横浜ゴム スタッドレスタイヤ「アイスガード セブン」がグッドデザイン賞受賞

カー用品・パーツ [2021.10.22 UP]

横浜ゴム スタッドレスタイヤ「アイスガード セブン」がグッドデザイン賞受賞

横浜ゴム アイスガード セブン
横浜ゴム アイスガード セブン

 横浜ゴムは10月20日、同社の乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD 7(アイスガード・セブン)」が2021年度グッドデザイン賞を受賞したと発表した。

氷上性能と雪上性能をバランス 性能持続性も兼ね備える

 「iceGUARD 7」は「YOKOHAMAスタッドレスタイヤ」の第7世代の新商品で、「アイスガード」が一貫して追求してきた「氷に効く=氷上性能」を向上させたほか、「雪に効く=雪上性能」もレベルアップ。さらに、従来品で定評のあった「永く効く=性能持続性」も兼ね備えた。両立が難しい氷上性能と雪上性能をバランスさせるとともに、スタッドレスタイヤの課題であった性能持続性も併せ持った点が評価された。

関連記事:スタッドレスタイヤ「アイスガード セブン」横浜ゴムより新発売 専用トレッドパターン開発

 横浜ゴムは2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げている。タイヤ商品では2016年から6年連続でグッドデザイン賞を受賞しており、「ADVAN」は2商品、「GEOLANDAR」は6商品、ウィンタータイヤは今回の「iceGUARD 7」を加えて2商品が受賞するなど、高い評価を得ている。

グッドデザイン賞 審査員からのコメント

 同社の乗用車用スタッドレスタイヤiceGUARDは、路面凍結による氷対策を重要視してきたが、4年ぶりのこの新製品は、氷対策と相反する作用が必要な雪対策にも新境地を開いたものである。具体的には、接地面積が重要な氷対策を重視しながら、溝とサイプのエッジ量で雪に効かすことを達成している。また、耐久性が課題であったスタッドレスタイヤのゴムの硬化を抑え、摩耗時のサイプの太さを変えることで「永く効く」性能も兼ね備えた。

グッドデザイン賞について

 「グッドデザイン賞」は公益財団法人日本デザイン振興会が主催する総合的なデザイン評価推奨制度で、国内外の多くの企業や団体が参加。受賞作品には優れたデザイン性を象徴する「G マーク」の使用が認められる。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました