カーナビ・ETC・ドラレコ取付[2018.10.22 UP]

ドライブレコーダーの取付位置はどこがいい?

最近ニュースや新聞などで注目されているドライブレコーダーですが、実際に購入し、導入しようとしても、初めてでは中々取付け方が分からないという方も少なくないと思います。特にドライブレコーダーの取付位置はどこがいいのかと悩まれている方も多いでしょう。今回は、ドライブレコーダーの取付位置について解説していきます。

ドライブレコーダーの取付位置にはどこがある?

ドライブレコーダーの取付位置にはどこがある?

一般的にはルームミラーの裏側に設置するケースが多くあります。ルームミラーの裏側以外にも、フロントガラスの下部などに設置するケースも存在しますが、いずれにしろ自動車運転時にしっかりと視界が確保できる位置に設定することが重要です。

ドライブレコーダーを取付けると違反になる位置とは?法律・保安基準はある?

ドライブレコーダーの設置位置は法令で決定されており、実際、以下のように詳細な設置位置条件が規定されています。

・車室内後写鏡(バックミラー)により遮蔽される前後ガラスの範囲
・ガラス開口部の実長20%以内の範囲
・ガラス下部より車体と平行な部分から実長150mm以内の範囲

上記をかみ砕いて説明すると、フロントガラスの上下20%以外の場所と、運転時の視界を大きく妨げる位置に設置することが禁じられています。基準から大きく外れている場合は車検の通過などに影響が出てきてしまう可能性があります。安全な走行を確保するためにも、法令を遵守し、適切な位置にドライブレコーダーを設置するようにしましょう。

ドライブレコーダーの取付位置を決める際のポイントとは?

ドライブレコーダーの取付位置を決める際のポイントとしては、

・ドライブレコーダー自体の性質
・ドライブレコーダーの映像の位置
・運転時の状況

を考える必要があります。

まず、ドライブレコーダー自体、ダッシュボードに設置するものやフロントガラスに設置するものなど、いくつか種類が分かれています。そのため、自分の買ったドライブレコーダーがどの位置に適しているかを確認しておくことが必要です。また、ドライブレコーダーを設置する際には、録画したい範囲を決めておくのも重要です。ドライブレコーダーの設置角度よって、記録される映像の範囲が変化します。上下角度や前後角度を調節し、実際にテスト走行をして録画した映像を確認したり、画面で映像を確認しながら、自分が記録したい画になるように調整するようにしましょう。さらに、運転時にドライブレコーダーが邪魔で運転の精度が落ちてしまっては事故やトラブルを引き起こしやすくなります。例えば、フロントガラスに設置する場合でもガラス下部に設置した場合、椅子の高さなどが合っていなかったりしていた状況においては、運転時にドライブレコーダーの存在が邪魔となる可能性があります。そのため、ドライブレコーダーを設置した際に運転時の邪魔とならないかをきちんと確認しておくことが大切です。ドライブレコーダーには設置基準が明確に決められており、基準を満たさない場合、思わぬ事故につながってしまうこともあり得ます。しっかりと設置基準を満たしつつ、ドライブレコーダーを設置するようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.