車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

エアバッグを取り外しても車検に通るのか

車に取付けられているエアバッグは、衝突事故などが起こった時に、衝突による衝撃を緩和させてくれる重要な安全機能の1つです。万が一の事故の際にエアバッグが作動することで、運転手がハンドルやフロントガラスなどへの直撃を防ぎ、乗員を保護してくれる大切な安全装置ですが、このエアバッグを取り外しても車検に通ることができるのでしょうか?今回は、エアバッグを取り外しても車検に通るのかどうかについて解説します。

エアバッグを取り外して、エアバッグがない状態でも車検に通るのか?

現在では当たり前のように装備されているエアバッグですが、今となっては旧車と呼ばれる世代の車においてはエアバッグが装備されていない車も多く存在します。実はエアバッグの有無は保安基準には明記されていません。つまり、何らかの理由によりエアバッグを取り外したとしても、罰金や罰則等もないということになります。このことから、エアバッグがない状態でも車検を通すことは十分可能であると言えます。

エアバッグを取り外して車検に通らない場合はどんな理由が考えられるか?

エアバッグを取り外して車検に通らない場合の理由として挙げられるのは、警告灯が点灯している場合が挙げられます。基本的にエアバッグに異常がない場合には、この警告灯が点灯することはないのですが、エアバッグを取り外した場合には、この警告灯が点灯してしまいます。車検を通すためには、エアバッグの有無ではなく、この警告灯がついたままだと車検を通すことができません。 正確には、警告灯がついたままだと車検自体を行うことができなくなります。もともとエアバッグが装備されていない車であれば、エアバッグがなくても警告灯はつきませんので、車検に通すことができます。

エアバッグの取り外しによる車検や任意保険の注意点とは?

エアバッグを取り外すケースとしては、カスタムなどでステアリングを変更する場合が挙げられます。ドレスアップなどを目的として、エアバッグがついている純正品のステアリングから、エアバッグのない社外品のステアリングに交換をする場合がありますが、前述の通り、エアバッグを取り外したことによって警告灯が点灯している場合は車検に通ることができません。車のメンテナンスに慣れている方であれば自分でもステアリングを交換することが可能ですが、車検の際に重要となる警告灯についての対処も必要になるため、確実に車検を通すためにも、ステアリングの交換は専門家に依頼をするのが望ましいと言えるでしょう。そしてもう一つ注意しておきたいのは任意保険です。任意保険の契約の際に、エアバッグが付いていることを条件に契約をしている場合は、申告を怠ることで、最悪の場合、保険が支払われない可能性も考えられます。エアバッグを取り外した場合は、必ず加入している保険会社に確認をするようにしましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました