車のニュース[2015.03.12 UP]

スズキ、「アルト」のターボモデルが登場! 5速AGSも搭載

アルト 軽自動車「アルト」のターボ搭載モデル「アルト ターボRS」を発売

スズキは3月11日、軽自動車「アルト」のターボ搭載モデル「アルト ターボRS」を発売した。トランスミッションは5速AGSを搭載している。

アルト JC08モード燃費は、2WDモデルで25.6km/l、4WDモデルは24.6km/lを記録する

アルト ターボRSは、2014年12月に発売した新型「アルト」をベースに、0.66リッター直3 DOHCターボを搭載したスポーティバージョン。「R06A」のターボエンジンは従来からあるが、今回は改良を施して低速域からのトルクや力強い加速感を実現している。従来の「R06A」ターボと比較すると、最高出力は同じだが、最大トルクが95Nmから98Nmへとパワーアップ。アイドリングストップシステムを搭載し、JC08モード燃費は、2WDモデルで25.6km/l、4WDモデルは24.6km/lを記録する。

アルト 低速域からのトルクや力強い加速感を実現している

アルト 0.66リッター直3 DOHCターボを搭載したスポーティバージョン

アルト バンパーはレッドのアクセントが与えられている。フォグランプも標準装備。

トランスミッションは5速AGS(オートギヤシフト)のみ。専用の変速チューニングが行われたほか、スポーツドライビングを楽しめる5速マニュアルモード付パドルシフトを備えている。ショックアブソーバーの減衰力特性も変更し、しなやかでフラットな乗り心地と操縦安定性を両立させている。また、13インチベンチレーテッドディスクブレーキも装備する。

メーカー希望小売価格は、129万3840円(税込)〜140万5080円(税込)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント