スクープ [2022.03.19 UP]

2023年トヨタコンパクトSUVのC-HRが第二世代に進化へ!! BEV車の設定も!!

新型C-HR予想CG

斬新なくさび形のクーペスタイルを採用し、2016年12月にデビューしたトヨタのコンパクトSUVのC-HR。翌年の2017年にはSUVの国内新車販売台数で年間1位となるなど大人気となった。今年でデビューから6年目となるが、いよいよ2代目へのフルモデルチェンジの情報が入ってきた。

初代C-HRは、現行型プリウスに続く第2弾としてトヨタの新プラットフォーム「TNGA」を導入した。現行型はプリウスのGA-Cプラットフォームをベースにしているが、2代目はヤリスやヤリスクロスに採用しているGA-Bプラットフォームにダウンサイズする可能性が高い。プラットフォームをダウンサイズするものの、ヤリスクロス以上の居住性は実現する見込みで、パワートレーンもハイブリッドの1.5L直列3気筒エンジン+THS2を中心に1.5L直列3気筒エンジンがラインナップされるだろう。燃費性能も現行型の1.8L直列4気筒エンジン+THS2のハイブリッドや1.2L直4ターボに比べ大幅に向上。WLTCモード燃費が2WD車で30㎞/Lを超えてくるはずだ。

ヤリスが採用するGA-Bプラットフォーム
ヤリスクロスと同じく電気式AWDを採用するはず。
中国市場で販売されるC-HR EV

さらにハイブリッド車/ガソリン車のデビューから少し遅れるが、BEV(電気自動車)のラインナップされるはず。すでに中国市場では現行型C-HRのボディをベースとした航続距離約400㎞の「C-HR EV」が販売されているが、これとは異なり、新開発のコンパクトクラス用のBEVシャシーが採用されるだろう。

安全装備面でも、新型ノア/ヴォクシーから採用された、機能向上した「トヨタセーフティセンス」が採用される。交差点で交差する車両やバイクも検知し、低速時加速抑制機能や緊急時操舵支援機能も搭載する。

気になる新型C-HRのデビュー時期は2023年半ばと予想する。世界情勢の変化や新型コロナウイルス感染症拡大、それに伴う半導体部品不足などの影響が考慮されるが、遅れることなくデビューすることに期待したい。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ