車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

ホイール・タイヤ交換 [2018.08.29 UP]

タイヤに窒素を入れる効果やメリットとは

皆さんのタイヤは空気を入れていますか?それとも窒素ですか?ガソリンスタンドやカー用品店などで「窒素」の宣伝を目にするかもしれません。しかし、なぜ窒素なのかいまいち分からないという方も多いでしょう。有料なのだから、窒素を入れるとそれ相応のメリットがあるのだろうか、と考えるかもしれません。そこで、タイヤに窒素ガスを入れることによる効果やメリットについてお話しします。

なぜタイヤに窒素を入れるようになったか

もともと窒素は航空機のタイヤに入れられるものでした。航空機のタイヤには超重量・超高速という負荷がかかります。そのため自然漏洩しにくく、安全性が高いという利点から窒素が選ばれています。そこから次第にレーシングカーなどにも窒素充填が広まり、高速での長距離運転をする大型トラックに多く採用されたことをきっかけに、一般にも普及しました。

タイヤに窒素を入れるメリット

タイヤの空気を窒素に変えることでどのようなメリットがあるのでしょうか。そもそも空気は70~80%程度の窒素を含んでいます。そのため、100%窒素に変えることで劇的な変化が起きるわけではありません。それを踏まえて、窒素を入れる効果・メリットをご説明します。

窒素を入れる効果・メリット

自然漏洩しにくい

タイヤの空気は、ホイールとの隙間などから抜ける場合とゴムの部分から自然に抜ける場合があります。空気と窒素では後者に違いがあります。酸素に比べて、窒素はゴムの透過係数が低いので、漏れにくい性質であると言えます。従って、窒素の方が空気圧が低下しにくく、空気圧調整の頻度が下がるといえます。

空気圧が安定する(温度による変化に強い)

窒素は酸素よりも温度による体積変化が少ないため、外気による温度変化や走行による温度上昇があっても、空気圧の変化が少ないと言われています。空気は暖められると膨張するのですが、正しくは空気中の水分の体積が変化することが原因です。窒素はボンベに充填する時点で水分を含まないようになっております。

燃費悪化の防止

タイヤの空気圧を適正に保てるということは燃費向上に繋がります。

他に、実感する程ではありませんが、次のようなメリットがあるともいわれています。

・タイヤノイズが減る
・乗り心地が良くなる
・タイヤが劣化しにくい
・バースト時に燃えない

窒素にするメリットは街中などの公道では感じにくいかもしれません。高速道路などを走ると感じやすいとも言われています。

タイヤに窒素を入れるには

ガソリンスタンドやタイヤショップ、カー用品店などで入れてもらえます。ガソリンスタンドについては取り扱っていない店舗もあるので注意が必要です。ちなみに、もともと窒素充填タイヤであったものに空気を入れたり、その逆を行っても支障はありません。空気のタイヤから窒素に入れ替える際は一旦全ての空気を抜く必要がありますが、お店で対応してもらえます。窒素充填は窒素ボンベなど機器が必要となるため、有料サービスです。プロのいるお店へ持ち込んでお願いしてみましょう。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました