USB接続で純正ナビをAndroid化 オットキャスト

カー用品・パーツ
掲載日:2022.07.01 / 更新日:2022.07.01

USB接続で純正ナビをAndroid化 オットキャスト

「OTTOCAST Android 9.0 CarPlay Al Box U2-PLUS」
「OTTOCAST Android 9.0 CarPlay Al Box U2-PLUS」

 車載用電子パーツブランド「OTTOCAST(オットキャスト)」はこのほど、従来機種のリニューアル品として、USB接続するだけで純正ディスプレイがAndroidタブレット化する「OTTOCAST Android 9.0 CarPlay Al Box U2-PLUS」を発売した。

収納や持ち運びに便利な小型サイズを採用 microSDカードスロットも搭載

普段使用している動画ストリーミングアプリやナビアプリなどが利用可!
普段使用している動画ストリーミングアプリやナビアプリなどが利用可!

 同製品は、収納や持ち運びに便利な小型サイズを採用したAppleCarPlay対応機器。付属のUSBケーブルを接続するだけで、純正ナビやディスプレイオーディオがAndroidタブレット化。純正機能はそのままに、普段使用している動画ストリーミングアプリやナビアプリなどが利用できる。起動する際は、手持ちのWi-Fi機器でテザリングを行うだけで設定完了するため、誰でも簡単に扱える。

 また、製品本体にはmicroSDカードスロットを搭載。そのため、Wi-Fi環境のある場所であらかじめ動画や音楽をダウンロードしておけば、通信料を気にせず楽しめる。本体の容量は64GBストレージと大容量なため、microSDカードと合わせて使うことで、容量を気にせず好きなアプリをダウンロード可能とした。

 同製品は、「Qualcomm SDM450 8コア 1.8Ghz」を採用したことで、操作時の動きや反応速度が従来機種と比べて大幅に向上。画面の映像がサクサク動くため、ストレスのない快適な操作感を提供する。また、Bluetooth5.0と4.2の2モジュールとGPSを本体に内蔵。ハンズフリー通話やオーディオのストリーミング再生のほか、山間部やトンネル内でも精度の高い位置情報が取得できるため、利便性に寄与する。

 これらの機能のほか、画面表示の2分割表示も採用。ナビと動画を同時に表示可能となり、音声も両方とも再生。画面内に別画面が小さく表示されるピクチャーインピクチャーも使用可能となっており、利便性の向上を図った。

 なお、同製品は日本国内の電波法の認可(認証番号R210-156425)を受けているほか、万が一の際にも安心な1年保証を付帯している。

電波法の認可取得済み
電波法の認可取得済み

製品概要

商品名:OTTOCAST Android 9.0 CarPlay Al Box U2-PLUS
本体カラー:ブラック、ブルー
付属品:USB A to Cケーブル、USB C to Cケーブル、取扱説明書
保証期間:購入日から1年
製品ページ:https://amzn.to/3HCeTDa
商品販売ページブランドページ:https://www.amazon.co.jp/ottocast

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ