ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

茨城県 フォルクスワーゲンゴルフヴァリアント(ワゴン)の中古車を探す

1〜7台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

173.7万円

車両本体価格 (税込)

165万円

諸費用 (税込)

8.7万円

法定整備:整備付

保証付 (12ヶ月・走行無制限)

  • 年式2018年
  • 走行距離5.3万km
  • 車検2025年2月
  • 排気量1400cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーインジウムグレーM

ボディタイプワゴン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

69万円

車両本体価格 (税込)

61万円

諸費用 (税込)

8万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2014年
  • 走行距離5.1万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし

ミッションAT7速

カラーブラック

ボディタイプワゴン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

411.4万円

車両本体価格 (税込)

400万円

諸費用 (税込)

11.4万円

法定整備:整備付

保証付 (2026(令和8)年3月まで・走行無制限)

  • 年式2023年
  • 走行距離0.5万km
  • 車検2026年3月
  • 排気量1500cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラードルフィングレーM

ボディタイプワゴン

id車両
グー鑑定車
内装5
外装5
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

186.8万円

車両本体価格 (税込)

175万円

諸費用 (税込)

11.8万円

法定整備:整備付

保証付 (12ヶ月・走行無制限)

  • 年式2019年
  • 走行距離2.0万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーピュアホワイト

ボディタイプワゴン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

166.5万円

車両本体価格 (税込)

155万円

諸費用 (税込)

11.5万円

法定整備:整備付

保証付 (12ヶ月・走行無制限)

  • 年式2018年
  • 走行距離1.8万km
  • 車検2025年3月
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーアトランティックブルーM

ボディタイプワゴン

お気に入り

支払総額 (税込)

109万円

車両本体価格 (税込)

96.8万円

諸費用 (税込)

12.2万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2015年
  • 走行距離6.1万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーパール

ボディタイプワゴン

購入パックあり

この条件でよく検索しますか?

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント(ワゴン) | 茨城県

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント(ワゴン)

グーネットに掲載されている茨城県の「フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント(ワゴン)」の掲載状況は?

グーネットでは茨城県の「フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント(ワゴン)」の中古車を7台掲載しています。
フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント(ワゴン) 茨城県のみの車両価格は61万円~400万円で総合評価は4.4レビュー件数は79になります。(2024.05.23)

車種の特徴

「ゴルフヴァリアント」は、フォルクスワーゲンから販売されたワゴンタイプの車両です。このクルマは、「ゴルフワゴン」という車名で1991年に販売が開始されましたが、同社の上位モデル「パサート」にあわせ、2007年に「ヴァリアント」と名称に変更されました。「カジュアルなワゴン車をよりスタイリッシュに変える」というコンセプトのもと生産され、ワゴン車としては比較的小さな車体をもち、様々なユーザーに対応した使い勝手の良いクルマとなっています。なお、2015年10月には、日本輸入20周年記念の特別限定車として「アニバーサリー エディション」が販売されています。2018年1月発売モデルでは、同社純正のインフォテイメントシステムである「Discover Pro」や「Composition Media」の他、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能が付いたパークディスタンスコントロールなどが装備されています。グレードには「TSIハイライン」「TSI Rライン」が用意され、全車右ハンドル設定となっています。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

フォルクスワーゲンを代表する「ゴルフ(Golf)」は、黒潮と並ぶ世界最大級の海流として知られるメキシコ湾流こと「Der Golfstrom(デア・ゴルフシュトローム))」にその名の由来を持つ。ステーションワゴンの名称「ヴァリアント」は英語で異形、変形を意味する「Variant」。

モデル概要、その魅力は?

3代目「ゴルフ(1991年)」から設定されたステーションワゴンは、当初「ゴルフワゴン」の名称だったが、5代目ゴルフから「ゴルフヴァリアント」の名称に変更された。ゴルフの基本性能や安全性能はそのままに、使いやすく大容量のラゲッジスペースを備え、仕事はもちろん、レジャーやスポーツなどアクティブなライフスタイルを強力にサポートしてくれる。

長所と短所

  • デジタル化を推し進めた先進的なインテリア
  • 3ゾーンフルオートエアコンなど快適装備が充実
  • 電動化されたパワートレインはの走り味はスムーズ
  • 使い勝手を高める工夫も盛り込まれた広い荷室
  • 1Lの3気筒エンジン車はノイズが軽自動車のよう
  • デジタル化された操作系は慣れるまでとまどいやすい
reviewed by グーネット編集部

矢印