スクープ [2019.06.27 UP]

スクープ! ダイハツの新SUVは2019TMSでお披露目。発売は2020年前半

DNトレック

2019年8月1日更新

2017年の東京モーターショーに出展された、ダイハツビーゴ/トヨタラッシュの後継モデルとなるコンパクトSUV、DNトレック。2019年の東京モーターショーでは市販モデルを展示かとお伝えしたが、いよいよそれが現実的になってきた。次のショーに出展されるのは、ズバリ市販前提のプロトタイプだという。

前回ショーに出展されたコンセプトカーでは1.2Lハイブリッドか1Lターボが搭載可能とアナウンスされていたが、実際に搭載されるのは1LのNAとターボになりそう。駆動方式はFFと4WDが用意され、トランスミッションは全車CVTになるという。

ダイハツでは、トヨタのTNGAに準じる、DNGAという新世代の車両開発思想を打ち出し、2019年7月に発売された新型タントから適用している。DNトレックの市販モデルは、同じプラットフォームから生まれたDNGA第二弾となる。第一弾のタントは日本専用の軽自動車だったが、こちらはダイハツが得意とするアジアを中心とする、世界戦略小型車の第一弾となるだろう。同じプラットフォームは、続いてコンパクトカーのブーンと、そのトヨタへのOEM車となるパッソにも使われるはずだ。

当然、その出来栄えはワールドクラスが期待できる。1Lの小さなクルマでも、クラスを越えた使い勝手と乗り心地を楽しめ、高い環境性能と走りの楽しさを両立させたSUVになるだろう。近年、世界の市場でオンロードSUVが大きな市場になっているが、海外メーカーには、これほど小さなSUVを高い完成度で成立させる商品企画は難しいことだろう。軽自動車で培った日本の小型車作りのノウハウは、これから世界にその活躍の場を広げていくのだ。

なお、車名は先代に当たるビーゴではなく、DNトレックまたはトレックを名乗ることになりそうだ。一方、トヨタへのOEM車はこれまで通り、ラッシュの車名で販売される見込み。

秋の東京モーターショーに出展後、発売は年を越えた2020年前半を予定しているという。完成度が楽しみな、日本にしか作れないコンパクトSUVの誕生だ。

  • DNトレック

  • DNトレック。コンセプトカーは観音開きドアだったが市販車はオーソドックスなヒンジドアになるはず。

DNトレックのライバルはズバリ!スズキのクロスビーだ。

スクープ! ダイハツ新コンパクトSUV登場!? 日本発のコンパクトオンロードSUVはこれから世界を席巻か?

DNトレック

今や世界のクルマのメインストリームとなりつつある感さえあるオンロードSUVを“発明”したのは日本だ。1994年のトヨタRAV4と、翌年のホンダCR-Vが世界で初めて乗用車をベースとしたフレームを持たないSUVとして登場。オンロードでの快適で経済的な走りと、一般的なオフロードでは必要十分な走破性の両立ぶりが瞬く間に認められて、世界中のメーカーに後を追わせることになった。同様に、フレーム付きの本格クロスカントリー4WD車が基本だった時代には大型車がメインだったSUVを、小さくて使いやすいサイズで成立させたのも日本。1970年に誕生した軽自動車規格のジムニーに始まり、1974年にはダイハツから1Lのコンパクトなタフトが登場。トヨタにもブリザードとしてOEM供給された。1988年にはスズキからエスクードが、1990年にダイハツからロッキーが出て1.6Lクラスが充実。1997年にはダイハツテリオス/トヨタキャミが、1.3Lクラスの5ドアという新しい使い勝手を提供する。テリオス/キャミは2006年に登場した2代目ではダイハツビーゴ/トヨタラッシュと改名して、2016年まで販売されていた。これらは専用シャシーに縦置きエンジン+FRまたは4WDという小さいながら本格派だが、RAV4などの兄貴分と同様に、最近は乗用車ベースのコンパクトSUVも出てきた。大ヒットとなった軽SUV、ハスラーの兄貴分として誕生したスズキのクロスビーは1Lのターボエンジンを横置きにしたFFベースのモノコックボディで登場し、新しいライト級オンロードSUV像として認知されつつある。

  • DNトレック

  • DNトレック

そうなると黙っていられないのがダイハツだ。すでに2017年の東京モーターショーにはDNトレックの名で、コンパクトオンロードSUVのコンセプトカーを展示している。その市販モデルがいよいよ次のモーターショーでお披露目されるはずだ。コンセプトカーでは、1.2Lのハイブリッドと1Lターボが搭載可能とされていたが、そのパワートレーンも含めて、DNGAと呼ぶダイハツの新しい設計思想によるプラットフォームをベースに構築されるはず。新世代プラットフォームはまず2019年7月に発売される軽スペースワゴンの新型タントでデビューして、より上級のA/Bセグメントの小型車にも発展していく予定。DNトレックに続いて次期パッソ/ブーンにも使われて、ダイハツとトヨタの世界戦略のベースを支える。もちろんDNトレックはビーゴと同様にトヨタへもOEM供給されるはず。車名は現在のところ不明だが、ビーゴ/ラッシュを継承する可能性もある。なかなかスタイリッシュだったDNトレックのイメージが市販モデルにもうまく継承されれば、使いやすいサイズのSUVとして注目を集めそう。クロスビーとともに、ありそうで意外とないマイクロオンロードSUVとして、世界への展開も期待したいところだ。

  • トヨタ・ラッシュ

  • ダイハツ・ビーゴ

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ