クルマ グーネット

車の買取査定で重要な項目やポイントと見方について

買取査定の手続き

車の買取査定で重要な項目やポイントと見方について

車の買取査定を依頼して見積もりをもらった後、自分が予想していた査定額と大幅に違うといった話がよくあります。
自分では丁寧に乗っていたつもりの車でも、査定をする買取店の目から見れば、マイナスとなる項目があったということになります。

高く売りたかったのに実際は価値が低かった、そんなギャップを埋めるためにも、車の買取査定において重要となる、項目やポイント、その見方などについてご説明しましょう。

車の買取査定ではどこを見る?

車の買取査定ではどこを見る?見た目にもはっきり分かるほどボディに大きなキズやへこみがあったり、事故歴や修復歴があったりしたら、マイナス査定になるというのは誰でも知っている事かもしれませんね。

車の買取査定では、車のボディや内装の状況の他、エンジンやブレーキなどの車の機能、車種、年式、グレード、走行距離なども重要視します。
買取店がここまで細かくチェックする理由は、買い取った車を後々商品として販売する目的があるからです。

車がキレイでも年式やグレードに需要がない車種ならば、思ったよりも査定額が低くなるケースもあります。
また、需要が多い人気車種でも、走行距離が多いほど、ボディのキズが多く目立つほど、査定額は低くなります。

このように、買取店は車の状態や需要など様々な要素を組み合わせながら査定額を決定していきます。
持ち主にとっては「愛車」でも、買取店にとっては「商品」であるという事を覚えておきましょう。

買取査定では、車のメーカー、車種、年式、グレード、走行距離などが重要ですが、それ以外にも細かい査定項目やポイントがあります。

車の買取査定で重要となる、各種項目やポイントついて見て行きましょう。

外装のチェックポイント

外装はその車の「顔」です。
ボディのキズやへこみ、汚れはもちろん、ランプ類が正常に点灯するか、アンテナ類は破損していないかどうかも重要な査定のポイントとなります。
特にボディのキズやへこみは、ほんの少しでも見られるとマイナス査定となりますので注意しましょう。

また、ボディカラーも査定に影響するポイントで、黒や白、シルバーなど流行に左右されない人気色は、高額査定が付きやすい傾向にあります。

一方珍しい色の場合は数が少なく、需要自体もそこまでないため、一般的には高額査定は期待できないと言えるでしょう。

その他、車の外装でチェックされるポイントは以下の通りです。

・エアロパーツ
・ボディカラー
・ボディの汚れ、キズ、凹み
・ナンバープレート
・左右前後のガラス
・サンルーフやムーンルーフの動作
・ヘッドライトやテールランプの照明類の確認
・ラジオ・テレビなどのアンテナ類
・ドア・ウインドウの動作の確認
・タイヤやホイールの状態
・サスやショックなどの車高
・タイヤハウスの状態
・マフラーの状態
・オイルの漏れ、にじみ

ちなみに、高額査定にこだわるあまり、キズやへこみの修理を査定の前に行っても、修理にかかった費用とアップした査定額でプラマイゼロになる事もあるので、修理をするのかしないのかはよく考えてから判断しましょう。

内装のチェックポイント

どんなに外装がピカピカでも、内装の汚れやニオイがひどければ高い査定は付きません。
例えば、シートやフロアマットなどの目に付く内装の汚れは、買取店が要チェックするポイントです。

シートにシミやニオイがこびりついて交換が必要となってしまう場合には、査定金額が大幅に下がる事もあります。
特にタバコやペットのニオイはマイナスポイントになりやすく、ニオイ自体もすぐに落ちないため注意が必要です。

その他、内装でチェックされるポイントは以下の通りです。

・ルーム全体の汚れ
・喫煙による影響
・シートの状態
・オーディオ類とスピーカーが壊れていないか
・カーナビは正常か
・ハンドルやメーター類に問題はないか
・エアバッグはあるか
・トランクスペースの状態
・スペアタイヤの状態
・その他附属の装備品など

内装の汚れやニオイ、シートやフロアマットの汚れなどは掃除をすることでキレイになる事もあるかと思います。
車の室内がキレイな状態になっていれば、買取店に対して車を大切に使用しているという良い印象を与えることができます。

掃除を行うことで査定額が必ずアップするということではありませんが、掃除は無理なく自分でもできることなので査定の前には是非とも掃除をしましょう。

エンジン回りのチェックポイント

エンジン回りは、車を走行させるための重要なパーツが、各種存在する場所です。
ここが正常に機能していないと、どんなに外装や内装がピカピカでも、単なる鉄の塊となってしまいます。

エンジンの異音をはじめ、オイル、プラグの状態、改造パーツの有無、修復歴などが厳しくチェックされます。
特にエンジンルーム内に記載されている車台番号に移植や改ざんがあった場合は、買取そのものを拒否される場合があるので覚えておきましょう。

・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・修復歴の確認
・エンジンの状態
・改造パーツの有無
・車台番号

修復歴の隠匿があると、その場の査定ではクリアできても、後になって査定額を減額される恐れがあります。
改ざん等の不正行為はしないのはもちろんのこと、修復暦は正直に申告するなど車の現状は正しく伝えるようにしましょう。

書類やパーツなどのチェックポイント

整備記録簿などの書類があるかないか、備品や付属品があるかないかで、査定金額に大幅に差が出てしまう事があります。
車を購入した際に揃えられていた以下の各種書類や備品、付属品は大事に保管し、査定の際に見せられるよう準備しておきましょう。

・車検証・整備記録簿の内容
・取扱説明書などの書類
・車検の残り期間
・キー(スペアキー)やキーレスなどの有無
・純正部品の有無

定期点検整備記録簿は、その車の過去の整備状況が把握できる重要な書類です。
オーナーの変更歴を含めた車の基本状況がチェックできるので、買取店は必ずチェックします。

また、書類の中でも、車検証は車に備え付けているかと思いますが、取扱説明書などは家に保管していることも多いものです。
車本体の取扱説明書の他に、カーナビなどの各種パーツの取扱説明書もプラス査定の要素となるので、廃棄せずに必ず取っておくようにしましょう。


車の査定には多くのチェック項目があり、それぞれに対してプロの目で細かく行われることになります。
車の査定に出す際は、査定士がチェックする項目やポイントを把握しておき、出来る限りの準備を整えておくことをおすすめします。

バナーボタン

関連記事

車買取の手順と流れについて

車買取の手順と流れについて

車の売却を思い立った時、買取や査定には手続き…

車買取の手続きで必要な書類とは?

車買取の手続きで必要な書類とは?

車を買取してもらう時の手続きには、様々な書類が必…

車の査定時に必要な書類とは?

車の査定時に必要な書類とは?

新車を購入する時でも中古車を購入する時でも、車を…

中古車の査定の方法と手順について

中古車の査定の方法と手順について

長らくお世話になった車を手放す時、その査定は業者の…

買取・査定の手続きの記事一覧を見る >>

PROTO 情報を未来の知恵に