【新車購入】X氏の値引きにチャレンジ大作戦

新車値引き情報 [2019.11.26 UP]

【新車購入】X氏の値引きにチャレンジ大作戦

小学生時代からX氏の大ファン! 抜群のテクと「熱い思い」で初志貫徹。実質45万円を奪取!!

【プロローグ】 現行型の発売当初からカムリを気に入っていましたが、WS系が追加されてからはその熱が加速。「乗りたい!」との思いが強くなってきました。
 ……とはいえ350万円を超える値段はやはり厳しい……実現はまだまだ先と思っていました。
 しかし、これまで乗ってきたスイフトの車検切れが近づいてきたし、消費税増税も迫ってきた。へたに先延ばしすると、かえって買い替えのチャンスを失ってしまう……。
 よし、思い切るなら今だ! と決意したわけです。
 なんと言っても本命はカムリ、トヨペット店とカローラ店、ネッツ店の3チャンネルで扱っているので、できるだけ多くの店舗をまわるつもりです。
 対抗はアテンザセダン。かっこいいセダンと言ったら、カムリの他にはこれでしょう。
 タイプは全然違いますが、アルファード/ヴェルファイアは隠れ本命とも言える存在。あの夢のような快適空間は実に魅力的。値引きが緩んでいるようなので、もしかすると、もしかします。
 なるべく支払い総額を下げるため、装備品/付属品は最低限でいきます。ただし、サンルーフだけは「ドライブを楽しむためにはどうしても欲しい!」ということで、全車に装着しました。
 なお、下取り車のスイフトはディーラーの下取り額を聞いてみた上で、買い取り専門店とも比較して検討したいと思います。
 本気で商談する前に、トヨタA店に出向き、カムリをチェック。やっぱりいいなー、この高級感。トランクも広いし……。狙いのWSではないが、Gグレードにちょっぴり試乗させてもらったが、ハンドリングは良好。試乗後、立ち話程度に値引き額を尋ねてみると「20万円ほど」とのことだった。
 別の日、トヨタB店へ。カムリWSに試乗。ステアリングの応答性はGグレードより明らかにいい。カムリ買うならWSだな、という確信を得る。帰り際、値引きを尋ねると「一応、会社から言われているのは23万円までです。ただし、ご相談いただければ……」と、上乗せがききそうな気配だ。
 続いてスバルへ。フォレスターに試乗。運転席の使い勝手はよく、視界もいい。ところが、走り出してみると……なんじゃこりゃ? 低速トルクのなさにビックリ。ハンドリングも平凡。スバル車はオタクウケすると思っていたため期待が大きすぎたのかもしれないが、良くも悪くもフツーだった。
 値引きは20万円。付属品を付けないと上乗せは厳しいとのこと。
 その後、しばらくクルマ選びから遠ざかっていたが、時間ができたのでマツダへ。アテンザと対面。広さやデザインはいいが、後席の居住性や乗降性は不満だ。
X「アテンザって、けっこう高いですけど、ざっくばらんな話、どのくらい引けます?」
セ「んー、多少なら調整はできますけど、他社さんのような大幅な値引きはできません」
 んー、実は他社を上回る大幅な値引きを期待してたんだけど……。
 次はトヨタC店へ。30代後半の体育会系セールス氏が出てきた。
X「カムリを検討していて他のトヨタでも話を聞いています。こちらではどのくらい引けますか?」
セ「お陰様でカムリは発売以来、ご好評をいただいてまして、値引きは20万円までとさせていただいてます」
X「でも、決めるとなったら、もう少しなんとかなりますか?」
セ「お約束はできないですけど、上司に相談すれば、もう5万円くらいなら出せるかと……」
 トヨタC店を後にしてトヨタD店へ。こんどは狙いをカムリからヴェルファイアに変えて商談してみることに。相手はベテランのセールス氏。雑談をしていても百戦錬磨という感じが伝わってくるが、とても優しくて好感が持てる。
 何はともあれ、試乗。走り出してすぐ、ヴェルファイアの軽快な走りにビックリ。当然、乗り心地はとてもいい。気に入った!
セ「ヴェルファイアはだいぶ勉強できるようになりましたよ」
X「サンルーフだけ付けたら、どのくらい、いけます?」
セ「ナビとかは社外品ですか?」
X「ええ、お金、ないんで」(笑)
セ「ざっと40くらいですかね」
X「??????????」
 完全に思考が停止……いきなり40万円引き……この人、マジか……。
 ヴェルファイアの逆転勝利、あるかも。平静を装いながら、
X「ほー、多少夢に近づきましたね。無理だと思っていたけど、もしかしたらなんとかなるかも……」
セ「私は値引きしますよ。売れないよりはマシですからね」(笑)
X「実はカムリにも興味あります。WSならどのくらいいけますか?」
セ「36くらいは引けますね」
X「あら? 高くて買えないと思っていたけど、頑張れば何とかなるかもです。ぜひ、力を貸してください!」(笑)
セ「実はカムリはあまり引かないんですよ。ほかのディーラーだとナビ付きでも25とかで『限界』とか言いますよね。でもね、こんな高いクルマ、25くらいで限界なわけないんですよ」(笑)
X「今日は時間がないので帰ります。次回来たときは下取りのスイフトの査定をお願いします」
 その晩、じっくり検討。その結果、やはり初志貫徹でカムリに乗りたい! となった。あとはスイフトの下取り額が決め手になる。
 トヨタD店へ。例のベテラン氏が出迎えてくれた。
X「今日は正式な見積もりをお願いしに来ました。実は、スイフトにまだ乗るつもりだったけど、セールスさんがだいぶ頑張ってくれたので、私も頑張ります。どうせなら増税前に購入したいですね」
セ「いまなら増税前に間に合うと思いますよ。もしも(登録が)遅れても消費税8%でいただいた契約なら総額は変えません。増税分は当社が負担します」
 しばらくして査定結果が出た。
セ「Xさんのスイフトの下取り額は114万円です」
 お、買い取り専門店よりも高い! 見積もりには車両本体とメーカーオプション16万2000円/付属品8万6940円から36万円引き、下取り114万円で、支払い総額は253万6350円となっていた。
セ「他と比較していただければわかると思いますが、当店は下取りもかなり高いですよ」
X「とりあえず、今日は持ち帰って検討します」
 なお、当初、ナビとドラレコは量販店で購入するつもりだったが、最新のものと下取り車のスイフトに装着している社外品を比較したら性能に差がないことがわかった。そこで、トータルコストを低く抑えるため、スイフトからカーナビとドラレコを取り外し、購入する新車に移設することにした。

強固な「カムリの壁」に大苦戦……と思いきや、マジか、この人!

 1週間後、まだ商談していなかったトヨタE店へ。私と同年代のセールス氏が応対してくれた。
セ「カムリでしたら、明日までに決めていただければ、消費税8%を保証します」
 こちらの希望を伝え、見積もりの作成を依頼する。
 提示してきた値引き条件は車両本体とメーカーオプション16万2000円/付属品8万6940円から23万円。下取り額は115万円で、支払い総額は266万2314円だった。
 値引き条件は平凡だが、下取り価格はカーナビを外すことにしたにもかかわらず、トヨタD店より1万円高くなっている。
セ「Xさん、ご提案なのですが、カムリに純正ナビ(15万2496円)を付けていただけませんか?」
X「カムリの純正ナビの性能はスイフトで使用しているものと同じかそれ以下ですよね。それに純正ナビは融通が効かないので、抵抗があるんです」
セ「なるほど、わかりました」
X「ともかく、これでは予算オーバーです。値引きの上乗せを頑張っていただきたいところです」
 正直、ダメ元なので、こちらの希望をストレートに伝えた。
セ「お待ちください」
 奥に引っ込む。数分後、上司とともに登場。上司「Xさん、お若いですが、なぜカムリに?」
X「セダンが好きなんです。2年ほど前、現行型のカムリが発売された直後にスタイルに惹かれて試乗したんですけど、走行性能にも惚れ込んでしまいました。カムリって、他のクルマに比べて明らかにいい動きするなと思いまして……かっこもいいし、よく走るし、快適だし……私にとって理想的なセダンなんですよ。ハイブリッドだから燃料代が安いので、頑張れば維持できそうだし……内容の割には価格設定も良心的なので、この2年間『いつかはカムリ!』と思って貯金してきました」上司「なるほど。Xさんの『カムリに乗りたい!』という、熱い思いはよくわかりました。こちらもお気持ちに応えさせていただきますね。支払い総額を250万円にしましょう!」
 逆算すると、値引き+下取りの合計は約153万円ということになる。下取りは115万円だったので、値引きは38万円! トヨタD店を一気に超えてしまった。上司「ただし、これは明日までの条件です」
X「う~ん……でも高い買い物なんで、すぐにはちょっとねえ……」
セ「やっぱり、そうですよね」
X「少しでも支払い総額を下げたいので、フロアマット(3万8340円)は省きます。見積もりから外してください。フロアマットは通販で安いものを購入しますよ」
セ「はい、わかりました」
X「かわりにETCとバックモニターが欲しいです。いくらで付きますか?」
セ「3万円で用意します」
X「それからTRDドアハンドルプロテクター(8208円)とドアエッジプロテクターメッキ調(1万2096円)を追加します。これで、いくらになりますか」
セ「……う~ん……」(電卓を叩く)
X「正直予算的に厳しいんです。250でもギリギリです」
セ「わかりました。では、ご希望の付属品を追加した状態で、支払い総額を250万円にします。Xさん、決めてください!」
X「もう少し待ってください」
セ「本契約は週明けでもいいので、購入の意向だけでも明日までに知らせてください。お願いします」
X「検討します」
 これにて一旦帰宅。
 う~ん……困った。もう少しじっくり交渉するつもりだったが……。
 消費税8%保証が明日までというのは単なるセールストークにも聞こえるが、条件的にはかなり良好。決めて損はないだろう。
 いよいよ決着の時が来たか……。
 ここでトヨタD店にTEL。果たして、例の優しいベテラン氏は助けてくれるだろうか。
 これまでの経緯を伝えて、
X「ほかのトヨタさんから『明日までに結論を出して欲しい』と言われています」
セ「なるほど、これからご来店いただけますか?」
X「すみません。この後、用事が入っているんです」
セ「では、上司と相談してなるべく早く折り返します」
 20時頃、回転寿司店の前で友達と入店待ちの列に並んでいたら、トヨタD店から折り返しが入る。
セ「お待たせして申し訳ありません。スイフトを購入したときに付いていたナビは持ってらっしゃるんですか?」(私のスイフトはメーカーオプションの全方位モニター付きナビ装着車だが、あまりのデキの悪さに耐えかねたため、社外ナビに交換している)
X「いやー、残念ながら持ってないですね」
セ「そうですか……残っていれば有利だったんですけれど……スイフトのオークション価格とか見ても、115万円はかなり攻めた条件を出していると思います。あらためて上司と相談し、明日の昼までにご連絡差し上げます」
X「わかりました。いい返事をお待ちしてます」

「明日まで」攻撃に怯むな! 土壇場で大技・小技を連発!

 翌日、昼を過ぎたが、トヨタD店・ベテラン氏からの連絡はない。どうやら白旗のようだ。
 13時、トヨタE店よりTEL。
セ「いかがですか?」
X「いやー、高い買い物なので、もうちょっと悩もうと思っていたんですが……もうタイムリミットですか?」
セ「急がせてしまって申し訳ありません。3日間、期限を延長しますので、それまでに意向だけでもお伝えいただけますか?」
X「新車を買うと言ってしまったら、やめた場合に損害賠償が発生しうるわけですよね。『意向』に責任は伴わないという認識でよろしいですか?」
セ「本契約をいただくまでは注文書を作りませんので、意向の段階で損害賠償は発生しません」
X「わかりました。では3日以内にお返事することを約束します」
セ「よろしくお願いします」
 よし、付属品についてもう少し精査し、最後の要求をぶつけて契約しよう。
 2日後、トヨタE店へTEL。
X「お待たせしました。基本的に購入する意向です」
セ「ありがとうございます!」
X「何点か、お願いと質問がありますので、その返答によって最終的な判断をしたいと思います」
セ「はい」
X「レーダー探知機を買って持ち込みます。サービスで取り付けてください」
セ「かしこまりました」
X「それから希望ナンバーもお願いします」
セ「はい」
X「ボディコートって、どんなのがあります?」
セ「うちで取り扱っているのは9万円ほどするものになります」
X「えー、高いなあ」
セ「ご予算はどれくらいですか」
X「5万円でやってもらえるならお願いしたいけど……」
セ「それはちょっと厳しいかなと……ともかく本契約にご来店いただく日までに確認しておきます」
X「わかりました。あと、仮にスイフトを早く引き渡したら下取り価格って上がりますか? 別に短期間ならクルマなくても生活できるんですよね。下取り価格がかなり変わるなら、前渡しも視野に入れようかと……」
セ「それも確認しておきます」
X「それから、スイフトの冬タイヤを持っていまして、スイフト乗りの友達に売ろうと思っていたんだけど、値段が付くなら出してもいいですよ」
セ「本契約の際、持ってきていただければ査定します」
X「わかりました。では、よろしくお願いします」
 3日後、トヨタE店に出向く。
 まずは持参した冬タイヤの査定をしてもらったが、
セ「申し訳ありません。東北や北海道なら冬タイヤで査定を上げられるのですが、関東では値段を付けられません。ご友人に売っていただいたほうが得かと思います。それから、下取り車を早く引き渡していただいても査定額は変わりません。納車まで乗っていただいてけっこうです」
 ふーん……だったら、思いっきり走って距離、延ばしたろう(笑)。
セ「ボディコートですが、当社の扱いのものを5万円で施工することはできません。ただし、ご希望の額でできるような業者さんを紹介することはできますが、いかがでしょう?」
X「じゃあ、納車されてからよそで頼むから、紹介はいいです」
 ここで用意してもらった試乗車で、我が家までドライブ。自宅の車庫にちゃんと収まるか、チェックしてみた。問題なし。
 行き帰りの車中ではカムリとは全然関係ないスポーツカーの話で盛り上がる。セールス氏、かなりのクルマ好きだ。正直、宿題の回答には不満だったが、その人柄には好感が持てる。できればクルマが好きなセールスさんから買いたいと思っていたので、完全に気持ちは固まった。
 店舗に戻ってから、
セ「では、注文書をお作りしてもよろしいでしょうか?」
X「最後にガソリン満タンをお願いします。これで決めます」
セ「わかりました。末永くよろしくお願いします!」
X「こちらこそ!」
 帰りに先日の上司が挨拶に出てきてお菓子のお土産をくれた。
 最終的な条件は車両本体とメーカーオプション16万2000円/付属品8万8644円から39万6114円引き、下取り115万円。これとは別にナビとドラレコの移設工賃/持ち込みレーダーの取り付け工賃/ガソリン満タンが無料サービス。もちろん消費税8%は保証。なお、冬タイヤは友人に3万円で売却し、レーダー探知機購入の原資となった(笑)。

購入データ
From埼玉県
TOYOTA カムリ
WS
トータル値引き 39.6万円

値引き採点 5
値引き合計39万6114円(値引き率10.1%)に工賃などの無料や高取りを含めると実質的な値引きは45万円を超える。一部改良(9月)前の旧型が対象といってもこれだけ取れれば大成功だ。


提供元:月刊自家用車

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました