ダイハツ、「ウェイク」と「ハイゼット キャディー」の一部仕様を変更の記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 新型車情報 > 車のニュース > ダイハツ、「ウェイク」と「ハイゼット キャディー」の一部仕様を変更

車のニュース [2017.12.01 UP]

ダイハツ、「ウェイク」と「ハイゼット キャディー」の一部仕様を変更

ウェイク

一部仕様の変更が実施された軽自動車「ウェイク」

ダイハツは11月30日、軽自動車ウェイク」と軽商用車「ハイゼット キャディー」の一部仕様を変更して発売した。今回の仕様変更は、ウェイクとハイゼット キャディーともに車両だけでなく歩行者も認識して作動する衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を“SA III”グレードに標準装備をしたことが挙げられる。

ウェイク

歩行者も認識して作動する衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を搭載

また、リアコーナーセンサーも採用している。「スマートアシストIII」搭載車は、「セーフティ・サポート カーS」(通称:サポカーS)の「ワイド」に該当する。ウェイクでは、4カ所のカメラで車両の前後左右を映し、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を、「D」、「D“SA III”」を除く全グレードにオプション設定。

icon HIJET Caddie

ハイゼット キャディー

軽商用車「ハイゼット キャディー」も一部仕様を変更

ハイゼット キャディーでは、「ブライトシルバーメタリック」を標準色として設定したほか、車速感応式間欠フロントワイパーやセキュリティアラームを全車に標準装備としている。なお、ハイゼット キャディーに関しては、価格の値下げが行なわれている。

メーカー希望小売価格は、ウェイクが135万円〜184万1,400円(税込)、ハイゼットキャディーは、112万3,200円〜147万9,600円(税込)

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る