプ:SUV・クロカン 国産車 新車 特別仕様車
MX-5(ロードスター)100周年特別記念車(左)、R360 クーペ(右)

MX-5(ロードスター)
創立100周年記念バッジ

創立100周年スペシャルロゴを配したセンターホイールキャップ付きアルミホイール

キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印)

マツダ3

シートのヘッドレスト(創立100周年スペシャルロゴ刻印)

フロアマット(創立100周年記念バッジ付き)

CX-5

【100周年特別記念車の主な内容】

ラインナップ・車両本体価格

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント