車のニュース[2015.08.18 UP]

NA車の燃費性能を改善、ターボ車に「S-エネチャージ」搭載 【スズキ】「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」に一部改良

ワゴンR01 ユニット・コンパス/Goo-net編集部

 スズキの軽乗用車「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」が一部改良を受け、8月18日に発売された。「エネチャージ」または「S-エネチャージ」を搭載している自然吸気エンジン(NA)車の燃費を向上し、ターボ車にもS-エネチャージを搭載する。駆動方式はFFと4WDの2種類、トランスミッションは全車CVT。価格帯は、ワゴンRが114万4800円(FX/NA/エネチャージ/FF)〜152万3640円(FZ/NA/S-エネチャージ/4WD)、ワゴンRスティングレーが146万5560円(X/NA/S-エネチャージ/FF)〜173万5560円(T/ターボ/S-エネチャージ/4WD)。

 ワゴンR「FZ」とワゴンRスティングレー「X」に搭載されているS-エネチャージは、モーターアシストする時間を従来の最長6秒間から最長30秒間に、モーターアシストする速度域を従来の「15km/h〜85km/h」から「発進後〜約85km/h」に変更し、モーターアシストする時間と頻度を増加。燃焼効率を高めるなどした0.66L 直3 DOHCの「R06A型エンジン」を組み合わせることで、JC08モード燃費はFF仕様で33.0km/L、4WD仕様で30.8km/Lを達成。ワゴンRスティングレーに設定されているターボ車「T」にはモーターアシストの速度域を「発進後〜約100km/h」にさらに拡大したS-エネチャージを採用し、JC08モード燃費28.0km/Lの低燃費とした。また、エネチャージを採用するNA車のワゴンR「FX」にも改良型R06A型エンジンを搭載し、燃費をアップしている。

 エクステリアのデザインも変更が加えられた。ボディカラーに「ムーンライトバイオレットパールメタリック」を追加。スティングレーにはLEDフロントフォグランプが装備され、スティングレー Tにはさらにブルーの加飾を施したヘッドランプおよびリアコンビネーションランプと、ブルーに点灯するLEDイルミネーションが備わる。

 また、FXのレーダーブレーキサポート装着車には、14インチアルミホイールとキーレスプッシュスタートシステムをセットオプションとして設定した。

ワゴンR02 ワゴンRスティングレー

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント