車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

メンテナンス・日常点検 [2019.06.18 UP]

ヘッドライトが黄ばむ原因と黄ばみ除去・予防方法

ヘッドライトが黄ばむ原因と黄ばみ除去・予防方法

クルマのヘッドライトの黄ばみが気になる方は、意外に多いのではないでしょうか?ヘッドライトはクルマの顔ともいうべき位置にあり、汚れているとクルマ全体がくすんだ印象になってしまいます。今回は、ヘッドライトが黄ばむ原因や黄ばみを除去する方法、業者に依頼した場合の工賃の目安を解説します。

ヘッドライトが黄ばむ原因

ヘッドライトが黄ばむ原因は、主に以下の4つです。

・紫外線
・経年劣化
・ライトバルブの熱害
・傷

それぞれ、詳しく解説していきます。

紫外線

クルマのヘッドライトに使われている素材の多くは、ポリカーボネートと呼ばれる樹脂です。この素材はガラスより強度があり、破損時に破片が飛び散りにくいという特徴があるので、クルマの前面に使用するのに適しています。ただし、この素材はガラスより紫外線に弱く細かい傷が付きやすいという弱点があります。ヘッドライトが黄ばむ最大の要因はこの紫外線です。したがって、日頃利用する駐車場が紫外線を避けようのない屋外では、ヘッドライト表面が劣化しやすくなります。また、ガレージの日射条件によっては、左右のヘッドライトで黄ばみ具合が違うということもあります。ちなみに一昔前まではヘッドライトはガラス製が主流でした。ガラス製のヘッドライトは黄ばみにくかったのですが、樹脂製のほうがデザイン面・重量面・安全面で優れているので、現在は一部の外国車を除いてヘッドライトは樹脂製になっています。

経年劣化

新車時、ヘッドライト表面には、外部要因からの劣化を抑える目的でコーティング塗装が施されています。ただし、この塗装は直射日光を浴びたり洗車を重ねることによって徐々に剥がれていきます。その結果、ヘッドライト本体にダメージを受けやすく、紫外線の影響も大きくなり、黄ばみはますます進んでいくのです。

ライトバルブの熱害

ポリカーボネートは耐熱温度120~130℃と、本来耐熱性の高い樹脂ですが、高温が続くと劣化は避けられません。ヘッドライトのレンズカバー裏の電球は走行中に高温になるため、その熱がヘッドライトに伝導し、ヘッドライトは徐々に劣化し黄ばんでいくのです。

クルマの前面にあるヘッドライトは、どうしても悪天候や悪路走行時に傷が付きやすいものです。最初は目立たない小さな傷でも、使用しているとその傷はどんどん増え、また傷が大きくなると汚れが付着しやすくなり、黄ばみはますます広がります。

以上のように、ヘッドライトが黄ばむことは避けることが難しい状況です。黄ばみを放置しておくと、ライト点灯時に十分な光量が得られず、夜間の走行の視界が悪くなってしまう可能性も出てきてしまうでしょう。また、黄ばみが進んでヘッドライトを構成する樹脂の劣化が進むと、ひび割れができたりヘッドライトの周囲にすき間が生じたりして、ヘッドライト内部まで汚れてしまいます。ヘッドライトの黄ばみが悪化すると光量が不足し車検に合格しないケースもありますので、黄ばみがひどい場合は除去する必要があります。

ヘッドライトの外側の黄ばみを除去する方法

ヘッドライトの外側の黄ばみを除去する方法

耐水ペーパーとコンパウンドを併用すると効果的

市販の耐水ペーパーを使って磨いていきます。ペーパーで黄ばみを削り落としてコンパウンドで研磨すれば効果的に黄ばみの除去が可能です。どちらもカー用品店やホームセンターで簡単に入手できます。

汚れ具合を考慮した耐水ペーパーの選び方

耐水ペーパーには「番手」と呼ばれる番号があります。これはやすりの細かさのレベルを示す数字で、数字が小さいほど目は粗く、数字が大きくなるにつれて目は細かくなります。ヘッドライトを磨くときは小さい数字の番手から始め、徐々に数字を大きくしていくとキレイに磨き上げることができます。具体的には1000番から始め、1500番を経て2000番で仕上げるという流れです。

磨く前にヘッドライトの汚れを落とす

泥・砂・ホコリなどで汚れているヘッドライトをいきなり磨いてしまうと、その砂などで表面を傷つけてしまうことがあります。磨く前に流水で、汚れをある程度洗い流しておきます。

作業前のマスキングを忘れずに

耐水ペーパー・コンパウンドで磨くときに、ヘッドライト周囲のボディを傷つけないように、ヘッドライトの周囲をマスキングテープで養生しておきましょう。

耐水ペーパーの効果的な使用方法

耐水ペーパーを使うと水を流しながら磨けるので、ペーパーをかけるときに発生する摩擦熱でヘッドライトに負担をかけたり、ペーパーの目が詰まって作業が滞ったりする心配がありません。使いやすい大きさにカットし、ペーパーに水をかけながら磨いていきます。スポンジなどにペーパーを巻くと磨きやすいので、準備しておきましょう。ヘッドライトにはカーブがあるので、あまり固いものに巻くよりスポンジ程度のやわらかいものに巻いたほうが、作業が捗るのでおすすめです。

コンパウンドの効果的な使用方法

耐水ペーパーで磨いて、ある程度表面の黄ばみを取り除いたら、コンパウンドを使用してより細かく磨き上げていきます。コンパウンドとは、粉状の研磨剤を薬剤と混ぜ、ペースト状・液体状にしたものです。サンドペーパーと同じように目の細かさに種類があります。サンドペーパー以上に繊細な研磨が可能。布・スポンジに付けて磨いていきます。コンパウンドを使って磨くことで、耐水ペーパーだけでは取り除ききれなかった小さい傷を滑らかにし、光沢のある表面になっていくはずです。コンパウンドで磨き上げて表面が滑らかになると、汚れが傷に入り込むことを防ぐ効果も期待でき、ヘッドライト表面の再劣化を遅らせることができます。

ヘッドライトの外側を磨くときの注意点

クルマ専用のものより安価なクリーナーはありますが、安易に使ってはいけません。エタノールなどの有機溶剤が成分に含まれていると、樹脂が溶けてしまう可能性があるからです。また、保護のためにクリアラッカーなどを塗ってしまうのも、同様に有機溶剤が含まれているので避けたほうがよいでしょう。有機溶剤でヘッドライトの外側が溶けてしまうと白く濁りますし、ひどい場合はヒビが入ってしまいます。最悪、ヘッドライトユニットそのものを交換しなければいけなくなる可能性もあります。エタノールに代表される有機溶剤系のものは、樹脂に使用するのは避けたほうが良いでしょう。また、耐水ペーパーでうっかりボディの塗装に傷を付けてしまっては大変です。多少面倒でも、マスキングは必ず行いましょう。マスキングテープもカー用品店・ホームセンターで簡単に購入可能です。

ヘッドライトの内側の黄ばみを除去する方法

ヘッドライトの内側の黄ばみを除去する方法

ヘッドライトの外側の黄ばみを耐水ペーパーやコンパウンドで除去しても黄ばみが残る場合、黄ばみの原因はライトレンズの内側にある可能性があります。ここでは、ヘッドライトの黄ばみが中まで進んでいる場合の黄ばみの除去方法を、具体的に解説します。

まずはヘッドライトを取り外す

まずはボンネットを開けて、ヘッドライト関連のボルトを外します。エンジンルーム内にネジ類を落とさないように注意してください。次にヘッドライトの配線を探します。基本的にヘッドライトのほぼ真後ろのあたりに取り付けられていますから、周辺を確認します。配線コードを見つけたら、コネクターを外します。

コンパウンドで磨くのが基本

外側と違って大きな傷はないはずですから、基本的にコンパウンドを使用して磨き上げていきます。コンパウンドを使って磨くことで、表面は滑らかになり、光沢のある状態になります。表面が滑らかになると、今後また汚れても、その汚れが傷に入り込む可能性は少なくなるでしょう。

漂白剤に浸けておくのも効果的

コンパウンドで磨かなくても、漂白剤で黄ばみを除去することもできます。バケツに漂白剤を入れた水を用意し、ここに取り外したヘッドライトを浸け込む方法です。

ヘッドライトの内側を磨くときの注意点

ヘッドライトを外し、さらにヘッドライトレンズを外す作業は、多くの人にとって慣れている作業ではありません。慎重に行ってください。また、外したヘッドライトを取り付ける際も注意が必要です。しっかり取り付けないと、せっかく内部を磨いたのにすき間から水が入ってしまい、水滴によって曇りが生じます。

場合によっては業者に依頼することも検討

内側にまで黄ばみが発生している状態は、かなりヘッドライトの劣化が進んでいることが考えられます。この状態で無理に分解・取り付けを行うと劣化を余計に進めてしまう危険性もあるでしょう。ヘッドライト内側の清掃は、入念に調べて下準備をしたうえで行ってください。内側の黄ばみ除去作業に自信が持てない場合は、専門の業者に依頼することも考えましょう。

業者に依頼したらいくら?ヘッドライトの黄ばみ除去の工賃

業者に依頼したらいくら?ヘッドライトの黄ばみ除去の工賃

ヘッドライトの黄ばみ除去は、場合によっては業者に任せたほうがいいケースがありますが、ここで気になるのは、いくらかかるかという点だと思います。ヘッドライトの黄ばみ除去の工賃相場をご紹介します。

ヘッドライト研磨の工賃相場

ヘッドライトの研磨にかかる費用は、個々のクルマの黄ばみ具合によって違います。おおよその目安は以下のようになっています。

通常コース

それほどひどくない黄ばみであれば、研磨回数も少なく済むので、左右セットで3,000~9,000円程度です。

念入りコース

黄ばみがかなり進み、曇りもあるような状態の場合、何段階かの研磨を重ねる必要があります。8,000円~18,000円程度を想定しておきましょう。

輸入車コース

多工程で研磨が必要な場合が多く、10,000~25,000円程度の費用がかかるケースが多くなっています。

カスタマイズ車コース

フィルムが貼られているなど、カスタマイズされているクルマの対応はケースバイケースです。費用はその度に見積を取ることになります。

コーティングの工賃相場

ヘッドライトの表面は、新車の場合、外部要因で劣化しないようにコーティング塗装が施されています。この塗装は、直射日光や洗車を重ねることによって徐々に剥がれていきます。コーティングは左右で5,000円からお願いできるところもありますが、20,000~30,000円ほどのところもあります。担当者の技術レベル、コーティング剤の種類、使用工具や工程の違いが価格に反映されるので、価格の幅はかなり広くなっています。中には、コーティング塗装の保証期間を含めた料金設定のところもあります。研磨・コーティングともに、どの程度のレベルの作業をお願いしたいかで費用はかなり違ってきます。いくつかの業者に費用と研磨内容・コーティング内容を確認し、比較検討したうえでお願いしましょう。

交換することになった場合の工賃相場

クルマのヘッドライトの黄ばみが進行した場合、ヘッドライトカバーを交換することになります。残念なことに、ヘッドライトは一部をのぞいて表面のカバーのみの交換はできず、ヘッドライト全体で交換することが必要です。ヘッドライト全体のユニットでの交換料金は車種によって価格に幅がありますが、安くても数万円、高価なものだと数十万円する場合もあります。また、ヘッドライトを交換するときは、バンパーなどの外装部品を外すケースもあり、交換後にはライトの向きの調整(光軸調整)も必要となります。

研磨工賃相場通常/3,000~9,000円
念入り/10,000~18,000円
輸入車/10,000~25,000円
カスタマイズ車/見積必要
コーティング工賃相場5,000~30,000円
交換工賃相場片側最低5,000円

ヘッドライトの黄ばみを予防する方法

ヘッドライトの黄ばみを予防する方法

ヘッドライトが黄ばんでしまう主な原因は紫外線による劣化ですから、黄ばみを防ぐ対策は、できるだけ紫外線を浴びないことです。クルマの管理場所を屋内ガレージにする、クルマにカバーをかけるなど、直接紫外線がクルマに当たらないようにするのが望ましいです。外出先の駐車場を利用する際は屋内が良いでしょう。ただし、ガレージ環境を整えるには費用がかかりますし、毎日乗る方にとって、クルマにカバーをかけたり外したりするのは現実的ではありません。ここでは、より実施しやすい方法をご紹介します。

コーティングを行う

黄ばみを除去して表面を均一な状態にしたヘッドライトに、最後の仕上げとしてコーティング剤を塗っていきます。表面が均一化されていなかったり、塗り方にムラがあったりすると、ヘッドライト点灯時にレンズの温度差ができる可能性があり、劣化を早めるリスクがあります。黄ばみ取り・コーティング作業ともに、慎重に作業しましょう。

保護フィルムを貼る

紫外線をカットする機能のある保護フィルムを貼れば、黄ばみの主要因である紫外線を強力に防いでくれます。保護フィルムがあると飛び石などの被害からヘッドライトを守る効果も期待できます。前述のように、ヘッドライトは多くの場合は部分交換ができず、交換する場合はユニットごと交換が必要な箇所ですから、保護フィルムの存在は心強いものです。

黄ばみ予防におすすめのアイテム

コーティング剤

紫外線防止効果のあるものがおすすめです。黄ばみを除去して研磨後のヘッドライトに施行することで黄ばみを防いでくれます。またガラス系のコート剤も、強い皮膜でクリアな輝き・光沢を生み出し、黄ばみ防止効果の期待大です。

ボンネットカバー

ボンネットだけをカバーするタイプなら、取り付け・取り外しともに簡単です。

まとめ

ヘッドライトの黄ばみを放置しておくと、最悪ヘッドライトごとの交換が必要になってしまいます。ヘッドライトユニットでの交換になりますので、費用はかなり高額。そうならないためにも、ヘッドライトが黄ばまないようにしっかり予防策を講じておきましょう。
黄ばみの最大の要因は紫外線ですから、できるだけ直接紫外線が当たらない環境でクルマを管理することが理想。ガレージが難しければ、ボンネットカバーを利用したり、紫外線カット効果のあるコーティング剤の塗布・保護フィルムの貼付などが良いでしょう。
すでに黄ばんでいる場合、耐水ペーパーとコンパウンドで黄ばみを取り除きます。仕上げにはコーティング剤を忘れずに。
黄ばみが内側まで及んでいる場合の除去は、普段から自分でクルマのメンテナンスを行っていない方にはなかなかハードルの高い作業になります。そんなときは、業者に依頼することも考えましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました