車検・メンテナンス[2015.03.17 UP]

ワイパーゴムの寿命・交換時期の目安

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイパーゴムの寿命・交換時期の目安 goo-net編集チーム

雨や雪の日は視界が悪くなりますので、
ワイパーなしでの運転はとても危険です。

ワイパーにはゴムが取り付けられていて、
それが雨や雪をよけてくれるのですが、
経年や使用頻度によってゴムの劣化が進みます。

車を安全に運転するためにも、
適当な時期を見計らって、ゴムを交換する必要があります。

ワイパーゴムの交換時期の目安やタイミングについて、
見ていきましょう。

ワイパーゴムの交換の目安は一年に一回

車のワイパーゴムは消耗品ですので、
一年に一度の目安で交換するのが望ましいと言われています。

ゴムの寿命が、おおよそ一年くらいだと考えられており、
快適な視界を保ち安全に運転するためにも、
それくらいを目安に交換を検討します。

日よけや雨よけのない場所に、車を常に置いている方や、
雨や雪の中での走行が多い方は、
ワイパーのゴムの劣化が、通常よりも早く進むと考えられます。

一年という目安にとらわれることなく、
早めに交換を検討したほうが良いでしょう。

ワイパーのゴムを購入すれば、低費用で自分で交換することが可能です。

ゴムの価格は、メーカーやサイズによって異なります。
交換を業者へ依頼する場合も、業者によって費用が変わってきますので、
見積もりなどをとって、きちんと確認するようにしましょう。

ワイパーゴムの交換が必要な症状

一年くらいを目安にワイパーゴムの交換が必要だと述べましたが、
万が一、以下のような症状が出てきてしまった場合は、
ゴムの寿命に関係なく、
早めにワイパーのゴムを交換することをおすすめします。

もしもワイパーを使っているときに、
拭き取りが悪くなったと感じた場合は、
交換する時期だと考えらえます。

ワイパーの主な役割は、良好な視界を保つためですから、
その機能が衰えてしまっていると、運転時の危険性が高くなります。

ワイパーを使っているときに異音がする場合も、
ゴムの機能が低下していると判断できます。

ワイパーを使っていて「キーキー」「ゴシゴシ」といった、
いつもとは異なる音がするときは、
機能低下の状態だと考えられますので、ゴムを交換しましょう。

ワイパーの機能を維持するためにも、
普段からワイパーの音や動作状態に、
注意をしておくことをおすすめします。

定期的にワイパーの点検をしよう

ワイパーの機能は自分で点検することでもチェックできます。

雨や雪の日にワイパーが適切に使えないのはとても困りますので、
普段からワイパーの機能を定期的に点検しておくことで、
ワイパーの不調をすぐに発見できるのです。

晴れの日でも、ウインドウォッシャー液を出し、
ワイパーを使用することで、ワイパーの状態を点検できます。

ワイパーの動きがスムーズかどうか、
異音がしないかどうかを確かめましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント