車の動画[2019.08.06 UP]

ダイハツ ウェイク(DAIHATSU WAKE) グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説


こちらはダイハツのウェイクの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

ウェイクは見晴らしの良さや大きな室内空間を実現し、キャンプやサーフィンなどレジャーに最適な仕様や装備が充実していて、レジャー志向のユーザーを中心に好評となっている。 
スマートアシストスリーを搭載。さらにパノラマモニターを採用し、安全性能を向上させた。  

長さ 3395mm

幅 1475mm

高さ 1835mm

キーフリーシステムにより、電子カードキーを携帯していれば
ドアハンドルのスイッチを押すだけで施錠・解錠が行えます。

また、車から一定の範囲内にいれば電子カードキーの操作で施錠・解錠ができます。

後席のスライドドアも車を解錠した状態で電子カードキーの操作をすれば簡単に開け閉めができます。

エンジン始動はブレーキを踏みながらスイッチを押すだけの簡単操作です。

メーター部の色の状態でエコドライブを確認できます。グリーンが燃費がいい状態です。

運転席からもスライドドアの開閉がスイッチ操作で簡単に行えます。

スマートアシストスリーの機能を停止するオフスイッチ。

クルマの横すべりを抑える機能のオフスイッチ。

オートハイビームスイッチはランプスイッチと合わせて使用します。

eco IDLE OFFスイッチで、アイドリングストップシステムの作動を止められます。

ステアリングの左側にはオーディオを操作するスイッチ。

右側には方向指示レバー・ランプスイッチがあり,
車線変更時に便利なワンタッチターンシグナル機能を搭載しています。

フロントパーソナルランプは明るいLED

リヤパーソナルランプもLEDで、後席は3箇所のLEDライトで明るい空間になります。

バックドアについているリヤアンダーミラーは車後ろの死角を映します。

警告灯でシートベルト着用を促し、安全を確保します。

オートエアコンはプッシュ式で、温度調節以外はボタンを押すだけで操作可能。
設定温度などがひと目でわかる液晶付きです。

エアコン下にはアクセサリーソケットとUSB端子、HDMI端子が付いています。

運転席のドアポケットはボトルホルダー付き。

カップホルダーはインパネ一体型で安定感抜群。

その下には手を伸ばしやすい位置にサイドトレイ

その横にはインパネアンダートレイが装備されています。

中央のエアコン下にはインパネセンタートレイ

助手席のインパネトレイは大きく、収納力抜群

助手席のカップホルダーもインパネ一体型

深さのあるグローブボックスは車検証などの収納に最適です。

運転席と同様ボトルホルダー付き

ショッピングフックはちょっとした買い物の時に便利

フロントのアームレストは小物入れに便利な収納付き。

運転席シート左にはカード類を入れるのに最適なポケットがあります。

助手席にはアンダーボックスがあり、
ストラップを引けば簡単に収納スペースが現れます。

シートバックポケットは雑誌を収納するのにちょうどいい大きさ

助手席後ろにも収納式のショッピングフックが完備されています。

後席の収納は左右それぞれボトルホルダー付き

大きく開いたバックドアの中は高さのあるラゲージがあり、
スーツケースも余裕を持っておくことができます。

ラゲージスペースのデッキボードを外すとラゲージアンダートランクが出現。
スーツケースも収まってしまうほどの大容量。

先ほど外したデッキボードは足をたてることで棚に早変わり。
ラゲージルームに戻せば、さらに上に収納できるスペースが出来上がります。

また、デッキボードは個別で机として使用できたりと使い勝手がいいアイテムとなっています。

ラゲージのアクセサリーソケットはバックドア近くにあるので何かと便利な装備。

ウェイクの特徴は状況に応じて臨機応変に対応できるシートアレンジ。
助手席のヘッドレストを外し、座席を倒したらテーブルモードに。

後席の格納方法は、まずシートを倒し、座席を一番後ろまで下げる。
シート横にあるストラップを引きながら、座席を引き上げて格納します。

助手席と助手席側後席を格納したら、自転車ものせられるロングラゲージモードに。

運転席側の後席も格納すればフラットラゲージモードに。

デッキボードを活用したフルフラットモード。

のびのびと座れるロングソファモード。

レジャーに活躍するサンシェードも備え付けています。

LEDライトは対象物が見やすい白く明るい光で、夜間走行の安心感を高めます。

リヤコンビネーションランプはLEDを採用していて、後続車に車の存在を示します。

収納スペースの豊富さと様々な状況に応じた対応を可能にするラゲージスペースとシートアレンジでレジャーの楽しさを改めて感じさせてくれるダイハツ ウェイクのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント