ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

エンジンオイルを入れすぎた時の影響と対処法について

エンジンの性能を適切に保つためのエンジンオイルですが、それには規定量が決められており、入れすぎてしまうとトラブルが起こる原因にもなります。

エンジンオイルの確認方法

エンジンオイルの確認方法

自動車免許を取るときに教習所でも教えてもらうことなのですが、実際に車を運転するようになってから確認されている方はかなり少ないのが現状です。何かあったときのために自分で確認できるようにしておくと役立ちます。オイル量の確認ですが、ボンネット内のオイルレベルゲージを調べることで量を確認することができます。車を水平な場所に停めてボンネットを開けると、先端がリング状の部品を見つけることができると思います。それがオイルレベルゲージなのですが、それを引きぬくと長い棒状の物が出てきて、そこに穴が二つ空いているのがわかると思います。先端の部分がオイルの上限、下の穴が下限ということになり、この二つの穴にオイルの量が収まっていればオイルの量が適正だと判断できます。

エンジンオイルの入れすぎによる影響

もしもエンジンオイルを入れすぎてしまった場合、どのような影響が起こり得るのでしょうか。色々な影響が考えられますが、

・オイルがエンジン内に入り込んでしまったことによるマフラーからの白煙
・オイルが噴出することによりブローバイガスが増大し、エアクリーナーが汚れる
・オイルたたきによる抵抗でエンジンが回りにくくなり、燃費が悪くなる

などの症状が起こることが考えられます。最近の新しい車は燃費を計算してくれる機能が付いているタイプもありますが、オイルの交換後に燃費が著しく低下した場合はオイル量を確認してみてください。また、オイルの入れすぎはエンジンに大きな負担がかかってしまうため、いつも通りに使用しているにもかかわらず、オーバーヒートを起こす原因にもなり得ます。エンジンオイルは少なすぎても入れすぎても車に不具合が起きるので、オイル量には注意が必要なのです。

エンジンオイルを入れすぎた時の対処法

エンジンオイルを入れすぎてしまったときの対処法は、

・オイルを入れてもらったお店に持ち込んで抜いてもらう
・オイルゲージの穴にポンプなどを入れ自分で抜く
・オイルパン下部にあるドレンボルト抜いてオイルを出す

などがあります。自分でオイルを抜くのに自信がない方はお店に持ち込んでやってもらった方が良いでしょう。オイルレベルゲージをチェックして明らかにオイルの量が多いことが把握できたら、お店に抜いてもらった方が安心です。自分で抜く場合はホームセンターなどでポンプ、またはホースを購入し、オイルゲージの穴に入れてオイルを吸っていきましょう。これを繰り返し行い、規定量までオイルを抜けば完了です。オイルパンにあるドレンボルトを抜いてオイルを出す場合は、結構な勢いでオイルが出てくるので注意して行ってください。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.