中古車購入[2015.12.25 UP]

憧れの高級モデルは リセールを考えたトータルバリューで選ぶ

02-01 ユニット・コンパス/Goo-net編集部

 高級スポーツカーやプレミアムモデルなど憧れのモデルに「一度は乗ってみたい」と思いつつ、「やっぱり高嶺の花」と諦めている人は多いかもしれない。しかし、中古車のお得感が高いのは、ファミリーカーより高級車なのである。

 一般的に、クルマはいちど登録すると一気に価値が下がると言われている。新車同然の「登録済未使用車」でも、新車より10〜20%は安くなる。下落率が同じなら、金額で見れば新車価格の高いクルマのほうが断然お得。たとえば下落率を20%と仮定すれば、中古車で手に入れるときは、新車で100万円のクルマは20万円安く、新車で1000万円のクルマは200万円安く買えることになる。もちろん、車種や走行距離などによって下落率は変わってくるが、お得度が高いケースが多いことはまちがいない。

 もうひとつのポイントは、モデルによっては、いったん中古市場に出たあとは、人気車種は値が下がりにくい場合があること。中古車の需要が高く、リセールが高ければ、実質的には意外と安く高級車に乗れるのである。ファミリーカーではぜったいに起こりえないことだが、フェラーリなど極一部のスーパースポーツカーでは年式が古くなっても、ある一定の価格より下がらなかったり、逆に買った値段よりも高く売れたりするケースもあるほどだ。乗り出しの高い高級モデルも、リセールまで見込んで選べば手が届かない存在ではなくなる。

 高いリセールが見込める「いまが買い時」のモデルに照準を合わせて、お得に高級車ライフを楽しもう!

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加