車のニュース[2015.08.20 UP]

軽量化ボディ、フルデジタル多機能メーター採用 【アウディ】「TT」、フルモデルチェンジ

TT01 ユニット・コンパス/Goo-net編集部

 アウディのプレミアムコンパクトスポーツモデル「TT」がフルモデルチェンジを受け、8月20日に発売された。フルデジタル多機能メーターやマトリクスLEDヘッドライトを採用。駆動方式は「TTクーペ」がFFと4WDの2種類で、「TTロードスター」と最上位グレードの「TTS」は4WDのみ。乗車定員はクーペが2+2、ロードスターは2シーター。ハンドル位置はTTSのみ左右両仕様が用意され、その他グレードは右ハンドルのみとなる。価格帯は、542万円(TTクーペ 2.0 TFSI/FF)〜768万円(TTS クーペ 2.0 TFSI クアトロ/4WD)。

 約9年ぶりのフルモデルチェンジで誕生した3代目TT。ボディサイズは全長4180×全幅1830×全高1380mmと先代より10mmずつ小さくなっている。一方、ホイールベースは40mm延伸して2505mmに。前後のオーバーハングが短くなり、よりダイナミックなプロポーションとなった。

 デザインは、アーチ型のルーフライン、丸く張り出したホイールアーチ、大型のアルミ調フューエルフィラーキャップなどTTのデザインアイデンティティは残しながら、新世代感を強調。フォーシルバーリングスのエンブレムをボンネット上に配置し、シングルフレームのヘキサゴングリルなどが特徴となっている。

 日本仕様に搭載されるパワートレインは、全車、2.0L 直4 DOHC 直噴ターボの「2.0 TFSI」エンジンと6速DCTの組み合わせ。TTクーペおよびTTロードスターのエンジンは、最高出力230ps/4500〜6200rpm、最大トルク37.7kg-m/1600〜4300rpmで、先代にくらべて出力は19ps、トルクは2kg-m向上している。TTSには、最高出力を286ps/5300〜6200rpm、最大トルクを38.8kg-m/1800〜5200rpmに高めた高性能バージョンを搭載する。

 新型TTには、アウディの先進テクノロジーも多数採用されている。通常のメーターパネルに代わって12.3インチのフルデジタル多機能メーター「アウディバーチャルコックピット」を、アウディ全モデルではじめて搭載。スピードやエンジン回転数などを表示するほか、ナビゲーションやインフォテイメントシステムのディスプレイ機能も兼ね備えている。

 全グレードにLEDヘッドライトを標準装備。ハイビーム点灯時に先行車や対向車をカメラで認識した場合、必要に応じて個別にLEDを点灯・消灯し、他車のドライバーを眩惑せずに最大限の範囲を照射できる「マトリクスLEDヘッドライト」をTTSに標準で、その他グレードにはオプションで用意した。

 ボディは、アルミを多用した従来モデルのコンセプトを踏襲しながらさまざまな素材を効率的に組み合わせたコンポジット(複合)構造で、従来モデルにくらべてより軽量で高機能になった。フロア周りに高張力スチールを、ボディ上部やアウターパネルはすべてアルミを使うことで、剛性と衝突安全性を高次元で確保しながら、最大60kgの軽量化を図っている。

TT02 ひと目見て「TT」と識別できる、カタリマリ感のある基本デザインは変わらない。

TT03 よりドライバーオリエンティッドな印象となったコクピットデザイン。シンプルさの中にも高品質感が漂う。

TT04 近未来的な12.3インチのフルデジタル多機能メーター「アウディバーチャルコックピット」は、視認性、使い勝手とも良好そうだ。

TT05 TTロードスターも同時発売となった。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント