閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

車種別・最新情報
掲載日:2023.01.24 / 更新日:2023.01.24

今こそ狙いたい! 2023ベストバイ×10選【アウトランダー】

ニューモデル続々でクルマ選びも要アップデート。
新登場&定番・人気モデルの“見どころ”を、一気にお見せする。

●解説:渡辺陽一郎

MITSUBISHI アウトランダー

SUV 2.4ℓプラグインハイブリッド・4WD

484万1100〜570万5700円

PROFILE
 国内ではPHEVのみをラインナップする現行モデルは、モーター駆動の即応性を活かした緻密な制御により、走行性能、運転フィール、ともに高い評価を得ている。

■主要諸元(G・7人乗り) ※オプションを含まず  ●全長×全幅×全高(㎜):4710×1860×1745 ●ホイールベース(㎜):2705 ●車両重量(㎏):2090 ●パワーユニット:2359㏄ 直列4気筒(133PS/19.9㎏・m)+モーター(フロント85kW/255N・m、リヤ100kW/195N・m) ●トランスミッション:1段固定式 ●WLTCモード総合燃費:16.2㎞/ℓ ●タイヤ:255/45R20

プラグインハイブリッドの
トップランナー!
 アウトランダーはプラグインハイブリッドのみのパワートレーン展開だ。直列4気筒2.4ℓエンジンは、高速巡航時を除くと、発電機の作動を担当する。ホイールの駆動は前後に搭載されたモーターが行う。駆動系が前後輪で独立しており、なおかつモーターは機敏に反応するから、4輪の駆動力制御を綿密に行える。4輪を独立させたブレーキ制御も行われ、アクセルペダルを踏みながらカーブを曲がる時でも、必要に応じてブレーキを作動させる。モーターの駆動力制御と相まって、操舵角に応じて正確に曲がることが可能だ。一般的に車両重量が2トンを超えるSUVは、進行方向を内側へ向けにくい。ところがアウトランダーを峠道で運転すると、とても機敏に良く曲がってスポーティな印象を受ける。
 しかもアウトランダーは内装が上質で、前後席ともに居住性も快適だ。荷室も広く、実用性が優れている。装備の割に価格を抑えた買い得グレードは、以前は最上級のPだったが、’22年10月の改良で16万5000円値上げされた。今の買い得グレードは、価格が500万円弱に収まるGの5人乗りだ。

【見どころ】機敏に良く曲がる楽しい運転感覚

 車両重量が2tを軽く超える背の高いSUVだが、モーターによる4輪の駆動力制御が綿密に行われ、機敏に良く曲がる。

【見どころ】1回の充電で85〜87㎞を走行できる

 リチウムイオン電池の総電力量は20kWhで、電気自動車のサクラと同じ数値だ。1回の充電で85㎞(Mは87㎞)を走行できる。

内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ