車の動画 [2020.04.22 UP]

【フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン】2016年1月~ TDI ハイライン

こちらはフォルクスワーゲンのゴルフトゥーランの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

世界中で愛されているゴルフをベースとした3列シートミニバン。
ファミリーレジャーでの利便性を追求した
機能の数々が最大の魅力で、
クリーンディーゼルを採用したTDIは、
経済的な長所も兼ね備えています。
今回はフォルクスワーゲンのゴルフトゥーランをご紹介します。

型式:LDA-1TDFG
長さ 4535mm
幅  1830mm
高さ 1670mm

リモコンキーの操作で、離れた場所からでも
全ドアの解錠・施錠が行えます。
また、キーを携帯した状態であれば、
ドアハンドルを握って解錠、触れて施錠が可能です。

リモコンのテールゲート解錠ボタンを押すと、
テールゲートのみ解錠することができます。

エンジンスタート/ストップボタンは
セレクターレバーの右上に配置。
キーを携帯してボタンを押すと、エンジンが始動。
合わせてメーター類も起動します。

ステアリングの左側には、先行車との車間距離を維持しながら、
設定したスピードで走行する
アダプティブクルーズコントロールシステムの設定を行う
スイッチがあります。
システムをONにすると、メーター中央の
マルチファンクションインジケーターに表示灯がつきます。

また、各種アシストシステムの
設定画面にアクセスできるスイッチもあります。

ステアリングの右側は、
マルチファンクションインジケーターを操作するスイッチ。
音声機能に関するスイッチも配置されています。

ディスプレイを切り替え、様々な情報を確認することができます。
ナビゲーションなどの設定や、
走行データなどを一目で確認できます。

ステアリングホイールの裏側に、パドルシフトを装備。
ホイールから手を離さずに、
シフトダウンやシフトアップの操作が行えます。

ステアリングの左奥には方向指示器を配置。
その反対側には、ワイパーレバーがあります。

運転席の右側には、ダイヤル式のライトスイッチがあります。
右に回してスモールライトやヘッドライトの点灯を操作。
ダイヤル全体を引き出すことで、
車両の前後にあるフォグランプを操作できます。

9.2インチの大型全面タッチスクリーンを採用した
インフォテイメントシステム。
オーディオやナビゲーション、エアコンなど
様々な機能を一括で管理できます。
また、ジェスチャーコントロールを搭載しており、
スクリーンに触れずに操作可能です。

運転席・助手席・後席の3つのゾーンで、
それぞれ温度などを独立して設定可能。
インフォテイメントシステムでの操作も可能で、
スピーディに操作できます。

エアコンディショナーの下には、
運転をアシストする機能のボタンがあります。

ドライビングプロファイル機能ボタンは、
状況に適したドライブモードを選択できる機能のボタン。
通常のノーマルに加えて
「スポーツ」「カスタム」「エコ」の3種類があり、
ディスプレイで設定状況を確認できます。
また、インフォテイメントシステムでも設定可能で、
「カスタム」は4種類の機能を好みの設定に調整できます。

Start/StopシステムOFFボタンは、
アイドリングストップの機能を一時的にストップさせるボタン。

パークディスタンスコントロールボタンは、
車両の前後に取り付けられたセンサーによって、
障害物への接近を知らせるシステムの
作動を切り替えるボタンです。

レザーをあしらったセレクターレバー。
Dの位置から下に倒すと
スポーツプログラムへの切り替えができます。
また、Dから左に倒すとマニュアルモードになります。
シフトポジションはディスプレイ右上の表示で確認可能です。

シフトをRに入れると、
インフォテイメントシステムに車両後方の映像が表示されます。
ガイドラインも合わせて表示され、
車庫入れや縦列駐車をサポートします。

パーキングブレーキは指先の動作で操作できる電動式です。
ブレーキペダルを踏みながら押すと解除、
引き上げるとパーキングブレーキをかけることができます。

その下のオートホールドボタンをONにすると、
停車後にブレーキペダルを放した時に
パーキングブレーキが自動的に作動し、
車両の停止状態を保持することができます。

車内を明るく照らすルームランプ。
個別にリーディングランプとしても使用できます。

リヤ席用のルームランプは、
フロントでのボタン操作で点灯させることが可能です。

フロントの天井には2つのオーバーヘッドコンソールを設置。
サングラスなどの収納に便利です。

サンバイザーは、照明がセットになったバニティミラー付きで便利。
運転席はミラーの枠にチケットホルダーが付いています。


フロントドアには、
ペットボトルを収納しやすい形のポケットを用意。

運転席のメーター右側には、
カードの収納に程よいスペースがあります。

ライトスイッチの下には、蓋つきの収納を設置。

エアコンの下に設置されたトレイは、
そばにアクセサリーソケット、USBソケット、
オーディオ外部入力端子を装備。
電子機器の使用や充電の時など、便利なスペースです。

インパネにも蓋がついた収納スペースがあり、
小物の収納に使えます。

フロント用のカップホルダーは、
安定性を高めるプレートを装備しています。
その隣に、小物が入れられるスペースがあります。

アームレストはスライド式になっており、
中は箱型の収納スペースになっています。

助手席の正面に、DVD/CDプレーヤーを設置。
SDHCカード用のドライブも合わせて装備しています。

車検証などの収納に便利なグローブボックスは照明付きです。
蓋の裏側は、コインやカードを挿しておける作りになっています。

ETC車載器はこちらに装着されます。
また、ボックス内にエアコン送風口が付いており、
保冷ボックスとしても使えます。

助手席の足元にはチケットなどを挟めるネットが付いています。

座席下に、引き出し式のトレーを採用。
目立たない場所も収納で有効利用できます。

リヤドアのポケットも、フロントと同じように
ペットボトルを収納しやすい形になっています。

フロントシートの裏側には、
スマートフォンなどを入れられるポケットと、
折りたたみ式のテーブルを装備しています。
テーブルには収納式のカップホルダーも付いています。

後席用のエアコン吹き出し口には、
温度とシートヒーターの設定ができるボタンを装備。
後席にいたままで快適な温度を設定できます。

その下には、
アクセサリーソケットと引き出し式のトレイを並べて設置。

3列目用のカップホルダーは左側に用意されています。
そばのカバーを開けると、
小物入れともう1つのカップホルダーがあります。

カップホルダーの下につけられたベルトは、
3列目を荷室として使用するときに、荷物の固定用に使えます。

開口部が広く、荷物の積み下ろしがしやすいラゲージルーム。
シートアレンジをしていない状態でも、
普段の買い物には十分なスペースを確保しています。

ラゲージルームの左側にもアクセサリーソケットを完備。

ラゲージルームの右側には、収納式のフックを装備。
買い物袋などをさげられます。

3列目シートは、左右分割でシートを格納することが可能です。
肩口のレバーを引き上げるだけでフラットに格納できるので、
簡単に荷室を広げることができます。

ラゲージルームフロアパネルを開けると、
中にスライディングカバーが格納されています。
両側のカバーを外して固定部に装着すれば、
スライディングカバーの設置が完了。
スライディングカバーは2段階で広げることができます。

スライディングカバーが格納されていた箇所のボードを開けると、
工具の格納スペースになっています。

2列目シートは、3分割で倒すことが可能です。
乗員数と荷物量のバランスを見て、
細やかなシートアレンジができます。
3列目同様に簡単な操作で
フラットな荷室を広げられるのが魅力です。

助手席も横のレバーを操作するだけで、
背もたれをフラットに倒すことができます。
2列目・3列目とともに倒せばフルフラットとなり、
荷物が多い時や長い荷物がある時も、
無理なく積み込むことが可能です。

2列目シートは肩口のレバーを引くだけで、
シート全体を前方に倒すことが可能。
3列目シートへのアクセスがスムーズに行えます。

ヘッドライトには、高い視認性と省エネ性を兼ね備えたLEDを採用。
悪天候の時の視界確保に役立つフォグランプも標準装備です。

右側のリヤフォグランプは、テールランプと同じ高さに配置。
後続車からも見えやすく、注意喚起を促します。

先進技術を導入して高められた安全性と、
使い勝手の良い車内空間、
そして居住スペースとしての快適性を両立。
レジャーでの楽しみをワンランク上げる一台になりました。
以上、フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランのご紹介でした。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ