車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

ホイール・タイヤ交換 [2015.03.16 UP]

タイヤノイズが発生する原因とノイズの対策方法

タイヤノイズが発生する原因とノイズの対策方法goo-net編集チーム

タイヤは、車全体を支えて、
安全な走行を維持するための重要なパーツの一つです。

もしもタイヤから、いつもとは異なる振動やノイズを感じた時は、
一度運転をやめて、点検するのが望ましいです。

タイヤノイズの種類と発生原因

タイヤのノイズの原因は、
大きく分けて3つに分けることができます。

ロードノイズ

道路の路面の凹凸によって引き起こされるのが、
ロードノイズと呼ばれるものです。

音の特徴としては、
舗装されていない道路を走行しているとき、
舗装されている道路でも、くぼみやでっぱりなどの、
凹凸が多い道路を走行しているときは、
タイヤから「ゴーゴー」や「ガーガー」といった音が聞こえてきます。

空洞共鳴音

タイヤには空気が入っているのですが、
その空気がタイヤと共鳴して発生するノイズが空洞共鳴音です。

高速道路では、道路の継ぎ目を通過することがあるのですが、
その時の音が残っていると、空気と共鳴してノイズが発生するのです。

空気共鳴によって発生するノイズの音は、
「パカン」といった、乾いた音が聞こえるのが特徴です。

パターンノイズ

タイヤの空気圧、車の重量、タイヤの劣化などが原因となり、
タイヤが回転して路面と接触するときに、
タイヤの溝にある空気が圧縮されてしまって、ノイズが発生します。

これをパターンノイズと言います。

パターンノイズの音の特徴としては、
「ヒューヒュー」「シャー」といった音で表現されます。

ノイズの対策方法

走行中に異音が発生したら、誰でも驚き、
運転をこのまま続けていいのか、不安になることと思います。

一般道なら適当な場所に車を停めて、
タイヤの様子を見ることができますが、
高速道路の場合は、車を簡単に停車させるわけにはいかないので、
適当な場所を探すのにも時間がかかります。

しばらく走行していて、ノイズが解消されるような場合は、
それほど走行に大きな問題はありませんが、
もしもノイズが長く続くような場合は、
別の原因が考えられますので、早めに点検を行いましょう。

ロードノイズは、車を走行している限りは、
誰にでも起こり得る現象です。

そのノイズを少しでも低減するために、
いろいろなグッズが販売されています。

ノイズ低減グッズの利用や、
ノイズが起こりにくいタイヤに替えるという方法があります。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました