車のエンタメ[2018.06.19 UP]

真似厳禁! ディーゼル車にガソリンを入れたらどうなる!?

 突然ですが問題です。

 ディーゼル車にガソリンを入れたらどうなるのでしょうか? やったことがあるというひとは、そうそういませんよね? 今日は、そんな禁断の実験をご覧いただきましょう。よい子はもちろん、悪い子でもエンジンを壊したくないなら決して真似をしてはいけませんよ。

関連情報

エンジン ガソリン ディーゼル 輸入車

 まずディーゼル(軽油)の特徴として、「燃えにくい」という特性があります。地面にディーゼル燃料を垂らして火を近づけても、ガソリンと違って引火しません(同様のことをやるとガソリンはすぐに火が付きます)。

 さて、ガソリン車にディーゼルを入れたらどうなるのでしょうか?

 最初は普通に動きますが、徐々にエンジンに振動が出ておかしな状態になります。

 間違えてガソリン車にディーゼル燃料を入れた人のためには、燃料タンクの中から燃料を抜くツールが市販されています。普通は持っていないと思いますけどね。

 では、ディーゼル車にガソリンを入れてみたら?

 おや、意外にもちゃんと動く!

 でも、排気ガスをチェックしようとしたらエンジンが止まってしまいました。
しかしこの後、燃料をディーゼルに入れ替えたらまた復活。今回のテストの結果は、ディーゼル車は意外にも丈夫でガソリンを入れたらしばらく走ってから止まるものの、燃料を入れ替えればまた元通りに動くというものでした。

 しかし、最新のディーゼル車はこの実験に使われたクルマよりも、あらゆる面で綿密に作られているので、同じ結果が出るとは限りません。くれぐれも、給油は燃料の種類はお間違えなく!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント