閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

車種別・最新情報
掲載日:2022.09.27 / 更新日:2022.09.30

【ホンダ ヴェゼル】コンパクトSUVの本命!その魅力を徹底分析!

多ジャンルの人気車をセレクトし、決め手のポイントをズバリ解説!
その車がもたらす価値に要注目だ。

●文:川島茂夫

HONDA ヴェゼル

SUV 1.5ℓ・FF/4WD 1.5ℓハイブリッド・FF/4WD

「e:HEV」で走りをアップデート

●価格:227万9200〜329万8900円
●発表年月(最新改良):’21年4月(未実施)

■主要諸元(e:HEV プレイ) ●全長×全幅×全高(㎜):4330×1790×1590 ●ホイールベース(㎜):2610 ●最低地上高(㎜):195 ●車両重量(㎏):1400 ●パワーユニット:1496㏄直列4気筒DOHC(106PS/13.0㎏・m)+モーター(131PS/25.8㎏・m) ●トランスミッション:1段固定式 ●WLTCモード総合燃費:24.8㎞/ℓ ●タイヤ:225/50R18

パワトレを刷新しつつ
実用性の高さをキープ
 フィット系プラットフォームから開発されたコンパクトSUV。先代はSUVクーペ的な外観を採用していたが、現行車ではタフネスとキャビン実用性を予感させるスタイルとなった。
 もっとも先代からキャビン実用性はセールスポイントのひとつ。スペース効率に優れたセンタータンクレイアウトやフィット同様の2ウェイ型の後席格納を採用。現行車も基本機能を継承している。
 ハイブリッド車にはシリーズ式をベースに高速巡航用エンジン直動機構を備えたシリーズ/パラレル切替式のe:HEVを採用。従来のパラレル式に対して動力性能とドライバビリティを向上させている。1・5ℓの内燃機車と比較すると1クラス上の余裕を示す。また、ドライブフィールも電動感が高まり、加速反応とコントロール性の高さも動力性能の質感ではメリットのひとつである。
 広大なグラスルーフを採用した「プレイ」が最上級の看板グレードとなるが、同グレードはFFのみの設定。最近のハイブリッド車では珍しく4WDの後輪駆動系は機械式の電子制御型を採用。オフロードが得意なタイプではないが、4WDには悪路対応モードも採用されている。

プレスラインを効かせた先代から一新、なめらかな“面”で見せるスタイリングに。グリル〜ボンネットに厚みを持たせ、押し出し感を強化。キャビン優先なのも見てとれる。
インテリアは水平基調の機能的なデザイン。インパネからドアトリムまで視覚的な連続性を持たせ、広々した印象を高めている。

【ココが決め手】多彩な積載性と電動パワーがもたらす汎用性

 ちょっと強面なフロントマスクが印象的だが、偏った個性やクルマ趣味をセールスポイントとするモデルではない。走行性能もキャビン機能もファミリー&レジャー用途向けの実践的な設計。フットワークは穏やかであり、タウンユースも山岳路もそつなくこなし、SUV初心者にも馴染みやすい。後席まで開放的な室内と用途に応じて使い分けがしやすい後席格納など、生活の場からレジャードライブまで対応した設計。突出した性能はないのだが、ファミリー&レジャーに求められる要素を高水準でバランスさせている。

後席の座面跳ね上げ機構を採用しており、横倒し不可の荷物でも積み込むことができる。
≪オススメグレード≫ e:HEV X(FF)
内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ