車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

排気量によって車検の費用は変わるのか

車検は、公道を走る上で、定期的に受けなければならない重要な検査になります。そこで気になる車検の費用ですが、車の状態によって劣化した部品や寿命を迎えた部品の交換するための費用や法定費用などによって、最終的に車検費用が決まります。しかし、車と一口に言っても、排気量の大きな車から、小さな車までさまざまありますが、車の排気量によって車検の費用は変わるのでしょうか?ここでは車の排気量による車検費用の違いについて、詳しく説明をします。

車検の費用は車の排気量によって変わる?

車検の費用のなかで整備や部品交換などの工賃は車検業者によってさまざまですが、車の排気量が違うと車検費用も違いがでてくるのでしょうか?一般的に排気量が大きい車は車検費用が高くなる傾向があります。しかしながら、排気量が違っても車検費用に影響することはありません。実は車の排気量ではなく、車両重量が重くなるほど車検費用も高くなっていきます。これは法定費用に含まれる自動車重量税が車両重量によって細分化され定められており、重量が重くなるほど自動車重量税が高くなるためです。

排気量によって車検費用が変わると間違われやすいのはなぜ?

なぜ車の排気量によって車検費用が変わると間違われやすいのでしょうか?実際には法定費用である重量税は車の重量によって変わってきますが、排気量と重量はおおむね比例関係にあるため、排気量によって法定費用が変わるように見えてしまうためです。また、ガソリンスタンドやチェーン展開している車検業者などでは、わかりやすく排気量でおおまかなクラス分けをして参考価格を提示していることも理由の一つと言えるでしょう。オイル交換が費用に含まれる場合は、排気量によって使用するオイル量の目安も異なるからです。実際に車検をする際に、どこで車検を受けても一律である法定費用の内訳を理解し、排気量と自動車重量税の関係は覚えておくとよいでしょう。

実際に車両重量によって、車検費用はどの位変わる?

それでは車両重量が違うと、どの位車検費用は変わってくるのでしょうか?自動車重量税は2年もしくは1年ごとの車検の自家用自動車と事業用の1年ごとの車検で分類されますが、今回は継続車検の重量税適用区分である2年自家用の場合を説明します。乗用車の自動車重量税の区分は、車両重量0.5トン以下が一番軽いクラスになります。それ以降は1トン、1.5トンと0.5トン刻みに重量区分が上がっていき、3トン以上が一番重い重量区分となります。自動車重量税は平成29年5月1日から継続審査時に納める自動車重量税が改正されており、エコカー減免適用車とそれ以外の2種類で自動車重量税が分かれています。エコカー減税が適用される車両の場合、一番軽い0.5トン以下の自動車重量税は5,000円、1トンを超える重量から1.5トン以下は15,000円となっています。エコカー以外の場合は新車登録からの年数によって、13年経過と18年経過で分類されています。エコカー以外で新車登録から13年未満の場合、0.5トン以下では8,200円、1トンを超える重量から1.5トン以下では24,600円となります。新車登録から18年経過している場合、0.5トン以下では12,600円、1トンを超える重量から1.5トン以下では37,800円となっています。今後は車の車両重量だけではなく、エコカー減税対象車や新車登録からの経過年数の違いが自動車重量税に影響してきます。車検の際には、自分の車がどの区分に該当するのかを把握することで、車検費用の目安を知ることができるため、事前に車検を受ける車の自動車重量税について把握しておくことをおすすめします。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました