車の動画
掲載日:2020.04.23 / 更新日:2020.04.23

【ホンダ N-VAN+スタイル】JJ1、2系 ファン・ホンダセンシング

こちらはホンダのN-VAN+スタイルの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

商用車として広く利用されている軽バン。
積載能力はそのままに、
エクステリアを個性的にドレスアップしたグレードが登場しました。
今回はホンダ・N-VAN +STYLEのご紹介です。

型式:HBD-JJ1
長さ 3395mm
幅  1475mm
高さ 1945mm

Hondaスマートキーでのリモコン操作により、
離れた場所から全ドアの解錠・施錠が可能です。
また、キーを携帯した状態で、ドアハンドルの
ロックボタンを押しても、全ドアの解錠・施錠ができます。

エンジンスイッチは運転席の右側にあります。
キーを携帯した状態でブレーキペダルを踏み、
スイッチを押すとエンジンが始動。
合わせてメーター類も起動します。

ステアリングの左側には、
オーディオリモートコントロールスイッチがあります。

ステアリングの右側は、
マルチインフォメーションディスプレイの操作を行うスイッチや、
アクティブクルーズコントロールの設定を行うスイッチなどが
配置されています。

マルチインフォメーションディスプレイは
メーターの右下にあります。
ステアリングのスイッチでメインディスプレイを切り替え、
平均燃費や航続可能距離などを確認できます。
画面下のサブディスプレイは、
ステアリングの「TRIPスイッチ」や、
ディスプレイ上のノブを押して操作可能。
オドメーターやトリップメーターの表示を切り替えられます。

ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側には、ライト・方向指示器スイッチがあります。

運転席の右側には、
安全支援機能に関するスイッチが配置されています。

路外逸脱抑制機能のオン・オフを切り替えるスイッチ。
ONにすると、マルチインフォメーションディスプレイに
メッセージが表示されます。

衝突軽減ブレーキの機能を停止するスイッチ。
OFFにすると、マルチインフォメーションディスプレイに
メッセージが表示され、左側のメーターに警告灯が点きます。

急激な車両の挙動変化を抑制しようとする装置を停止するスイッチ。
OFFにすると、左側のメーターに表示灯が点灯します。

運転席の左側にはECONスイッチがあります。
ECONモードのON/OFFを切り替えた時には
マルチインフォメーションディスプレイに
メッセージが表示されます。
ONの時はメーター内に表示灯が点灯し、
省エネ運転をしやすくするように
エンジンやエアコンの作動を制御します。

大型の8インチモニターを採用したナビゲーションシステム。
タッチパネルでスムーズな操作ができます。

好みの気温に合わせて、
自動で風量や風向きを設定するオートエアコン。
設定状況はスイッチ上部のモニターで確認可能です。

セレクトレバーは、スムーズに操作できるストレート式です。

セレクトポジションをRに入れると、
ナビの画面が車両後方の映像に切り替わります。
3種類の視点切り替えやガイドライン表示で、
車庫入れや縦列駐車をサポートします。

車内のルームランプは全てLEDを採用。
リア席には二つのランプを装着しており、車内を明るく照らします。

フロントドアにはボトルホルダーが一体になった
ドアポケットが付いています。

助手席側のフロントドアは、
プルポケットの部分がコンビニフックになっています。

助手席のヘッドレストは、
取り外してドアに固定させることができます。

運転席右側にのドリンクホルダーは、
500mlサイズの紙パックを置くことも可能。
その下には、キーの収納に便利なスペースがあります。

USBジャックに繋いだケーブルを
巻き取って収納できるセパレーター。
専用の収納スペースが付いていて便利です。

助手席側のインパネには、
ドリンクホルダーとインパネトレーを設置。

グローブボックスの代わりに、広いスペースのトレーを用意。
左奥にはアクセサリーソケットとUSBジャックを装備しています。

セレクトレバーの左側には、コンビニフックがあります。
買い物袋やゴミ袋をさげるのに便利です。

運転席と助手席の間にボトルホルダーを設置。
小物入れとしても活用できます。

運転席左側に設置された着脱式のストッパー。
助手席を倒して積載スペースとした時に、
運転席側へ物が落ちるのを防ぎます。

運転席の裏側には、
ファイルなどの収納に便利なポケットが装着されています。


縦に大きく開いた開口部が特徴のラゲージルーム。
ルーム内は1mを超える高さがあり、
観葉植物など高さのある荷物も楽に積み込めます。

アクセサリーソケットがラゲージルームの左側にも
配置されています。

ラゲージルームの右側には、
ジャッキなどの工具を格納するスペースを用意。

ジャッキ収納のすぐ上には、リアシートを前倒しにする時に、
取り外したシートピローをまとめて収納できる
ホルダーが付いています。

リアシートは、シートピローを取り外すことで
背もたれをフラットに倒すことができます。
左右分割で倒せるので、乗員数に応じたアレンジも可能です。

さらに、助手席もヘッドレストを外せば、
前方へ格納することが可能。
ブリッジボードを引き出して、
助手席とリア席の間の段差を無くせば、
奥行きが約2.6mのラゲージスペースとなり、
長い荷物も無理なく積載可能です。

N-VANの特徴はシートアレンジにも表れています。
助手席を格納せず、背もたれを倒した状態でとどめれば、
テーブルとして活用できます。

助手席側のシートのみを倒すと、
2名分の座席を確保しつつ、
長い荷物を積載するスペースを作ることができます。

助手席側はピラーレス仕様。
車両の左側にも大きな開口部が生まれ、
ラゲージへのアクセスがしやすくなっています。

円形を強調したデザインが特徴的なヘッドライト。
フルLED仕様で視認性は良好です。

リアコンビネーションランプも、ヘッドライト同様にLEDを採用。
色違いのランプを並べて配置することで、
視認性を向上させています。

おしゃれなエクステリアを取り入れ、
他のクルマにはない個性を獲得。
仕事とプライベートで両立して使える
ホンダ・N-VAN +STYLEのご紹介でした。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ