中古車購入[2016.10.06 UP]

日産ラフェスタとマーチを徹底比較してみた

日産ラフェスタとマーチを徹底比較してみた goo-net編集チーム

今回は日産の人気車種のラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスターと、
同じく日産のマーチ(MARCH)ニスモを徹底比較したいと思います。

共に日産を代表するミニバン・ワンボックスとハッチバックタイプの2車種。
果たしてどの様な所に違いがあるのでしょうか?

関連情報

比較

サイズ

まずは2車種の車体のサイズについて比較してみたいと思います。

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
全長×全幅×全高
4615×1750×1615mm

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
全長×全幅×全高
3870×1690×1500mm

両車はボディタイプの違いからサイズが大きく異なります。
ラフェスタの方が、全長745mm、全幅60mm、全高115mm大きく上回ります。

ラフェスタはエアロパーツを身にまとい、
シャープでスタイリッシュな躍動感あるデザインが特徴です。

マーチも同様に日産のモータースポーツブランドである、
ニスモのDNAが注がれたスポーツモデルで、
大型の前後スポイラーを装着し、車高も低くスポーティなデザインです。

マーチは5ナンバーサイズの車の中でも全長が4m未満のコンパクトなボディサイズです。

タイヤサイズ

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
(前)195/65R15 91H
(後)195/65R15 91H

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
(前)205/45R16 87V
(後)205/45R16 87V

マーチの方が、1インチ大径でひと回り太く、
偏平率の低いサイズのタイヤが標準装備されています。

ラフェスタは、ミニバンらしく乗り心地と経済性のバランスを考えた選択と言えます。

マーチはドライグリップ性能やコントロール性能などを重視した、
スポーティな銘柄のタイヤが装着されています。両車ともにアルミホイールが標準で装備されます。

乗車定員

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
7名

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
5名

乗車定員は、ラフェスタは3列シートの7名、マーチは5名です。

維持費(燃費)

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
JC08燃費:16.2km/リットル
排気量:1997cc
最高出力:151ps(111kW)/6000rpm
最高トルク:19.4kg・m(190N・m)/4100rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
10モード/10・15モード燃費:----km/リットル(詳細不明)
排気量:1198cc
最高出力:79ps(58kW)/6000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

両車とも駆動方式はFFです。

燃費に関しては、マーチはカタログモデルながら、
新車登録が日産のスポーツモデルの製造を受け持つオーテックへ持ち込み登録となるため、
公表されていません。

しかしながら、エンジンスペックは圧縮比を含め、
同じマーチXに搭載される1.2Lエンジンと同型なため、
燃費に関してほぼ同等の23.0km/リットル程度と思われます。

ラフェスタは、マツダからのOEMされる2.0 L直噴エンジンを搭載し、
燃焼効率が良いのが特徴です。

両車とも懐に優しいレギュラーガソリン仕様です。
自動車税は、ラフェスタが年間39,500円、マーチは年間34,500円です。

※自動車税は2016年9月時点で参照したものとなります。

室内

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
室内長×室内幅×室内高
2565×1490×1240mm

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
室内長×室内幅×室内高
1905×1370×1270mm

ラフェスタはミニバンらしく居住性を重視したパッケージデザインなので、
ホイールベースは300mm長く、室内長660mm、室内幅120mm上回っていますが、
マーチの方がスペース効率を重視したハッチバックボディのため室内高は30mm上回ります。

ラフェスタはミニバンらしく低床フロアの採用と大開口の両側リアスライドドア、
ロングスライド可能なセカンドシートをはじめ、
多彩なアレンジが可能な広々とした3列シートにより、
優れた居住性と乗降性、利便性が自慢です。

マーチは基本的に他のグレードと同寸の室内スペースを確保しており、
コンパクトハッチバックらしい居住空間を持っています。

新車価格

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
2,303,640円

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
1,603,800円

※2004年4月以降の発売車種につきましては、
車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。

乗り心地

両車はミニバンとハッチバックとボディタイプも異なり、
ボディの重心の高さや足周りなどから乗り味も異なります

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
スタイリッシュな外観同様に、少し硬めのしっかりした足周りが印象的で、
空気量の多めな偏平率の高いタイヤとのバランスにより、腰のある快適な乗り心地です。

厚みのあるジャガードシートは肌触りもよく、
長距離の移動でもゆったり疲れの少ない快適な居住性を提供します。

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
身体をしっかりとホールドする座り心地の良いスエード調の専用スポーツシートを備え、
剛性感の高い低く構えた専用の足周りとのバランスにより、
ダンピングの効いたフラットな乗り心地を提供します。
また、スポーティなタイヤとの相性から、操舵性に優れた軽快な走りが特徴です。

操作性

最小回転半径は、ラフェスタが5.3m、マーチが4.5mと、
マーチの方がより小回りがきくことがわかります。
主にボディサイズをはじめ、前輪トレッド幅、
ホイールベース長などの違いが最小回転半径に影響しているようです。

ターゲット層

両車はミニバンとハッチバックとボディタイプが異なり、
ボディサイズやボディ形状、乗り味にも大きな違いがあります。

■日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター
エアロパーツを装着し、ワイド&ローの低く構えた躍動感あるボディデザインが特徴です。

直噴型2.0L自然吸気エンジンを搭載し、
スペック以上に余裕のある力強い走りと経済性のバランスに優れたパッケージデザインです。

広々としたミニバンならではの快適性はもちろんのこと、
スタイリッシュなデザインから、若々しいアクティブなファミリーの方々へおすすめです。

■日産 マーチ(MARCH)ニスモ
マーチの持つ、小回りのきくコンパクトなボディ、運転のしやすさはそのままに、
ニスモによる前後スポイラー、専用サスペンション、専用シート、
専用足周りなどでスポーティに仕上げられた1台です。

低く設定された車高ながら、掛け心地の良いスエード調専用バケットシートと相まって、
ダンピングの効いたフラットな乗り心地を提供します。

街乗りでも十分な実用性を持ち、日常の買い物から週末のスポーティドライブまで楽しめる、
大人のコンパクトハッチバックを求める方々へおすすめです。

外観

日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター goo-net編集チーム

日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター

日産 マーチ(MARCH)ニスモ goo-net編集チーム

日産 マーチ(MARCH)ニスモ

※参考URL
日産 ラフェスタ(LAFESTA)ハイウェイスター:
http://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/LAFESTA/10104887/index.html

日産 マーチ(MARCH)ニスモ:
http://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/MARCH/10101581/index.html

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するタグから記事を探す