車検[2018.08.29 UP]

車検の予約はいつからできるのか、予約方法も教えます

車に乗っていると見るともなしに目に入る「検査標章」。車検が切れるカウントダウンは分かっているのに、多忙などを理由に車検を受けるタイミングを計れない人は、意外に多いのではないでしょうか。車検はいつからどのような方法で予約が可能なのでしょうか?

車検はいつから受ける事が可能か

車検はいつから受ける事が可能か

車検は新車の場合で登録日から3年後、新車以外の車は2年毎に受ける事が義務付けられています。車検は車検満了日の1ヶ月前から受ける事が可能です。この期間であれば前倒しで車検を受けても、満了日から数えて次の車検満了日となるので損することはありません。事情によっては1ヶ月以上前からの車検も受け付けてもらえますが、その場合は前倒しで車検を受けた日の二年後が満了日となってしまうため、よほどの事情でなければおすすめしません。
1ヶ月も前だと余裕を感じますが、1週間ぐらい前になってしまうと車検の予約が取れなかったり、書類が間に合わなかったりとあわててしまう事も想定されるので、車検を受ける場合は、日にちに余裕を持つことがポイントです。

車検業者へ予約をする方法

車検をディーラーや車検業者へ依頼する場合、最近ではインターネットでの予約が主流です。画面の指示通りに入力すれば誰でも簡単に予約する事が可能です。見積りだけ取ることも可能なので、本予約する前に複数社の見積りをとって、比較してみるのも良いでしょう。車検を受けたい日の1週間~2週間前からの予約を開始している所が多いので、タイミングがいいときに余裕を持って予約をするのがおすすめです。

ユーザー車検で予約をする方法

ユーザー車検をする人もインターネットでの事前予約が必要です。普通車をユーザー車検する人の予約はインターネット上のみで「自動車検査インターネット予約システム」から全国の陸運局の車検予約を取る事が出来ます。軽自動車のユーザー車検をする人はインターネットと電話両方での受付が可能です。「自動車検査インターネット予約システム」も「軽自動車検査予約システム」も、IDとパスワードを取得しアカウント登録が必要となります。一度取得したIDやパスワードは忘れないようにしておきましょう。また、一度予約した車検の変更やキャンセルは、画面上からでないと受け付けない仕様となっています。軽自動車の場合、インターネットで予約した場合の変更はインターネット上から、電話で予約したものは電話での変更となります。車両情報変更など細かい修正はできないので、一度取り消しをして再入力するのが基本となります。なるべく間違いのないように入力しましょう。ユーザー車検の場合、当日の予約も可能ですが、車検場の混雑状況から予約が取れない場合もあります。必要書類も自分で用意しないといけないので、ユーザー車検の場合も余裕を持って行いましょう。うっかり車検が切れた状態で走行を続けると道路交通法違反となります。車検日は必ず頭に入れておき、車検満了日までには終わらせるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.