新車値引き情報 [2019.06.26 UP]

【新車購入】読者から寄せられた値引き自慢

その1 デイズから14.4万円引き!

From三重県
NISSAN  デイズ
ハイウェイスターX プロパイロットエディション
トータル値引き 14.4万円
値引き率 7.6%

目が「てん」! まさかの値引きゼロ、
目が「ハート」! 14.4万円+令和記念


 三菱で商談。9年落ちのムーヴの下取り額は12万円。eKの値引きは3万円。上乗せを申し出るも「新型ですから」と超強気。
 日産A店へ。デイズの値引きは……まさかのゼロ。目が点に。
 経営の違う日産B店へ。車両本体値引き5万円+付属品値引き5万円を提示。初めて少し喜べた。ただし下取り額は5万円と低い。
 日産A店から入電。「下取りは16万円。値引きも頑張ります!」と君子豹変。早速、出向く。提示してきた値引き条件は車両本体と付属品から14万円。一気に浮上。
 ムーヴを買い取り店3社に見せると、最高額25万円が付いたので売却を決定。下取りなしに。
 日産B店と再び交渉。しかし値引きは「すでに限界」とのこと。
 日産A店へ。最終条件は車両本体とメーカーオプションから5万4090円引き、付属品26万7376円から9万円引き。納車費用と車庫証明費用はカット。ただし車庫証明手続きはサービスでやってくれるとのこと。最後に「令和の改元祝い」として撥水処理(1万円相当)をお願いすると、OKとなったので、気持ち良く押印。

値引き採点 5
発売直後のデイズからこれだけ取れれば文句なしの特上クラスです。値引き額だけで採点すると「4」ですが、無料サービスと諸費用のカット、それに下取りの処分も含めて「5」としました。

その2 ノアから55.1万円引き!

From愛知県
TOYOTA  ノア
G(8人)
トータル値引き 55.1万円
値引き率 15.1%

人生最後の値引き交渉!?
超ウルトラCで有終の美!


 エスティマが13年目に突入。60代半ばとなったので「これが最後のクルマ」と思って買い替えを検討する。
 狙いはノア。トヨタA店と商談すると、いきなり40万円引き。ただしエスティマの下取り額は50万円を希望するも35万円だった。
 同じくノアを扱うトヨタB店とも商談。すると、値引き+下取りは87万円。こちらはさらに10万円以上の上乗せを希望して帰宅。
 夕方、トヨタA店が来訪。しかし、初回の雰囲気からすると大幅な上乗せは難しそうだ。お断りするつもりでB店との競合を伝えると、俄然、やる気を見せてきた。最終的に車両本体とメーカーオプション22万3560円/付属品63万7794円から55万604円引き、下取り額51万5220円となったので契約。良い買い物ができた。

値引き採点 5
愛知県にはノアを取り扱うトヨタカローラ店が複数あります。この「地の利」を生かしてノア同士の競合を上手にあおっています。値引き率は超・ウルトラCクラスの目安である15%超!

その3 ステップワゴンから62.6万円引き!

From愛知県
HONDA ステップワゴン
スパーダクールスピリット ホンダセンシング(7人)
トータル値引き 62.6万円
値引き率 15.9%

ホンダ同士がデッドヒート!
驚愕の63万円引き/16%!


 ヴォクシーも検討したが、本命はステップワゴン。経営資本の異なるホンダカーズ2店を競合させる作戦を採る。
 ホンダA店はいきなり40万円引きを提示。するとホンダB店も47万円引きで応戦。セールスさんはどちらも感じのいい人で甲乙つけがたい。
 2回目の商談で、A店は50万円引きに。これを伝えるとB店は55万円引きにアップ。
 3回目でB店はついに60万円引きに。9年落ちのRAV4の下取り額は63万円。「これ以上は無理」とのこと。
 A店は最終的に車両本体から40万5714円引き、付属品75万1564円から22万円引きを提示。下取り額は66万1810円。これで契約。なお、下取り車は買い取り専門店で最高70万円(即・引き渡し)が付いたが、2か月後の納車時まで乗っていられるということで下取りにした。

値引き採点 5
ホンダ同士の争いに持ち込んで、超ウルトラC級の数字(値引き率は約16%!)をもぎ取っています。納車時の引き渡しを優先して下取り車をディーラーに出しているのも合理的です。

その4 タンクから13.1万円引き!

From埼玉県
TOYOTA タンク
カスタムG
トータル値引き 31.9万円
値引き率 13.1%

近くて熱心「顔」もいい(笑)
新規オープンは値引きで勝負!


 13年間乗ってきたトヨタbBの車検がもうすぐ切れるので買い替えることに。
 なじみのトヨタA店でルーミーの見積もりを出してもらいましたが、値引きも下取りもいまひとつです。
 近所にタンクを扱うトヨタB店の営業所がオープン。「来週のフェア期間中に決めてもらえれば、値引きも下取りも頑張ります!」とのこと。
 もういちどトヨタA店と商談してみようかとも思いましたが、普段、妻が使うクルマなので「近くが便利」です。それに私はルーミーよりタンクの顔が好みだし、営業さんの熱意にも好感が持てます。
 フェアの最終日、最終交渉を仕掛けたところ、車両本体から15万円引き、付属品53万4060円から16万8650円引き、下取り17万5090円を提示してくれたので契約しました。

値引き採点 4
オープンしたばかりの営業所は「1台でも多く売りたい!」という意識が強いため、競合していることがわかると「値引きで勝負」に出てきます。タンクからこれだけ取れれば特上クラスです。

その5 レヴォーグから57.5万円引き!

From埼玉県
SUBARU レヴォーグ
1.6GT-Sアイサイト(4WD)
トータル値引き 57.5万円
値引き率 14.2%

つぶやき作戦で店長決裁を奪取!
惜しい……もう1歩で60万円!


 レガシィTWは走行距離こそ2万4000km程度だが、8年を経過して疲労も見え隠れしてきた。買い替えるのであれば「消費税アップ前」「車検半年残し」そして「年度末の決算期」の三つの条件が揃った「今でしょ!」となった。
 狙いはレヴォーグ。一発目は車両本体と付属品から合計33万3000円引き、下取り57万2000円で、支払い総額345万円。2発目は「掛け値なし」とのことで支払い総額318万円に。そこで「310万円になれば決定かな」と呟いて帰宅。しばらくして「店長決裁が取れました!」
 最終条件は車両本体から32万4000円引き、付属品82万6696円から25万1457円引き。レガシィは76万5000円(スバル=約70万円)で買い取り専門店に売却。実質的な支払い総額は307万5000円だった。

値引き採点 4
レヴォーグは5月に一部改良を実施しています。購入したのは旧型で、しかも「軽自動車1台分」の付属品を付けていますが、それでもここまで取れれば文句なしの特上。下取り車の処分も上手でした。

その6 ハリアーから47.8万円引き!

From大阪府
TOYOTA ハリアー
エレガンスGRスポーツ
トータル値引き 47.8○○万円
値引き率 13.4%

先輩、10万円引きしか出ません(泣)
まかしとき! 狙うは50万円や(笑)


 職場の後輩(20歳)が「値引き交渉がうまくいかない」と助けを求めてきた。狙いはハリアーで「一律10万円引き」と言われたとのこと。
 同席交渉を引き受けトヨタ2店と商談。値引きは25万円にアップ。後輩は「Xさんが同席するだけでこんなに安くなるなんて……」とぼやく。
 数日後、本命の店へ。相手は私がアルファードを購入したなじみのセールスさん。
 後輩は私の指示通り値引き50万円超(支払い総額330万円)を要求するが、さすがに「絶対無理!」。ここから激しい攻防戦を展開。煮詰まったところで、後輩が「今日は契約するつもりできました!」とやる。これを聞いて担当さんの目の色が変わった。
 結局、335万円で決着。注文書には車両本体と付属品14万9148円から47万8300円引きとなっていた。

値引き採点 5
営業所を変えて上手に攻めています。なじみのセールスを最後にもってきて一発勝負を仕掛けたのが勝因でした。ちなみに職場では「クルマを買うならXさんに相談しよう!」となっているとか。

その7 ワゴンRから15.2万円引き!

From鳥取県
SUZUKI ワゴンR
ハイブリッドFXリミテッド
トータル値引き 15.2万円
値引き率 11.1%

ムーヴで揺さぶって同士討ちで落とす、
ワゴンR攻略の王道ですね!


 年度末の決算期、軽自動車を対象に交渉を開始する。
 N-BOXは納期に3か月かかると聞いて即座に脱落。タントとスペーシアは実際に乗ってみると思った以上に大きく感じ、見積もりの値段も高かったので、これまた脱落。
 狙いをワゴンRとムーヴにしぼる。ダイハツのサブディーラーと商談すると、ムーヴは諸費用・付属品込みで支払い総額130万円となった。
 これをスズキA店とB店にぶつける。B店では支払い総額130万9000円まで落とせるとのこと。A店にこれを伝えると、支払い総額130万円+ガソリン満タン、持ち込みオーディオの取り付けサービスを提示。B店と再度商談するが、白旗をあげたのでA店に決定。注文書には車両本体から8万9940円引き+付属品6万2208円が無料サービスとなっていた。

値引き採点 4
「最初はムーヴで揺さぶり、最後は経営の異なるスズキ同士の争いで決着をつける」という作戦が見事に功を奏しています。鳥取県という地域性を考えると採点は「5」とみてもいいでしょう。

その8 ムーヴキャンバスから18.0万円引き!

From新潟県
DAIHATSU  ムーヴキャンバス
X SA3
トータル値引き 18.0万円
値引き率 5.7%

夫婦の対決には負けたけど
ダイハツ同士の対決は成功!


 私はN-BOXを推していたが、妻は「ムーヴキャンバスが欲しい!」と譲らない。夫婦の対決は「N-BOXのかたちが嫌い」という子供を味方につけた妻が勝つ。
 ムーヴキャンバス一本に絞って、ダイハツの営業所2店を掛け持ち商談する。しかし、どちらも渋く、クルマ選びは暗礁に乗り上げる。
 しばらく様子を見ようと思っていたら、突然、ダイハツA営業所の営業マン氏が訪ねてくる。聞けば、競合させているB営業所に昨年まで在籍していたとのこと。ダイハツ同士の「共食い作戦」は失敗か……と思いきや、「頑張ります!」と売る気をみせてきた。
 最終的に車両本体からは3万3852円引きだったが、付属品39万8058円から14万5838円引きを提示してくれたので契約。「できる営業」だなと思いました。

値引き採点 4
同じ販売店同士の争いはへたをすると逆効果になることもあるので要注意です。このケースのように、どちらかのセールスマンが売り込みをかけてきたら一気に攻めるのが得策でしょう。

提供元:月刊自家用車

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ