HONDA CR-V(一部改良モデル)公道試乗

新車試乗レポート [2020.08.21 UP]

HONDA CR-V(一部改良モデル)公道試乗

ホンダのミドルSUVが一部改良。要点はデザイン変更とグレードの追加。今回は改めて試乗し、その実力に迫った。
●文:川島茂夫 ●写真:澤田和久

●発売日:2020年6月19日
●価格:336万1600~455万8400円
●販売店:ホンダカーズ店
●問い合わせ先:0120-112010

落ち着いた馴染みの良い走りは変わらず一級品

 内外装装備のデザインや仕様変更、専用加飾を施した新仕様のブラックエディションの追加がマイナーチェンジの概要。走行性能や乗り味、機能に関わる変更は加えられていない。なお、ハイブリッドシステムがi-MMDからe:HEVに変更されているが、機構的には従来車と同じである。
 試乗した印象も改良の概要と同様だ。内外装の雰囲気が変わったが「多少」のレベル。特徴的なドライブセレクターや実用的なパッケージングなどファミリー&レジャー向けのSUVとしてもまとまりがいい。また、同車には3列シート仕様も設定されるが、ハイブリッド車は2列シート限定なのも従来どおり。
 シリーズ式の発展型となるe:HEVは電動ならではの豊かなトルクを発生。応答遅れは少なく、微小なコントロールから過不足なく反応するドライバビリティ。力感と品のいい運転感覚を巧みに両立している。
 高速巡航では直動機構とパラレル式の制御で悠々としたドライブフィールを示し、パワートレーン周りの車格感が高い。
 フットワークは適度な緩みと重質なストローク感覚を特徴としている。高い安定性と優れたラインコントロールを両立したハンドリングもあって、直進時もコーナリング時もリラックスしていられるのだ。
 ピリッと締まった操縦感覚を求めるドライバー向けではないが、家族や友だちとの長距離走行&レジャー向けのSUVらしい、落ち着いた特性である。

主要諸元(e:HEV EX マスターピース)
●全長×全幅×全高:4605×1855×1680mm●ホイールベース:2660mm●車両重量:1650kg●駆動方式:FF●パワートレーン:1993cc 直4DOHC(145PS/17.8kg・m)+モーター(135kW/315N・m)●トランスミッション:電気式CVT●JC08モード燃費:25.8km/L●最小回転半径(m):5.5●タイヤサイズ:235/60R18

  • マスターピースはホイールデザインを変更。ボディカラーにはプレミアムクリスタルブルー・メタリックのほか、スーパープラチナグレー・メタリック、シーグラスブルー・パールの計3色を新設定。

  • ハイブリッドモデルは、2モーターハイブリッドシステムの名称を「i-MMD」からフィットと同じ「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更した。

全車にステアリングヒーター、リバース連動ドアミラー、シーケンシャルターンシグナルランプを標準装備とした。

マスターピースは後部座席にシートヒーターを標準装備化。EXはファブリックシートを、ファブリックとプライムスムース・レザーとを組み合わせたコンビシートに変更。

スペシャリティを押し出したクロスオーバーとは異なり、ラゲッジルームの使い勝手をはじめ、ファミリー等でのレジャーユースに向いた設計。

提供元:月刊自家用車

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました