日野自動車 中型トラック「日野レンジャー」を改良して新発売 安全装備を拡充

車種別・最新情報 [2021.08.02 UP]

日野自動車 中型トラック「日野レンジャー」を改良して新発売 安全装備を拡充

日野 レンジャー

日野 レンジャー

 日野自動車は8月2日、中型トラック「日野レンジャー」を改良し、安全装備を大幅に拡充して同日より発売した。
 価格は976万9100円~1187万3400円(税込)。

日野 レンジャーの中古車一覧はこちら

サイトアラウンドモニターなどの安全装備を標準装備とし一般道での事故対策を拡充


【動画】ドライバー異常時対応システム(EDSS)


 今回の改良では、サイトアラウンドモニター、ドライバー異常時対応システム(EDSS)、オートヘッドランプなどの安全装備を標準装備として追加。
 中型トラックにおいて事故の被害が大きくなりやすい高速道路走行時や一般道での事故対策を拡充し、万が一の事故防止を図る。

主な特長&希望小売価格(税込)

主な特長
■サイトアラウンドモニターシステム
 車両左右前端に設置したセンサーが、衝突のおそれがある車両を検知し、警告音とメーター表示でドライバーに注意喚起。
 大型トラック「日野プロフィア」で実用化しているサイトアラウンドモニターシステムの検知速度域を拡大して機能向上させ、右左折時の出会い頭などドライバーの安全確認をサポート。

■ドライバー異常時対応システム(EDSS)
 ドライバーモニターIIや車線逸脱警報によりドライバーの運転姿勢や車両の挙動をモニターし、体調急変などによるドライバーの異常な状態を自動検知して徐々に減速し車両を停止。
 一部車型に標準装備、その他全車にオプション設定。

■PCS(プリクラッシュセーフティシステム)
 先行車などを検知し、警報ブザーとディスプレイ表示でドライバーに危険を知らせ、衝突回避の支援を行うシステム。
 従来から標準装備しているPCSの機能を向上させ、車両や昼の歩行者だけでなく自転車運転者や夜間の歩行者も検知対象に。

■オートヘッドランプ
周囲が暗くなると自動的に点灯し、夜間の視認性を向上させる。

東京地区希望小売価格(車両総重量8t 代表車型)
車名・型式仕様エンジン・トランスミッション価格(税込)
日野レンジャー
2KG-FC2ABG
広幅
標準ルーフ・ベッドレス
リヤエアサス
株式会社トランテックス製ウイングバン完成車
A05C<A5-Ⅵ>
155kW(210PS)
DPR-II(尿素レス)
Pro Shift 6
1187万3400円
日野レンジャー
2PG-FD2ABA
広幅
標準ルーフ・ベッド付
リーフサス
平ボデー完成車
A05C<A5-Ⅴ>
177kW(240PS)
DPR+尿素SCR
6MT
976万9100円

 

日野 レンジャーの中古車一覧はこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部
この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました